京浜電気鉄道大森支線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大森支線(おおもりしせん)は、京浜急行電鉄(京急)の前身である京浜電気鉄道が保有していた大森停車場前から大森海岸までの軌道線である。

概要[編集]

元々は、現在の京急大師線の前身である大師電気鉄道が、京浜間を結ぶ路線を敷設することを目指して京浜電気鉄道と社名を改称し、東京方面への延伸を行った際に、暫定的に東海道本線大森駅との接続を図るべく開業させた路線である。

その後、品川駅までの延伸とともに大森停車場前 - 大森海岸駅間は支線となった。単行電車が終日折り返し運転を行ったほか、停留場の概念というものが存在しなかったため、当初はどこでも乗降を行ったとされる。

昭和期に入り、東京市の道路改良事業計画でこの大森支線を廃止して、その跡地を活用して道路の拡幅を行おうということが決まり、廃線となった。

なお、大森停車場前停留場は、箕面有馬電気軌道時代の箕面駅などと同様、方向転換の際のポール付け替えの手間を省くため、ラケット形状のループ線になっていた。

当時の遺構は何も残っていないが、路面に敷設した軌道線の廃線跡がそのまま道路となったため、大森駅前のループ線(現在の大森駅東口ビル付近)や大森海岸駅の本線への接続部が、現在の道路形状として残っている。また、NTT大森バス停付近の交差点には、「チンチン電車の敷石」というモニュメントとして当時の線路敷石と大森支線に関する説明板が設置され、ルート上の歩道には当時の車両のレリーフが埋め込まれており、大森支線があったことを今に伝えている。

路線データ[編集]

  • 路線距離:大森停車場前 - 大森海岸間0.7km
  • 軌間:1435mm→1372mm→1435mm
  • 停留場数:2
  • 複線区間:
  • 電化区間:全線(直流600V)

沿革[編集]

  • 1901年(明治34年)2月1日 大森停車場前 - 八幡(今の大森海岸)間開業。大森停車場へは川崎方面側から線路が続いていた。
  • 1904年(明治37年)
    • 3月1日 軌間を1435mmから1372mmに改軌。
    • 5月8日 品川(今の北品川駅)延伸で支線化。八幡において大森停車場へは品川方面からの分岐となる。
  • 1905年(明治38年)頃 八幡を海岸に改称。
  • 1933年(昭和8年)
    • 4月1日 軌間を1435mmに再改軌。
    • 7月1日 海岸を大森海岸に改称。
  • 1937年(昭和12年)3月8日 大森停車場前 - 大森海岸間廃止。

停留場一覧[編集]

大森停車場 - 大森海岸

  • 名称は大森支線廃止時点のもの。

接続路線[編集]

名称は大森支線廃止時点のもの。

外部リンク[編集]