伊豆の国パノラマパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
葛城山

伊豆の国パノラマパーク(いずのくにパノラマパーク)は、静岡県伊豆の国市にある標高452mの葛城山の山頂と北麓を利用した観光施設である。

概要[編集]

富士見テラスからの眺望

伊豆の国パノラマパークは、片道1,791m、最大高低差411m[1]ロープウェイが主たる施設で、伊豆長岡温泉地区と、葛城山の山頂までを結ぶものである。山頂では富士山駿河湾の望めるパノラマや、四季に応じた植物、特に春のツツジや、6月のアジサイが見物である。なお「360度の大パノラマ」と謳ってはいるが、東や南西方向の眺望はあまり開けていない。

かつては伊豆長岡エイトランドという名称であり、エイトボウルというボウリング場[2]も併設されていた。後に名称をかつらぎ山パノラマパークと改称し、現在では伊豆の国パノラマパークとなり、ロープウェイの名称も「葛城山ロープウェイ」から「伊豆の国パノラマパークロープウェイ」に変更された[3]

このロープウェイは、旅館経営者で、観光協会長であった杉山勝美[4]が主導して生まれたものである[5]。昭和30年代の初め、伊豆長岡温泉の目玉施設としてロープウェイを計画[5]。当初は夢のような計画で相手にされなかったが、旅館のだんな衆に訴え、町を説得[5]。1960年(昭和35年)に開発会社を発足し、有志が株を持ち合い5千万を集めた[5]。1962年(昭和37年)5月には開業し、「東洋一のゴンドラ」と話題を呼んだ[5]。当時のゴンドラは10人乗りで、1台ごとにガイドが付き、片道15分掛かるものであった[5]。開業後数年で4億円を越える負債を抱えてしまい、ロープウェイメーカーである日本ケーブルグループの観光施設運営会社NCリゾートマネージメント株式会社が引き継いだ[5]

1992年(平成4年)  老朽化した施設を一新[5]

2016年(平成28年) 山頂に富士見テラス新設

2017年(平成29年) 富士見テラスにプレミアムラウンジ新設

2018年(平成30年) 葛城珈琲店オープン


2019年6月1日より山頂にある「葛城神社」では、毎月1日と15日の月次祭に、源頼朝にちなんだ勝守りを1日200個限定で頒布する予定



施設[編集]

山麓駅(地図) - 山頂駅(地図
ロープウェイ(往復運賃:大人1800円、子供900円)

山麓駅側[編集]

山麓正面入り口
  • バイキングレストラン「パノラマダイニング」
  • パノラマカフェ
  • 売店
    など

山頂駅側[編集]

  • 空中公園
    • 富士見テラス
    • 富士見の足湯
    • プレミアムラウンジ
    • かつらぎ茶寮
    • 葛城珈琲店
    • ボードウォーク
    • 恋人の鐘
    • 葛城神社
    • 百体地蔵
    • アスレチック
      など


グループ施設[編集]

交通[編集]

鉄道・バス[編集]

自動車[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典 : 公式サイトより
  2. ^ 2008年5月31日をもって閉館
  3. ^ 2010年7月12日に変更
  4. ^ 昭和43年秋没
  5. ^ a b c d e f g h 出典 : 「新狩野川紀行」静岡新聞社 1996年 68頁-70頁より

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度01分35秒 東経138度55分41秒 / 北緯35.026271度 東経138.928127度 / 35.026271; 138.928127