稲村亜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いなむら あみ
稲村 亜美
プロフィール
愛称 神スイング
生年月日 1996年1月13日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 173 cm / kg
スリーサイズ 86 - 61 - 88 cm
カップサイズ F
備考 靴サイズ:24.5 cm
活動
デビュー 2012年
ジャンル タレント
他の活動 タレント野球
事務所 浅井企画
受賞歴 ミスiD2014準グランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

稲村 亜美(いなむら あみ、1996年1月13日 - )は、日本タレントグラビアアイドル東京都出身[2]浅井企画所属。

来歴[編集]

当初はジャスティスジャパンエンターテイメント(旧:ジャスティスプロダクション)に所属していた。

2013年9月20日発売のFRIDAYで発表されたミスiD2014にて準グランプリに相当するミスiD(アイドル)2014に選出された。

2014年3月13日、日出高等学校を卒業し、同年4月1日に国士舘大学21世紀アジア学部に入学[3]、4月14日には週刊プレイボーイ×グラドル自画撮り部「第1回ジガドル・グランプリ」吉田豪賞を受賞する[4]

2015年3月26日公開のトヨタ自動車のCM「G's Baseball Party」に出演。最後に登場し、OL風スーツでの豪快なスイングが「神スイング」として話題となった[5][6]。同年8月1日には巨人中日戦の試合前イベントに登場、「神スイング」を披露しスタンドのファンを湧かせるとともに原辰徳監督(当時)をして「非の打ち所がない」と言わしめた[7]

2016年1月に浅井企画へ移籍、同年3月14日に女子プロ野球チーム・埼玉アストライアの公認「神サポーター」に就任するとともに[8]、3月19日開催の東京ガールズコレクション(TGC)2016 SPRING/SUMMERにて東京ガールズラン(TGR)5期生就任を発表、またフジテレビONEプロ野球ニュース」の金曜担当キャスターに抜擢、3月24日に開幕直前スペシャルとして初回放送を迎えた[9]。この年より始球式を務める機会が増え、4月24日、5月8日[10]、11月23日と3度自己最速を更新した。

また、2016年には「第11回 BFA U-18野球チャンピオンシップ」「第7回女子野球ワールドカップ」「第1回 U-23 野球ワールドカップ」の3大会のアンバサダーを古田敦也とともに務めた(BS-TBSの中継番組にも大会アンバサダーとして出演)[11]

2017年度、川崎競馬のイメージキャラクターに就任[12]

人物[編集]

  • 小学1年生から中学3年生まで野球に打ち込んだ。特に中学校の3年間はシニアリーグに在籍、ポジションはピッチャーとファーストだった。こうした経歴から、自分のグラビアでバットスイングやピッチングフォームを披露することが少なくなく[13]、「野球好きの有名人」として取り上げられることも多い[14][注 1]。投打は右投右打。
  • 雑誌等のインタビューやグラビアの記事でのプロフィール欄には、トヨタ自動車のWed CMで披露した美しいバッティングフォームが「神スイング」と称されたことが大きな話題となった(あるいは、「神スイング」がきっかけでブレイクした)と言及されることが少なくない[14]。最高球速(Max)で105kmのボールを投げることができて、先述のように「神スイング」を併せ持つことから、「二刀流のグラビアアイドル」と称されることがある[15][16]
  • 持ち球は直球、縦スラ(スライダー)、シンカー、チェンジアップなどで、自信があったのは直球である。
  • 目標はプロ野球全12球団の始球式に出ること。始球式を終える際はマウンドの土を整え直してから降りることを礼儀として心掛けているとのこと[17][18]
  • 2017年シーズン5月時点で、プロ野球全12球団のうち広島東洋カープ、読売ジャイアンツを除く10球団の始球式に出場している。
  • 野球関連のメディアにも多数出演している。(『中畑清の熱血!スポーツ応援団』、『プロ野球ニュース2016・2017』、『NHKプロ野球』他)
  • 好きな食べ物は焼き肉。
  • 特技は居酒屋バイトで習得した銀杏むき[2]
  • 兄が2人いる[19]
  • 滑舌に難があり、カンコンキンシアターではその点を突かれてコント内でわざと言いにくいセリフを言わされることがある。

出演[編集]

テレビ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

PV[編集]

Web[編集]

番組配信[編集]

記事配信[編集]

  • 東京ルッチ
    • #1 東京駅のおいしい駅弁『9選』を稲村亜美ちゃんと紹介! (2015年12月11日)
    • #2 スカイツリーのイルミネーションを稲村亜美ちゃんと紹介! (2015年12月14日)
    • #3 神田明神に稲村亜美ちゃんと参拝! 面白スポットもご紹介! (2015年12月23日)
    • #4 スカイツリータウンのすみだ水族館を稲村亜美ちゃんとナビ! (2015年12月28日)
    • #5 コメダ珈琲店の新メニューを稲村亜美ちゃんと実食レポート! (2016年1月22日)
    • #6 東京駅のお土産はコレ! 新商品8選を稲村亜美ちゃんと実食レポート (2016年2月17日)
    • #7 KITTE(キッテ)の見どころを稲村亜美ちゃんと紹介! (2016年3月23日)
    • #8 コメダ珈琲店の「ベリーノワール」を稲村亜美ちゃんが神食レポ! (2016年4月15日)
  • 週プレnet (集英社)
    • EX396 稲村亜美 ATHLETE BODY (2016年2月8日)
    • 稲村亜美スペシャル写真集「肉体美」(2016年5月1日)

電子書籍[編集]

  • デジタル週プレ写真集 (集英社)
    • 稲村亜美「“神スイング”が話題となった身長173cm、アスリートボディの現役女子大生」(2015年9月4日)

ゲームアプリ[編集]

  • プロ野球ロワイヤル(2016年4月15日、DeNA)- イベントリポーター

舞台[編集]

  • アリスインプロジェクト「パラダイスロスト」(2012年2月1日 - 6日、池袋 シアターKASSAI)
  • アリスインプロジェクト「ワールズエンド・ガールズスタート」(2012年5月2日 - 6日、池袋 シアターKASSAI)
  • カンコンキンシアター30「クドい!」- 82歳まで生きる事に決めました!(2016年8月5日 - 14日、東京グローブ座[23]
  • カンコンキンシアター31「クドい!」- 味方は孫だけ(2017年8月11日 - 20日、東京グローブ座)

CM[編集]

始球式[編集]

日時 試合 対戦カード 球場 打者 捕手 球速 備考
2015年7月28日 第86回都市対抗野球大会 大阪ガス vs 三菱重工広島 13/東京ドーム 青栁匠 國本剛志 098km/h
2015年9月15日 プロ野球公式戦 東京ヤクルトスワローズ vs 横浜DeNAベイスターズ 13/明治神宮野球場 荒波翔 中村悠平 096km/h
2016年2月27日 2016球春みやざきベースボールゲームズ 福岡ソフトバンクホークス vs 千葉ロッテマリーンズ 45/宮崎市アイビースタジアム 岡田幸文 拓也 096km/h
2016年2月28日 2016球春みやざきベースボールゲームズ オリックス・バファローズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス 45/宮崎市清武総合公園SOKKENスタジアム 岡島豪郎 山崎勝己 098km/h
2016年4月05日 プロ野球公式戦 埼玉西武ライオンズ vs 北海道日本ハムファイターズ 11/西武プリンスドーム 陽岱鋼 炭谷銀仁朗 098km/h
2016年4月09日 女子プロ野球公式戦 埼玉アストライア vs 兵庫ディオーネ 11/川口市営球場 コータロー 今井志穂
2016年4月10日 ルートインBCリーグ公式戦 信濃グランセローズ vs 富山GRNサンダーバーズ 20/長野オリンピックスタジアム 石突廣彦 柴田悠介 098km/h
2016年4月24日 プロ野球公式戦 千葉ロッテマリーンズ vs オリックスバファローズ 12/QVCマリンフィールド 駿太 田村龍弘 103km/h [注 2]
2016年5月08日 台湾プロ野球公式戦 中信兄弟 vs 統一セブンイレブン・ライオンズ 48/新荘体育場野球場 希克 104km/h [注 3]
2016年5月15日 女子プロ野球公式戦 兵庫ディオーネ vs 京都フローラ 28/ほっともっとフィールド神戸 中村茜 寺部歩美
2016年7月03日 プロ野球公式戦 福岡ソフトバンクホークス vs 北海道日本ハムファイターズ 40/福岡ヤフオク!ドーム 大谷翔平 細川亨 097km/h
2016年7月24日 プロ野球公式戦 中日ドラゴンズ vs 東京ヤクルトスワローズ 23/ナゴヤドーム 大引啓次 杉山翔大 098km/h
2016年9月18日 プロ野球公式戦 横浜DeNAベイスターズ vs 広島東洋カープ 14/横浜スタジアム 田中広輔 戸柱恭孝 102km/h
2017年4月08日 プロ野球公式戦 阪神タイガース vs 読売ジャイアンツ 28/阪神甲子園球場 中井大介 梅野隆太郎 103km/h
2017年4月9日 女子プロ野球公式戦 インフルエンザ
2017年4月16日 プロ野球公式戦 東北楽天ゴールデンイーグルス vs 北海道日本ハムファイターズ 04/Koboパーク宮城 西川遥輝 嶋基宏 097km/h
2017年4月25日 プロ野球公式戦 阪神タイガース vs 横浜DeNAベイスターズ 28/阪神甲子園球場 桑原将志 梅野隆太郎 101km/h [注 4]
2017年4月28日 プロ野球公式戦 オリックスバファローズ vs ソフトバンクホークス 京セラドーム
2017年4月30日 プロ野球公式戦 横浜DeNAベイスターズ vs 広島東洋カープ 14/横浜スタジアム 柴田竜拓 高城俊人 092km/h
2017年5月7日 プロ野球公式戦 中日ドラゴンズ vs 読売ジャイアンツ 23/ナゴヤドーム
2017年5月19日 プロ野球公式戦 中日ドラゴンズ vs 広島東洋カープ 23/ナゴヤドーム
2017年7月30日 プロ野球公式戦 オリックスバファローズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス 京セラドーム

※2017年4月9日はインフルエンザで始球式が中止となった。

始打式[編集]

1打席対決[編集]

  • プロ野球公式戦 北海道日本ハムファイターズ vs 埼玉西武ライオンズ(2016年6月28日、札幌ドーム)- 打者:フェルナンド・セギノール、捕手:市川友也。初球に投じた102km/hの直球をセンター前に打ち返したセギノールの勝利[24]
  • 千葉ロッテマリーンズファン感謝デー(2016年11月23日、QVCマリンフィールド)- 打者:平沢大河。フルカウントからの7球目に自己最速の105km/hをマーク。四球となるところを球審役の江村直也が勝負を続行させ、9球目の背後に抜けた球を平沢が空振りし、三振で稲村の勝利[25][26]

イベント[編集]

雑誌[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一例として、「おはよう日本」「サンデースポーツ」等のニュース番組やスポーツ番組にも、「野球好きの有名人」として登場することがある。
  2. ^ 始打式も行った。『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』のコーナー「朝までハシゴの旅」の荻窪編ロケの翌・当日。
  3. ^ 「棒球女孩日」イベント。
  4. ^ 「リポビタンDナイター」イベント。

出典[編集]

  1. ^ 公式プロフィール”. 浅井企画. 2016年5月8日閲覧。
  2. ^ a b ジガドル・グランプリ受賞記念撮(稲村亜美)”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年5月19日). 2016年5月8日閲覧。
  3. ^ こくしかん人図鑑 Vol.37 稲村亜美” (ja). UGOPAN(ウゴパン) Vol.37. 国士舘大学 (2014年12月15日). 2017年1月5日閲覧。
  4. ^ 第1回ジガドル・グランプリ結果発表”. 週プレNEWS. 集英社 (2014年5月19日). 2015年4月28日閲覧。
  5. ^ いしたにまさき (2015年4月22日). “トヨタ野球CM動画で注目を一身に集めた稲村亜美の神スイング”. Yahoo!ニュース. 2015年5月2日閲覧。
  6. ^ 神スイングの稲村亜美「始球式がしたい」”. 日刊スポーツ (2015年4月23日). 2015年5月2日閲覧。
  7. ^ 巨人:ネットCMで話題 グラドルが神スイング&投げては90キロ”. 毎日新聞 (2015年8月2日). 2015年8月7日閲覧。
  8. ^ 神スイング・稲村亜美、女子プロ野球公認神サポーター就任 石井一久は「営業スイングかも」と疑惑の目”. De☆View (2016年3月14日). 2016年3月15日閲覧。
  9. ^ “神スイング”稲村亜美、CSフジ「プロ野球ニュース」金曜担当に!”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2016年3月21日) 2017年1月30日閲覧。
  10. ^ 初の台湾〜❤︎ 稲村亜美オフィシャルブログ 2016年5月10日
  11. ^ 野球の未来へ。〜全世代が侍ジャパン〜(BS-TBS)、2016年9月2日閲覧
  12. ^ 【南関東競馬】イメキャラに就任した稲村亜美が川崎に登場 「競馬も野球もおしりが大事」 - デイリースポーツonline . (2017年4月7日) 2017年10月10日閲覧。
  13. ^ 巨人:現役女子大生アイドル稲村亜美 ビキニで神スイングを接近撮”. NEWSポストセブン (2015年10月11日). 2015年10月20日閲覧。
  14. ^ a b 『週刊ベースボール』、2017年1月23日号、31頁。
  15. ^ 朝日新聞』、2016年12月17日付夕刊。
  16. ^ 稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」”. 日刊スポーツ. (2016年11月24日) 2016年11月25日閲覧。
  17. ^ さすが稲村亜美102キロ始球式/写真特集”. 日刊スポーツ. (2016年9月18日) 2016年9月18日閲覧。
  18. ^ 稲村亜美、短パンで103キロストライク/写真特集”. 日刊スポーツ. (2016年4月24日) 2016年9月18日閲覧。
  19. ^ たまごサンド”. 稲村亜美のブログ. アメーバブログ (2013年2月22日). 2015年4月28日閲覧。
  20. ^ “神スイング”で話題の稲村亜美、強打者役でドラマ出演”. ORICON (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。
  21. ^ “DEEN池森の甥っ子Ryoが歌手デビュー マー君の後輩野球部員”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年8月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2076181/full/ 2017年6月25日閲覧。 
  22. ^ “古田敦也氏、野球中継に励まされるサラリーマンを熱演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年8月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2076771/full/ 2017年6月25日閲覧。 
  23. ^ カンコンキンシアター30「クドい!」公演情報第1弾公開!”. カンコンキンシアター Official Ownd (2016年4月4日). 2016年4月4日閲覧。
  24. ^ 稲村亜美102キロ神投球!セギノール氏と真剣勝負 日刊スポーツ、2016年10月27日閲覧。
  25. ^ 稲村亜美がQVCマリンで自己最速の105キロ 「私にとっての“パワースポット”です」 サンケイスポーツ、2016年11月23日閲覧。
  26. ^ 稲村亜美が自己最速105キロ!ロッテ平沢と対決 日刊スポーツ、2016年11月23日閲覧。
  27. ^ “稲村亜美:水着写真集はこれで最後 「オファーあっても断ります」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年6月25日). http://mantan-web.jp/2017/06/25/20170625dog00m200041000c.html 2017年6月25日閲覧。 

外部リンク[編集]