北海道グリーンランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道グリーンランド
Hokkaido Green Land
Hokkaido-Greenland-amusement-park.JPG
施設情報
愛称 グリーンランド
前身 北海道21世紀博覧会プレイランド・ゾーン(1986年)
三井グリーンランド(1987-2007年)
キャッチコピー ココロを「みどり」でいっぱいに。
事業主体 空知リゾートシティ
管理運営 空知リゾートシティ
面積 33万平方メートル
来園者数 約22.7万人(2019年)[1]
開園 1986年6月
所在地 864-0033
北海道岩見沢市志文町1015番地
位置 北緯43度09分57秒 東経141度46分48秒 / 北緯43.16583度 東経141.78000度 / 43.16583; 141.78000座標: 北緯43度09分57秒 東経141度46分48秒 / 北緯43.16583度 東経141.78000度 / 43.16583; 141.78000
公式サイト http://www.h-greenland.com/
テンプレートを表示
空知リゾートシティ株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
068-0004
北海道岩見沢市4条東1丁目6番1号
代表者 代表取締役 重光 敬明
資本金 1億円
純利益 ▲6012万3000円
(2021年12月31日時点)[2]
総資産 8億1400万円
(2021年12月31日時点)[2]
決算期 12月末日
主要株主 グリーンランドリゾート
テンプレートを表示

北海道グリーンランド(ほっかいどうグリーンランド)は北海道岩見沢市にある遊園地いわみざわ公園内にある。

概要[編集]

グリーンランドリゾート熊本県荒尾市)の孫会社である空知リゾートシティが運営する施設[3]。北海道内最大級となる大観覧車の高さは85 mあり、一時は世界一の大きさであった[3]。44機種の遊具を備えており、キャラクターショーなどの各種イベントを随時開催している[4]

当初は三井鉱山に縁のある美唄市への遊園地建設を計画していたものの、岩見沢市の遊園地誘致計画を聞き汲む形で協議の上岩見沢市に建設となった[5]。1986年に開催された北海道21世紀博覧会の会場の一つとして使われ、敷地の一角には日本列島の形をした小島が中央部に配された「開拓の池」(周囲354メートル、面積117平方メートル)や[6]、ボート用の「遊トピア湖」といった池も設けられた。

このほか一般来園者と共用する形で、野外音楽フェスティバル(「JOIN ALIVE」)や花火大会(「いわみざわ彩花まつり花火大会」「いわみざわ公園花火大会」)の会場としても使用される。

CMで使われているサウンドロゴは三井グリーンランド時代のものを流用しているが、現名称になってからは「三井」の部分はカットされている[7]

沿革[編集]

  • 1983年(昭和58年)12月6日:岩見沢市と三井鉱山傘下のグリーンランドが遊園地建設の覚書に調印[8]
  • 1984年(昭和59年)5月2日:工事着工[8][9]
  • 1986年(昭和61年)
    • 2月 - 万景閣スキー場の買収構想を発表[10]
    • 3月17日 - 万景閣スキー場の譲渡契約を締結[11]
    • 3月27日 - ホテル万景閣(1971年11月開業[12])を買収、遊園地・ホテル・スキー場の三本柱による通年営業を計画する[13]。ホテル・スキー場合わせて約6億円で買収を行った[5]
    • 6月7日 - 遊園地施設竣工[14]
    • 6月21日 - 旧ホテル万景閣を改装し「岩見沢観光ホテル」開業[15]
    • 6月22日 - 北海道21世紀博覧会を開催し[16]、同博覧会の遊園地施設として開業[3]
    • 12月14日 - 旧万景閣スキー場を改修の上三井グリーンランドスキー場開業[17][18]
  • 1987年(昭和62年)
    • 4月25日 - 「三井グリーンランド」開園式実施[19]
    • 4月26日 - 三井グリーンランドとして遊園地の本営業を再開[19]
  • 1988年(昭和63年):グリーンランドから三井鉱山子会社「北海道グリーンランド」へ営業譲渡。
  • 1995年(平成7年)
    • 8月:グリーンランドが北海道グリーンランドを子会社化。
    • 10月:北海道グリーンランドが三鉱開発を吸収合併し「グリーンランド開発」に改称。
  • 1998年(平成10年)
    • 7月28日 - 運営会社のグリーンランド開発が子会社となる空知リゾートシティを設立、三谷物産(岩見沢市)よりホテルサンプラザを買収[20]
    • 8月3日 - ホテルサンプラザ買収と岩見沢観光ホテル閉館によるホテル事業の一本化を発表[21]
    • 10月4日 - 岩見沢観光ホテルの営業を終了[22]
    • 10月6日 - 三井グリーンランドホテルサンプラザ開業[23]
  • 2002年(平成14年):空知リゾートシティがグリーンランド開発から三井グリーンランドとホワイトパークの事業継承[24]
  • 2007年(平成19年):三井グリーンランドを北海道グリーンランドに改称[24]

過去のイベント開催・映像撮影への起用など[編集]

  • 1996年(平成08年):『美少女戦士セーラームーンSuperSスペシャルミュージカルショー
  • 2000年(平成12年)
  • 2002年(平成14年):『鈴井貴之・大泉洋スペシャルトークショー』
  • 2012年(平成24年):サントリー「珈琲炭酸エスプレッソーダ」CM撮影(コーヒーカップ篇・射的篇・ロックンロール篇)[26]
  • 2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)10月7・8・9日:リアル脱出ゲーム×SEKAI NO OWARI 全国夜の遊園地ツアー「竜の夜からの脱出」北海道公演[29]
  • 2018年(平成30年)
    • 7月27・28日:STV創立60周年記念事業「どさんこみらいフェス」(両日)および「SUNNY TRAIN REVUE 2018 テレビがフェスつくっちゃいました!」(28日のみ)[30]
    • 10月6・7・8日:リアル脱出ゲーム全国夜の遊園地ツアー「夜の巨大監獄からの脱出」北海道公演[31]
  • 2021年(令和3年):田村保乃 写真集「一歩目」

施設[編集]

  • 総面積:33万平方メートル[32]
  • 設計:三井鉱山関連会社共同企業体[32]
  • 施工[32]
  • 営業時間
    • 平日:9:00 - 16:00
    • 休日:9:00 - 17:00
    • 夏季ナイター営業日:9:00 - 20:00
    • 花火大会・JOIN ALIVE開催日:9:00 - 21:00
サービス施設
  • 正面ゲート:発券窓口、土産品売店、ペット預かり、救護センター、サービスセンター、ベビールーム、ベビーカー貸出
  • 売店・回数券売場:3ヶ所
  • レストラン
    • レストラン「ハッピー」(旧「ライオン」)
    • レストハウス「太陽」
  • イベント会場
    • イベント広場(屋外ステージ)
    • ランドホール(奥行き40m・幅60m[33]

アトラクション[編集]

  • クリスタルハウス(ミラーハウス) - クマキ製[32]
  • フラッシュダンス(ミュージックエクスプレス)
  • メリーゴーラウンド - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • スカイジェット(モノレール)
  • 輪投げコーナー
  • サファリペット - 泉陽興業製[32]
  • スカイシップ(懸垂式モノレール 1998年導入)[34]
  • 開拓列車(ミニSL) - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • サイクルモノレール - 泉陽興業製[32]
  • モンスター(オクトパス) - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • ラウンドパイレーツ(回転ブランコ)
  • ティーカップ
  • 急流すべり - クマキ製[32]
  • バッテリーカー
  • トロッココースター(小型ジェットコースター)
  • フロッグホッパー
  • フラワーヘリ
  • ニューアストロファイター(レッドバロン)
  • パットゴルフ - 三鉱造園土木製[32]
  • バズーカ砲
  • 池回りゴーカート(1人乗り車・2人乗り車1コース共有) - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • スワンボート
  • 龍王(大型ジェットコースター、旧「3回転コースター」) - 泉陽興業製
  • ワニワニコースター(小型ジェットコースター)
  • ツインドラゴン(バイキング) - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • コスモタワー(飛行塔)
  • ミステリーマンション(洋風お化け屋敷) - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • ゲームコーナー
    • プレイランド
    • ゲームコーナー
    • ダウンタウン
    • ゲームプラザ
  • 大幽霊屋敷(和風お化け屋敷) - 泉陽興業製[32]
  • 海中さんぽ(ミラーハウス) - クマキ製[32]
  • コースター周りゴーカート(1人乗り車・2人乗り車各1コース)
  • 大観覧車 - 泉陽興業製[32] 高さ85m・直径82.5m・定員8人×ゴンドラ48基[35]
  • 轟音 GO-ON(大型ジェットコースター 旧「キャメルコースター」→「ビッグバーンコースター」) - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • 電動遊具コーナー「キッズコーナー」
  • 巨大立体迷路「KARAKURI城」 - 2015年7月更新導入[36]
  • おとぎ列車
  • カイトフライヤー
  • カード迷路「ぐるり森大冒険」 - 泉陽興業製[37]
  • ファイヤーファイター(2022年導入)
  • わくわくトレイン(2022年導入)

過去の施設[編集]

アトラクション
  • フライングカーペット「マンハッタンドリーム」→「メルヘンステージ」
  • サーキットカート
  • コンボイレース
  • ロトシェイク
  • びっくりハウス「マジックハウス」
  • 園内バス「ケーブルカーバス」→「周遊車」 - クマキ製[32]
  • レンジャー「ギャラクシー」
  • スピントップ - サノヤス・ヒシノ明昌製[32]
  • アーチェリー - 昭和木材工業製[32]
  • スーパースイング - 泉陽興業製[32]
  • スカイバード
  • ディスコクパチオーレ
  • バンパーボート
  • クレイジートレイン
  • ブレイクダンス
  • スペースジャイロ
  • ファファパーク - タスコ製[32]
  • ポルターガイストの館(1998年導入)[34]
  • アニメのれるランド(ミニ鉄道)
サービス施設
  • 写真サービスセンター
  • ファストフード店「コーヒーポット」

ホワイトパーク[編集]

北海道グリーンランドホワイトパーク
岩見沢北海道グリーンランドスキー場.jpg
2011年3月
所在地 〒068-0833
北海道岩見沢市志文町
1015番地
旧名 万景閣スキー場
三井グリーンランドホワイトパーク
標高 160 m - 20 m
標高差 140 m
最長滑走距離 1,000 m
最大傾斜 27
コース数 4本
索道数 2本
公式サイト h-greenland.com/whitepark/
テンプレートを表示
営業概要
  • 営業期間:12月初旬から3月中旬
  • 営業時間:9:00 - 21:00
施設
  • ロッジ
    • センターロッジ:発券所、食堂、売店、パトロール、トイレ、公衆電話、事務所
    • セカンドロッジ:食堂、公衆電話、トイレ
    • サードロッジ
    • レストハウス「太陽」:食堂、トイレ
  • 駐車場2,000台(無料)
コース
  • ウッドヒルコース
  • メインコース(初・中級向、初級向)
  • 上級向けアトミックコース
  • 林間コース「バンビコース」
リフト
  • 第1ペアリフト(長さ712m・輸送力毎時1200名) - 安全索道
  • 第2ペアリフト(長さ465m・輸送力毎時1200名)

関係施設[編集]

北海道グリーンランドホテルサンプラザ(2013年)

いずれも岩見沢市内。

  • 宿泊施設 - 入園券付き宿泊プランを設定。
    • 岩見沢観光ホテル - 1986年ホテル万景閣を買収、1998年閉館。
    • ホテルサンプラザ - 1998年10月経営譲受。
    • 北村温泉ホテル - 2010年8月指定管理受託。
  • 公園施設
    • いわみざわ公園レストハウス「はまなすの丘」 - 2004年4月経営譲受。
    • いわみざわ公園 - 2007年4月指定管理受託。
    • 北村中央公園 - 2014年4月指定管理受託。
    • 桜づつみ公園 - 2014年4月指定管理受託。

駐車場・アクセス[編集]

  • 駐車場5,000台(料金1日500円)

バス

  • 北海道中央バス岩見沢営業所)「グリーンランド」バス停下車(スキー場利用時は「スキー場入口」「グリーンランドスキー場」バス停下車)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2019年12月期決算短信 - グリーンランドリゾート
  2. ^ a b 空知リゾートシティ株式会社 第24期決算公告
  3. ^ a b c 北海道グリーンランド 2009.
  4. ^ 北海道グリーンランド(遊園地)”. 岩見沢市. 2016年6月23日閲覧。
  5. ^ a b グラビア特集「北海道21世紀博覧会」開催 - アミューズメント産業1986年8月号
  6. ^ 【そら散歩】池に浮かぶミニ日本列島『北海道新聞』朝刊2021年4月23日
  7. ^ 熊本県のグリーンランドでは2000年代以降サウンドロゴ自体使用をしなくなった
  8. ^ a b 『岩見澤百年史』2018P 昭和58年(1983年)いわみざわ公園 岩見沢市役所
  9. ^ 「三井グリーンランドが着工 期待ひしひし鍬入れ 観光岩見沢へ第一歩」『岩見沢新聞』1984年5月4日
  10. ^ 「三井ランド万景閣 スキー場を買収」『岩見澤新聞』1986年2月19日
  11. ^ 「スキー場、正式契約終わる グリーンランドホテルも近く合意?」『岩見沢新聞』1986年3月20日
  12. ^ 大自然の美しい景観-ニューパーク「万景閣」誕生-四季を通じて楽しめるレジャー施設『岩見沢新聞』1971年11月18日
  13. ^ 「三井グリーンランド ホテル万景閣を買収4月から大改装着工」『岩見澤新聞』1986年3月29日
  14. ^ 「大観覧車の試乗も 21世紀博遊具施設の竣工祝う」『岩見澤新聞』1986年6月9日
  15. ^ 「北海道21世紀博覧会6月22日開幕!」『岩見澤新聞』1986年6月7日
  16. ^ 北海道21世紀博覧会”. 乃村工藝社. 2016年6月22日閲覧。
  17. ^ 「ゲレンデなど大改修旧万景閣スキー場14日オープンへ」『岩見沢新聞』1986年11月20日
  18. ^ ゲレンデ整備を終えグリーンランドも開業へ - 岩見沢新聞1986年12月15日
  19. ^ a b 「三井グリーンランド遊園地盛大にオープン」『岩見澤新聞』1987年4月27日
  20. ^ 岩見沢の「ホテルサンプラザ」経営主体、新会社へ空知リゾートシティ社設立『岩見沢新聞』1998年8月3日
  21. ^ ホテルサンプラザを買収グリーンランド系空知リゾートシティ10月6日に名称変更へ「三井グリーンランドホテルサンプラザ『岩見沢新聞』1998年8月4日
  22. ^ 「4日で最後、休館へ岩見沢観光ホテル入浴は夜10時まで」『岩見沢新聞』1998年10月3日
  23. ^ 「三井グリーンランドホテル サンプラザへ 6日からオープン特別企画 サンバレーでバイキング実施 」『岩見沢新聞』1998年10月5日
  24. ^ a b 企業概要”. 北海道グリーンランド. 2016年6月23日閲覧。
  25. ^ 水曜どうでしょう写真展-水曜どうでしょうファンサイト”. www.jundou.com. 2021年5月13日閲覧。
  26. ^ 北海道グリーンランド 遊園地 (@142406555898033) - Facebook
  27. ^ 稲村亜美『ATHLETE BODY』 - グラビア|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]【公式】グリーンランド遊園地のPR担当さんのツイート: このグラビア、雪の北海道グリーンランドで撮影されたそうです!
  28. ^ リアル脱出ゲーム 全国遊園地ツアー「夜の魔王城からの脱出」
  29. ^ 北海道 | リアル脱出ゲーム×SEKAI NO OWARI 全国夜の遊園地ツアー「竜の夜からの脱出」
  30. ^ どさんこみらいフェス|STV創立60周年[リンク切れ]
  31. ^ リアル脱出ゲーム全国夜の遊園地シリーズ「夜の巨大監獄からの脱出」at 北海道グリーンランド
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 三井グリーンランド遊園地『全国レジャーランド名鑑』サンケイ新聞データシステム 1992年
  33. ^ 柱のないのが特徴建設中のランドホール - 岩見沢新聞1985年7月19日
  34. ^ a b 「グリーンランド25日からポケモンショー2遊具増え57機種に」『岩見沢新聞』1998年4月10日
  35. ^ 観覧車建設実績 - 泉陽興業60年史(泉陽興業2018年)
  36. ^ こちらも道内初「巨大立体迷路」完全制覇できるかな『プレス空知』2015年7月18日
  37. ^ ぐるり森をみてみよう 北海道グリーンランド - カード迷路ぐるり森大冒険(泉陽興業)
  38. ^ スクール紹介 | サニーサイドパラグライダースクール AIRHERT

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]