湾岸 Midnight Club

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

湾岸 Midnight Club(みっどないとくらぶ)は、Rockstar San Diegoが開発、Rockstar Games社から発売されたストリートレースを題材とするレースゲームシリーズ。通称「MC」。タイトルに併記されている「湾岸」の文字は、シリーズを通しワンポイントの「装飾」として扱われており、ほとんどの場合において「湾岸」を除いた「Midnight Club」の表記が正式名称とされる。それゆえ普通は「湾岸(わんがん)」の部分は読まれず、また楠みちはるの漫画「湾岸ミッドナイト」とは一切関係ない。

日本国内では一作目のPS2版 Midnight Club: Street Racingのみ、シスコンエンタテイメントから発売された。

シリーズの一作目二作目では、非合法なストリートレースのゲームであるためか、プレイヤーが運転する車両は架空の車やバイクであったが(但し首都高バトルのように実在する車をモデルにしている)、三作目以降は実在するメーカーのものとなった。

2008年10月20日に最新作となる「Midnight Club: Los Angeles」が、アメリカで発売された。日本版も2009年2月5日にスパイクから発売された。 ちなみにロサンジェルスは二作目で登場したコースでもある)。

また、舞台には実在の都市や名所をモデルとする物がある(例:一作目ニューヨークロンドン二作目ロサンゼルスパリ東京の3ヵ国の都市。3作目では、スタジオのあるサンディエゴが選ばれたことがある)。

売上本数は、全世界でシリーズ累計約1300万本(2010年現在)。

シリーズ[編集]

ゲーム内容[編集]

ゲームの内容はバトルレース、チェックポイントレース、旗取りレース、シティドライブの4種類から成り立っている[1]

バトルレース - 相手とひたすら走り、1位をめざすモード。

チェックポイントレース - 複数のチェックポイントをすべて通過して(順番はどこからでもよい)1位をめざすモード。 中にはロンドンバスだらけの中を走るレースや、パトカーだらけの中を走るレースもある。 それをクリアするとボーナスカーがもらえる。

旗取りレース - 相手よりも旗を早く取り、それを目的地にもっていくモード。 相手にぶつけられると旗が取られるので注意が必要。 また制限時間、点数も上げ下げできるので、好きにあわせられる。

シティドライブ - 好きにロンドン、ニューヨークの町を走れる。交通量、通行人の量が変えられる他、天候も変えられる。 だが、ドライブをしていると乗用車からよくぶつけられる。またレースで獲得したボーナスカーなども好きに動かせられる。 ロンドンバスも運転できるが、ロンドン内のトンネルには入れないので注意が必要。他のロンドンバスはトンネルに普通に入るがトンネルに入る直前に小突くと入れなくなる(当たり判定が変化するため。衝突後に当たり判定が変化するのは後の作品でも同じである。)。

車種[編集]

ロンドンでは、郵便車、ロンドンバス、ブラックキャブ、レッカー車、工事用の車、小型トラック、その他の普通車が走っており、 ニューヨークでは、ニューヨークバス、郵便車(fedexの車だがゲームではmidexと書いてある)、レッカー車、パトカー、小型トラック、タンクローリー、その他の普通車が走っている どちらとも普通車はバン、セダン、ピックアップ、ワゴンが走っている。

なおキャリアモードでプレイヤーは序盤はイエローキャブに乗ることとなっている。

人種[編集]

女 - 若い女性がいる

男 - 若い男性の他、年老いたおじいさんが歩いている。

またこれらを轢こうとすると、横にダイブする。(おじいさんはよけられない) 声は おい!ジーザス や、 ジーザス! や 叫び声などがある。

景色[編集]

  • ロンドン - ビッグベンやロンドンアイ、ロンドンブリッジが再現されている。
  • ニューヨーク - ニューヨークタイムズが再現されている。また、地下に駐車場があり、船に飛び乗ることもできる。

どちらの町も抜け道が多く、レース時に活用したい。

クエストモードで登場するライバル達[編集]

ニューヨーク[編集]

エミリオ・サンチェス
日本語版キャラクターボイス(以下) - 山崎たくみ
プレイヤーが最初に戦う相手。バスタング(英名はCrusero)というローライダー系のマッスルカーを操る。
ラリー・ミューラー
声 - 松本大
マフィアにコネがあるとうわさされるほど有名な倉庫管理を勤める男[2]。KJ(英名はJones)というピックアップを操る。
ケイコ・ハタノ
声 - 松谷彼哉
ブランド服を着ており一見クールに見えるがステアリングを握ると別人になる日本人女性。CR-Z(英名はPiranha)というコンパクトカーを操る。
カリーム・ウィンドロス
声 - 宗矢樹頼
ニューヨークの権力者で全米最速と豪語するほどの自信を持つ走り屋[2]。彼を倒すとロンドンへ進むことができる。フェニックス(英名と共通)というマッスルカーを操る。

ロンドン[編集]

ルーカス・ハウエル・ジョーンズ
声 - 堀内賢雄
優れたドライビングテクニックがあるが熱くなりやすい性格でよくミスをする。マーチン(英名はModicum)というコンパクトカーを操る。
エミリー・モートン
声 - 日野由利加
完璧すぎるルックスやプロポーション、才能、金など全てを手に入れ、チャンピオンの称号を狙う女性ドライバー。メルザデス(英名はAscent)というセダンを操る。
ダレン・サロック
声 - 大塚芳忠
周到で非情なビジネスを駆使して巨万の富を築いた男。フェリーラ(英名はAmata)というスーパーカーを操る。
ワールドチャンピオン
声 - なし
その素性はほとんど知られていないレーサー。正体は「アニカ」という女性ドライバーで日本人とアメリカ人のハーフ。ローカス(英名はZender)というスーパーカーを操る。

脚注[編集]

  1. ^ 【PS2 MIDNIGHT CLUB】真夜中の市街地を縦横無尽に走りまくるレスポンス公式サイト
  2. ^ a b 日本語版解説書にて。

外部リンク[編集]