三日月村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三日月村(みかづきむら)は、群馬県太田市にある、江戸時代をテーマにしたテーマパーク1971年に放送された時代劇木枯し紋次郎』のヒットを受けて旧薮塚本町が誘致した[1]1998年4月には施設内に木枯し紋次郎記念館(愛称:かかわり~な)がオープンした。

概要[編集]

時代劇「『木枯し紋次郎』のふる里」という設定で江戸時代を再現している。園内にはからくり屋敷や戯揶満館(ぎやまんかん)、不可思議土蔵などのトリックなどが仕組まれた建物がある。また、園内では現行通貨を両替し天保通宝寛永通宝を使用する。 以前はパーク内の道路が未舗装だったが、ある来園客が「雨の日に道がぬかるんで靴が汚れる」という苦情を申し立てたためアスファルト舗装された。原作者の「江戸時代そのままに街並みを再現したい」という構想がきっかけで生まれたテーマパークではあるが、ファミリー層の来園を見込んだ施設を次々にオープンさせたことも相まって、開園当初の姿からは大きく異なってきている。

営業案内[編集]

  • 開園時間 9:30 - 16:00
  • 料金
    • 入園料 大人600円・子供300円
    • アトラクションセット券 大人1575円・子供1050円
    • 30名以上の団体割引あり

交通[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 笹沢左保『紋次郎の独白 旅と女と三度笠』、サンケイ新聞社出版局、1973年より

外部リンク[編集]