絵画モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
絵画モデル

絵画モデル(かいが - )はクロッキーやデッサン、水彩画や油絵製作において、ヌードあるいは着衣でモデルをする者の総称である(彫刻を除く)。

概要[編集]

写真モデルとは異なり、特徴的なことは一定時間静止していなければいけないことである。

絵画モデルの仕事の多くは裸婦モデル(ヌードモデル)である。が、民族衣装や、バレリーナの衣装・フラメンコの衣装等の舞踊衣装や、職業制服等や、ウエディングドレス・パーティードレス等や、その他の特殊な衣装や平服(カジュアルな服)などの、依頼主の要望に沿った衣装を着用した着衣モデル(コスチュームモデル)も存在する。なお着衣の場合は、民族衣装バレエダンス着などは自前の物を着用することも多い。

彫刻のモデルも含めて美術モデルともいう。プロの美術モデルの場合には、ヌードの仕事のみを専門にしているモデルや、着衣の仕事のみを専門にしているモデルもいる。

近年日本における、モデルの基本的な業務時間は、一般的には、1単位=(20分ポーズ+10分休憩)×6回だが、依頼主やアトリエ・モデルの環境によって約3時間の範囲内で前後する。報酬は、勤務地や勤務内容(ヌードか着衣か・着衣の場合はどんな衣装を着用か)などによっても異なってくるが、一般的な相場は、アマチュアのモデルの場合は、謝礼程度の報酬や交通費である。美術モデルを斡旋する事務所等に所属しているプロのモデルの場合は、各々の事務所規定による。

絵画モデルは、「芸術的創作活動に協力するモデル」で、商業主義の芸能関係・ファッション関係のモデルとは、全く異なる職業であることを理解しておきたい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  • 『美術モデルのころ』著者:長島はちまき(basilico)
  • 『ある美術モデルの肖像』著者:小林範子(大陸書房)
  • Lipton, Eunice (1992). Alias Olympia: A Woman's Search for Manet's Notorious Model and Her Own Desires. Cornell University Press. ISBN 978-0-8014-8609-8.