バイキング (アトラクション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイキング

バイキングとは、海賊船型の大型ブランコである。主に8世紀に活動したスカンジナビア人の武装船団"バイキング"の船に由来すると言われている。バイキングの船の特徴である浅底で、細長いという形容が顕著に現れている。

概要[編集]

バイキングの大型タイプが、日本で初めて誕生したのがとしまえんにある「フライングパイレーツ」である。1984年4月に誕生したこのアトラクションは、120人乗りの船が2隻同時に稼動し、一度に240人を動員することができる。当初、混雑時など2隻同時運行も行なっていたが、現在はどちらかの船1隻のみの運行となっている。1985年にはナガシマスパーランドに、160人乗りの船が2隻同時に稼動し、320人動員できる世界最大級の「ジャンボバイキング」が登場。その後、1993年横浜・八景島シーパラダイスに50人乗りで最高到達地点約13メートル、傾斜角度は65度のバイキングが完成し、2012年3月東京ドームシティアトラクションズには80人乗りで最高到達点約15メートル、傾斜角度が48.5度の「スーパーバイキング ソラブネ」が登場した。アトラクションが新しくなるにつれ、到達点が高くなったり、傾斜角度が上がったりとさまざまな形で進化をとげている[1]

仕組み[編集]

モーターの軸に取り付けられたタイヤが船底で正転・逆転を繰り返す。タイヤの回転速度が増すにつれ、最高到達点や傾斜角度も高くなる。

脚注[編集]