京急逗子線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
Keikyu logo small.svg 逗子線
シンボルマーク
逗子線を走行する列車。片側は三線軌条区間 (2020年3月 六浦駅)
逗子線を走行する列車。片側は三線軌条区間
(2020年3月 六浦駅)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 神奈川県横浜市金沢区逗子市
起点 金沢八景駅
終点 逗子・葉山駅
駅数 4駅
路線記号 KK
開業 1930年4月1日
所有者 京浜急行電鉄
運営者 京浜急行電鉄
使用車両 京浜急行電鉄#車両
及び運行形態を参照
路線諸元
路線距離 5.9 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V
架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞式
保安装置 C-ATS
最高速度 100 km/h[1]
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
HST
KK01 品川駅
KBSTa LSTR
総合車両製作所三線軌条
STRl ABZg+r
金沢シーサイドライン
BHF uKBHFaq
0.0 KK50 金沢八景駅
ABZgl
Number prefix Keikyū.svg 本線
hKRZWae
侍従川
BHF
1.3 KK51 六浦駅
SKRZ-Au
横浜横須賀道路
TUNNEL1
TUNNEL1
STR
三線軌条
STR+l ABZgr
総合車両製作所の回送線(米軍池子線)
STR STR
↓狭軌標準軌並列
STR BHF
4.1 KK52 神武寺駅
TUNNEL1 STR
ABZg+l KRZo
JR東:横須賀線
STR eBHF
京浜逗子駅 -1985
STR KBHFxe
5.9 KK53 逗子・葉山駅 1985-
HST exSTR
逗子駅
STR exKBHFe
逗子海岸駅 -1985

逗子線(ずしせん)は、神奈川県横浜市金沢区にある金沢八景駅と神奈川県逗子市にある逗子・葉山駅を結ぶ、京浜急行電鉄(京急)の鉄道路線である。英語表記は、Keikyū Zushi Line駅ナンバリングで使われる路線記号はKK

路線データ[編集]

  • 路線距離:5.9km
  • 軌間:1435mm(金沢八景駅 - 神武寺駅間の上り線は、総合車両製作所横浜事業所(旧・東急車輛製造横浜製作所)からJR逗子駅までの回送線を併設しているため、1435mmと1067mmの三線軌条区間となっている)
  • 駅数:4駅(起終点駅を含む)
  • 複線区間:全線(ただし、逗子・葉山駅構内は単線)
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 保安装置:C-ATS
  • 列車無線誘導無線方式(IR)、デジタル空間波無線方式(デジタルSR)(併用)
  • 最高速度:100km/h[1]

運行形態[編集]

現行の列車種別[編集]

特急[編集]

逗子線内は各駅に停車する。2020年3月14日改正のダイヤでは、平日のみ上下各6本が設定されている。

京急線内系統
  • 金沢文庫発逗子・葉山行き
    • 平日朝に5本設定されている。
  • 逗子・葉山発着 - 羽田空港発着
    • 平日朝に上り4本、平日夜に下り1本が設定されている。
都営浅草線直通系統
  • 逗子・葉山発 - 浅草線押上、京成線青砥着

なお、現行の特急は1999年7月31日のダイヤ改正で設定された[2]ものだが、過去にも1974年(夏期のみ1976年まで設定)まで特急が設定されていたことがあり、こちらは六浦駅神武寺駅は通過していた。

エアポート急行[編集]

空港線羽田空港方面に直通する種別で、逗子線内は各駅に停車する。2012年10月21日のダイヤ改正より、日中以降の逗子線の列車はほとんどがエアポート急行になった。日中以降10分毎に運転され、羽田空港第1・第2ターミナル駅 - 逗子・葉山駅間での運転が基本だが、京急川崎発、神奈川新町発、金沢文庫発着の列車も設定されている。

普通[編集]

2012年10月21日のダイヤ改正で日中以降の大半がエアポート急行に置き換えられたため、普通は少数である。早朝深夜を中心に金沢文庫駅金沢八景駅 - 逗子・葉山駅で運行され、品川、羽田空港(着のみ)京急川崎、神奈川新町発着の列車も少数設定されている。

過去の列車種別[編集]

快特[編集]

正式名称が「快速特急」から「快特」となった1999年より、金沢文庫で品川方面発着の快特と増解結する多層建て列車として登場した。逗子線内 - 金沢文庫間は普通で運行され、金沢文庫で種別変更された。品川または羽田空港発着。羽田空港発着の列車のみ京急川崎で快特と増解結し、京急川崎 - 羽田空港間は特急として運転された。

急行[編集]

主に、京急川崎 - 新逗子(現:逗子・葉山)間で運行されていた種別。主に京急本線内の神奈川県内での速達種別であったが、1999年7月31日のダイヤ改正で廃止。朝ラッシュ時には青砥高砂行きおよび北総線直通の急行(土休日は品川行き)が運転され、日中は新逗子 - 金沢文庫の区間列車と本線直通急行の交互運転、夕ラッシュ時は本線直通急行が10分毎で運転されていた。廃止時点で都営車の他、北総開発鉄道(現:北総鉄道)車や住宅・都市整備公団車(現在は千葉ニュータウン鉄道所有)も乗り入れていた。逗子線内は各駅に停車していた。

2010年にエアポート急行の運転が開始されたことで実質的に復活したとも言えるが、京急本線内の停車駅は異なっている。

臨時列車[編集]

「パシフィック」・「逗子」[編集]

1970年7月 - 1973年8月まで海水浴ダイヤ時に京成電鉄との乗り入れ臨時列車「パシフィック号」・「逗子号」が逗子海岸 - 京成成田駅間で運転されていた。毎年7月と8月に京急と京成の車両を3本ずつ使用して3往復ずつ運転されていた。ただし、1970年当時はパシフィック号は北行は逗子海岸発は片道1本のみであり、残りは京急久里浜駅発と浦賀駅発が片道1本ずつである。また「逗子号」も最初の1本が京成津田沼駅発であった。

この間合い運用で京成の車両(赤電)が品川 - 逗子海岸間の海水浴特急ではない臨時特急で1編成当たり3往復程度運用されていた。

当時の停車駅は京急・京成線は当時の特急停車駅と同一、都営線内は各駅であった[3]

ハイキング特急[編集]

1952年3月から1965年にかけて、休日にハイキング客輸送向けとして、「油壺」「鷹取」等の列車名で主に逗子海岸 - 品川で運転されていた。ただし、「油壺」は往路のみ逗子海岸行き、逗子から三浦半島周遊 - 復路は浦賀(後に久里浜)発だった。

使用車両[編集]

歴史[編集]

  • 1930年昭和5年)4月1日 - 湘南電気鉄道の1路線として、金沢八景駅 - 湘南逗子駅間が標準軌(1435 mm)にて開業。
  • 1931年(昭和6年)4月1日 - 金沢八景駅 - 湘南逗子駅間に神武寺駅開業。路線を0.4 km延長し湘南逗子駅葉山口乗降場開設。従来の湘南逗子駅は湘南逗子駅沼間口乗降場と改称。
  • 1941年(昭和16年)11月1日 - 京浜電気鉄道に統合され、同社の路線となる。
  • 1942年(昭和17年)
    • 5月1日 - 京浜電気鉄道が東京急行電鉄に合併(大東急)。東急の路線(東急湘南線の一部)となる。
    • 9月1日 - 湘南逗子駅葉山口乗降場を閉鎖。路線は湘南逗子駅沼間口乗降場まで短縮し、沼間口を湘南逗子駅に改称。
  • 1943年(昭和18年)
    • 2月15日 - 海軍関係者専用駅として六浦荘仮駅が金沢八景駅 - 神武寺駅間に開業。
    • 10月15日 - 金沢八景駅 - 湘南逗子駅間が単線化。
  • 1944年(昭和19年)9月1日 - 神武寺駅を現在地に移転。
  • 1948年(昭和23年)
    • 6月1日 - 東京急行電鉄から京浜急行電鉄が分離発足。
    • 7月3日 - 逗子海岸駅として湘南逗子駅葉山口を復活。
    • 8月16日 - 金沢八景駅 - 神武寺駅間が再複線化。
    • 9月6日 - 横浜駅 - 逗子海岸駅間の直通運転を開始。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月1日 - 六浦荘仮駅を六浦駅として現在地に移転開業。
    • 7月10日 - 品川駅 - 逗子海岸駅間の直通運転を開始。
  • 1950年(昭和25年)7月1日 - 品川駅 - 逗子海岸駅間直通の急行の運転を開始。
  • 1952年(昭和27年)
    • 6月24日 - 神武寺駅 - 湘南逗子駅間が再複線化。
    • 7月6日 - 品川駅 - 逗子海岸駅間直通の特急の運転を開始。
  • 1958年(昭和33年)6月 - 湘南逗子駅 - 逗子海岸駅間を複線化。
  • 1963年(昭和38年)11月1日 - 湘南逗子駅を京浜逗子駅に改称。
  • 1969年(昭和44年)12月9日 - 1号型ATSを設置。
  • 1974年(昭和49年)
    • 2月10日 - 誘導式列車無線の使用開始。
    • 6月30日 - 品川駅 - 逗子海岸駅間の特急を廃止。
  • 1976年(昭和51年)6月10日 - 平日朝ラッシュ時に、逗子海岸駅発都営地下鉄浅草線直通急行(3本)を新設。
  • 1985年(昭和60年)3月2日 - 京浜逗子駅と逗子海岸駅を統合し、中間地点に新逗子駅を開設。現在の5.9kmの路線となる。
  • 1988年(昭和63年)8月1日 - 神武寺駅 - 新逗子駅間に逗子フライホイールポスト(フライホイール・バッテリー)を設置して、回生電力の貯蔵と再放出を開始[4][5]
  • 1995年平成7年)6月20日 - 全列車の終日前照灯点灯運転を開始。室内灯も常点灯となる。
  • 1999年(平成11年)7月31日 - ダイヤ改正により当線を含む京急蒲田以南の急行を廃止、北総車の乗り入れが消滅。同時に特急の運転(平日朝3往復のみ)を開始[2]
  • 2009年(平成21年)2月14日 - 保安装置をC-ATSに更新。
  • 2010年(平成22年)
  • 2015年(平成27年)7月7日 - デジタル空間波列車無線(デジタルSR無線)の使用を開始[6]
  • 2020年令和2年)3月14日 - 新逗子駅を逗子・葉山駅に改称[7]

駅一覧[編集]

全列車が全駅に停車するため停車駅は省略。全駅神奈川県内に所在。2010年10月21日より六浦 - 神武寺間2.8kmが京急線における最長駅間距離となっている。

駅番号
[8]
駅名 駅間
営業キロ
累計
営業キロ
接続路線 所在地
金沢八景
から
品川
から
KK50 金沢八景駅 - 0.0 40.9 京浜急行電鉄KK 本線品川方面直通運転)
横浜シーサイドライン金沢シーサイドライン (14)
横浜市
金沢区
KK51 六浦駅 1.3 1.3 42.2
KK52 神武寺駅 2.8 4.1 45.0 逗子市
KK53 逗子・葉山駅
【旧駅名 新逗子】
1.8 5.9 46.8 東日本旅客鉄道JO 横須賀線JS 湘南新宿ライン逗子駅:JO 06・JS 06)

その他[編集]

川崎重工業で製造された車輌の甲種輸送(逗子駅構内 - 神武寺駅間)

本線の金沢八景駅 - 金沢文庫駅間に隣接する総合車両製作所横浜事業所(旧・東急車輛製造横浜製作所)から甲種輸送される車両は逗子線の三線軌条を経由してJR横須賀線逗子駅へ送り込まれる。また川崎車両で製造された京急の車両や、日本車輌製造で製造された京急の相互直通運転先である京成電鉄北総鉄道の車両、同事業所で改造工事を行う車両が、JR横須賀線の逗子駅構内から逗子線の三線軌条を経由して横浜事業所へ送り込まれる。そのため、本来の台車ではないうえ自走ではないものの川崎車両で製造された京急の車両が最初に走る京急の線路は逗子線となる。

総合車両製作所横浜事業所 - 神武寺駅間での車両輸送は終電後に線路閉鎖の手続きを行った後に行われる。しかし東急車輛製造時代の1970年代後半には、旧型国電が解体のために白昼に自力回送を行ったことがある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 寺田裕一『改訂新版 データブック日本の私鉄』 - ネコ・パブリッシング
  2. ^ a b 「京急ダイヤ全面改正」『鉄道ピクトリアル』第49巻第11号、電気車研究会、1998年11月、 30-35頁。
  3. ^ 鉄道ピクトリアル 1997年1月臨時増刊号「京成電鉄」
  4. ^ 京急グループ会社要覧 2013-2014 (PDF) p.105、2014年1月11日アクセス
  5. ^ 京急環境活動レポート「エコレポ 2012」 (PDF) p.8、2014年1月11日アクセス
  6. ^ 鉄道ピクトリアル』2017年8月号 (No.935) p238 - p239、電気車研究会
  7. ^ 京急線6駅の駅名を2020年3月14日(土)に変更します (PDF)”. 京浜急行電鉄株式会社 (2019年12月16日). 2019年12月16日閲覧。
  8. ^ 駅番号は2010年10月21日から導入。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]