鷲羽山ハイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド
鷲羽山ハイランド - panoramio.jpg
施設情報
事業主体 鷲羽観光開発株式会社
管理運営 鷲羽観光開発株式会社
開園 1971年8月13日
所在地 711-0926
岡山県倉敷市下津井吹上303-1
公式サイト 公式サイト

鷲羽山ハイランド(わしゅうざんハイランド)は、岡山県倉敷市にある遊園地。以前のキャッチコピーは「瀬戸大橋の見える遊園地」。現在は「ブラジリアンパーク・鷲羽山ハイランド」。

概要[編集]

1971年8月13日開業。当初はドライブイン形式であったが、徐々に遊具を設置。1986年に敷地を広げ、つくば万博より移設したスタンディングコースターをはじめとして各種絶叫マシーンも備えた遊園地としてリニューアル。1989年よりピエロのバルジアをはじめとしたブラジル人メンバーを導入。ブラジルメンバーは徐々に名物として定着していき、2006年よりブラジリアンパークとしてリニューアルするに到る。

正式名称は「ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド」だが、通常は「鷲羽山ハイランド」で通用している。ブラジリアンという名の通りブラジルサンバショーが朝昼夜問わずに行われている。

入園券は、フリー券扱いになっており、年中無休で土・日・祝日はナイター割引もある。園内は見晴らしがよく、瀬戸内海および瀬戸大橋が眺望できる。数々の絶叫マシン観覧車バンジージャンプお化け屋敷プールアイススケートがあり、ホテルもいくつか隣接しているので泊まりがけのレジャーによい。

また、この遊園地にある「バックナンジャー」という後ろ向きに走るジェットコースターで、2001年に2人の人物が1050回、時間にして35時間30分もの間ジェットコースターに乗り続けるという記録を達成し、ギネス・ワールド・レコーズに掲載された[1]

園内にあるスカイサイクル自転車型のライドに乗り、搭乗者が自力でこいでレール上を進むアトラクション)は、地上16m(4階建てビルの高さに相当)の上空で自転車漕ぎを体験できることもあり、「世界一のスリルと展望」が楽しめると評されている。これは知る人ぞ知る「日本一怖い絶叫マシン」と評されることもある。

岡山県民の間では、よく遊びに行くテーマパークの一つとして挙げられる。京阪神や中国四国地方からの遠足・修学旅行も多く、チボリ公園なきあとの岡山のランドマークとしての役割を担っている。

2014年4月より、吉本興業のお笑い芸人であるデニスがアミーゴ大使に就任。

アトラクション[編集]

  • バックナンジャー&スタンディングコースター
  • ターボドロップ
  • ウルトラツイスター
  • バンジージャンプ
  • チューピーコースター
  • スカイサイクル

アクセス[編集]

登場する作品[編集]

  • ウルトラマンA(第15話「夏の怪奇シリーズ 黒い蟹の呪い」に登場)
  • 西部警察 PART-III
  • 秘密のケンミンSHOW(県の中心で愛を叫ぶ 岡山県篇に登場)
  • モヤモヤさまぁ〜ず2(第235回倉敷・児島編にブラジルサンバチームが登場。謎のブラジル人と話題になる)
  • ショウくんのペラ1(第3回にモヤモヤさまぁ~ずに登場したブラジルサンバチームが登場)

脚注[編集]

  1. ^ ギネス記録 - ブラジリアンパーク 鷲羽山ハイランド

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度26分46秒 東経133度47分52.5秒 / 北緯34.44611度 東経133.797917度 / 34.44611; 133.797917