児島善三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

児島 善三郎(こじま ぜんざぶろう、1893年2月13日 - 1962年3月22日)は、日本の洋画家である。

経歴[編集]

紙問屋児島本家の第9代当主・児島善一郎、トヨの長男として、福岡市中島(現・博多区中洲中島町)に生まれる。幼名は義太郎。

1907年、福岡県立中学修猷館に入学。3年のとき、中村研一らと絵画同好会「パレット会」を創立し、油彩画を描いたり洋雑誌を購入するなどして西洋絵画を勉強する。

1912年、修猷館を卒業し、長崎医学専門学校薬学科(現・長崎大学薬学部)に入学するも同年中退し、1913年、画家を志して上京。1914年、岡田三郎助が指導する本郷洋画研究所に2ヶ月程学ぶが、東京美術学校の受験に失敗し、以後師につかず独学で学ぶ。1915年、帰郷したおりに結核に罹患。暫く郷里で療養生活を送るが、1920年には回復して再び上京する。この時期に福岡で結核療養中だった倉田百三と知遇になる。

板橋に居を構え制作を開始し、1921年、第8回二科展に『早春の下板橋付近』を出品し初入選。翌1922年の第9回二科展では、『裸女』、『代々木風景』が二科賞を受賞。同年、代々木初台にアトリエを竣工する。1923年、萬鉄五郎を中心とする円鳥会の結成に林武らと共に参加し、その第1回展に『若き女の首』など出品する。

1924年から1928年にかけてフランスに留学し、パリのシテ・ファルギエールにアトリエを借りる。西洋の古典絵画に親しみ、アンドレ・ドランフォービズムによる量感あふれる裸婦の表現などから多くを学ぶ。滞仏中も二科展へ出品を続け、帰国後の1928年の第15回二科展に、古典的な趣のある『立てるソニヤ』等渡欧作22点を特別陳列する。同年、二科会会友となる。

1929年、1930年協会に参加し、1930年、二科会会員に推挙されるが、同年退会し、里見勝蔵高畠達四郎三岸好太郎林武福沢一郎らと独立美術協会を創立、日本独自の油彩画を確立することに意欲を燃やす。1931年、その第1回展に『独立美術首途(第二の誕生)』などを出品。そして、善三郎らが提唱する「日本的洋画」の主張(日本的風土に則したフランス・フォーヴィスムの受容)は広く画壇に波及するところとなる。

1936年、代々木から国分寺に転居し、ここで『箱根』、『東風』、『春遠からじ』などの作品を制作。1940年、紀元二千六百年奉祝美術展に『松桜図』を出品。1943年、第6回新文展審査員を務め、『上げ汐』を出品する。

戦後は、1946年、読売新聞社主催の新興日本美術展の審査員を務め、1950年、読売新聞社主催現代美術自選代表作十五人展に出品。1951年、第19回独立展で『アルプスへの道』を発表。荻窪にアトリエを移し、『犬吠岬』、『ミモザの花その他』、『バラ』などの作品を制作する。独自のフォーヴィズムから、日本の伝統的なフォルムと装飾的な表現の導入、写実への再確認などの展開を示しながら、「日本人の油絵」の創造を目指した。1953年、青年期に罹った結核が再発し、療養と制作の日々を送る。

1958年、週刊朝日有馬稲子モデルにした表紙画を描く。1959年、銀座・松屋で開催された朝日新聞社主宰の児島善三郎自選展に、初期作品から近作まで絵画、彫刻百二点を出品する。

1961年2月、千葉市額田病院に入院。1962年3月22日、肝臓癌にて逝去。享年69。

代表的な作品[編集]

画集など[編集]

  • 「児島善三郎画集」 美術工芸会 1932
  • 「児島善三郎画集」 建設社 1932(新芸術家叢書 第7)
  • 「児島善三郎画集 1938年作品」 美術工芸会 1938
  • 「児島善三郎画集 1939年作品」 美術工芸会 1940
  • 「児島善三郎画集」 美術工芸会 1941
  • 「児島善三郎画集」 美術工芸会 1942
  • 「児島善三郎」 美術出版社 1954(日本現代画家選 第15)
  • 「児島善三郎」 今泉篤男解説 美術出版社 1962
  • 「児島善三郎」 美術出版社 1964
  • 「児島善三郎作品集」 美術出版社 1972
  • 「現代日本の美術 10 児島善三郎・中川一政」 座右宝刊行会編 集英社 1975
  • 「児島善三郎展」 生誕100年記念児島善三郎実行委員会 1993
  • 「児島善三郎の手紙 1940~1951 大久保泰宛書簡」 匠秀夫形文社 1993
  • 「田園の輝き 児島善三郎」 児島善三郎展実行委員会 2007