小茂田青樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おもだ せいじゅ
小茂田 青樹
生年月日 1891年10月30日
没年月日 (1933-08-28) 1933年8月28日(41歳没)
本名 小茂田 茂吉
出生地 埼玉県入間郡川越町
(現川越市
国籍 日本の旗 日本
職業 日本画家
活動期間 1913年 - 1933年

小茂田 青樹(おもだ せいじゅ、1891年明治24年)10月30日 - 1933年昭和8年)8月28日)は、大正から昭和初期の日本画家。詩情の画家。

略歴[編集]

『朝露』1932年(足立美術館

埼玉県入間郡川越町(現川越市)に、呉服商・小島徳右衛門の次男として生まれる。本名は小島茂吉。通称は茂。1896年(明治29年)、叔父の養子となり小茂田姓になる。

17歳で上京。当時は川越町と東京市を結ぶ鉄路がなく、寄宿したのが松本楓湖の隣家であった。その縁もあって楓湖の「安雅堂画塾」に入門。なお、同日に、終生ライバル関係となる速水御舟も入門(御舟が午前、青樹が午後だった)。1913年大正2年)、第13回巽画会展に出品、原富太郎に買い上げられ、以降、支援を受ける。翌年、今村紫紅が主宰する赤曜会に参加し、青樹と号する。

1915年(大正4年)の再興院展に「小泉夜雨」が初入選。その後、肺結核となり川越の実家で静養する。1918年(大正7年)、第5回再興院展で「菜園」が入選。1921年(大正10年)、第8回再興院展に洋画的な手法と細密表現の際立つ「出雲江角港」を出品し、横山大観らに推挙され日本美術院の同人となる。1929年昭和4年)、杉立社を組織、また帝国美術学校(現武蔵野美術大学)教授に就任。1931年(昭和6年)、日本画が本来もつ装飾性に眼を向けた「虫魚画巻」を第18回院展で発表。

1933年(昭和8年)、咽頭結核が悪化し神奈川県逗子市で夭折。41歳没。墓所は川越市の広済寺にある。

代表作[編集]

「夜露」(「虫魚画巻」の一枚)