Rockstar Games

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テイクツー・インタラクティブ > ロックスター・ゲームス

Rockstar Games(和訳:ロックスター・ゲームス、ろっくすたー・げーむす)とは、米国ニューヨークに本社が設立されている大手ゲームメーカーであり、 Take-Two Interactive Software の1つのブランド(傘下)である[1][2]。また、日本でも主に『グランド・セフト・オートシリーズ』や『L.A.ノワール』、『レッド・デッドシリーズ』で知られている。

ロックスター・ゲームス
Rockstar Games.inc.
Rockstar Games Logo.svg
種類 非公開会社
略称 RG
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州
設立 1998年12月 (20年前)
業種 エンターテインメント
事業内容 オフライン・オンライン向けのゲーム制作と販売
代表者 Sam Houser, Dan Houser
従業員数 2,000人 (2018年)
所有者 テイクツー・インタラクティブ
主要株主 テイクツー・インタラクティブ
主要部門 Rockstar North
Rockstar Leeds
Rockstar San Diego
主要子会社 Rockstar North
Rockstar Toront
Rockstar Leeds
Rockstar San Diego
Rockstar india
Rockstar International
Rockstar Lincoln
Rockstar London
Rockstar New England
RAGEテクノロジーグループ
Rockstar Vienna(閉鎖)
Rockstar Vancouver(閉鎖)
外部リンク https://www.rockstargames.com/jp/
テンプレートを表示

概要[編集]

主にオープンワールドクライムアクションゲームを開発(販売)することが多い。

世界で2億2000万本以上売り上げ[3]、世界的有名なグランド・セフト・オートシリーズを生み出したことで世に名が知れ渡ることになった。

ロックスター・ゲームス』といっても、実際は複数のロックスターブランドを冠する会社からなる。ロックスターのゲームの起動時に何か色違いの同じロゴが、2回出てくるのは、それぞれ最初のロゴがロックスター・ゲームス全体としてのロゴ、次に出てくるのがロックスターの中でもどこの会社が関連したかを示すロゴである。

作品内容に暴力性的表現、反社会的内容やタブーが豊富に盛り込まれているため、日本などの国によっては大幅な表現規制をかけられたり、タイでは全GTAシリーズ発売禁止になっている事も多い[4]

また過激な表現が多いため、市民団体や規制団体、銃規制団体、『グランド・セフト・オートIV』では、飲酒運転撲滅団体から反感を買い、訴訟問題にまで発展した事例もある[5]。その最も有名なものが、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』の「ホットコーヒー問題」である。

また日本では、神奈川県が『グランド・セフト・オートIII』を有害図書に指定し[注 1]、CEROが新しいレーティング「CERO: Z(18才以上のみ対象)」を製作するきっかけともなった。

ただ、会社としては過激な表現のゲームを作るだけで、リアリスティックで大人向けな脚本や風刺、他社のゲームが影響を受けるほどのゲームシステムや、高い技術力で表現される映像美についてはゲーム界から高い評価を獲得し、世界でも屈指の実力を持つゲーム開発会社とも言える。

使用しているゲームエンジン[編集]

制作された短編映画[編集]

  • 1999年に公開 『GTA 2:ザ・ムービー』 ジャンル:犯罪ドラマ
  • 2004年に公開『サッカー工場』ジャンル:ドラマ
  • 2004年に公開『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス 紹介』ジャンル:犯罪ドラマ
  • 2005年に公開『日曜日の運転手』ジャンル:ドキュメンタリー
  • 2010年に公開『レッド・デッド・リデンプション:ブラック・ウォーターの男』ジャンル:西部劇

子会社[編集]

ロゴ 名前 シート 注釈
RAGEテクノロジーグループ アメリカカールスバッド (カリフォルニア州) 2006年
Rockstar india インドバンガロール 2016年 3月1日
Rockstar Leeds イギリスイングランドリーズ 1998年 4月15日(メビウスエンターテイメント株式会社
Rockstar Lincoln 1997年(タランチュラスタジオとして)
Rockstar London イギリスロンドン 2006年
Rockstar New England アメリカアンドーバー (マサチューセッツ州) 1999年(Mad Docソフトウェア、LLCとして
Rockstar North イギリススコットランドエディンバラ 1987年(DMAデザインリミテッドとして)
Rockstar San Diego アメリカカールスバッド (カリフォルニア州) 1984年(Angel Studios、Inc.として)
Rockstar Toront カナダオークビル (オンタリオ州) 1994年(オルタナティブリアリティテクノロジーズとして)

かつて存在したゲーム開発スタジオ[編集]

ロゴ 名前 シート 財団 閉鎖 注釈
Rockstar Vancouver バンクーバー (カナダ) 1998年(Barking Dog Studios Ltd.として) 2012 2012年7月9日に従業員は、Rockstar Torontと合併し、ゲーム開発を正式に終了した。
Rockstar Vienna オーストリアウィーン 1993年(Neo Software Produktions GmbHとして) 2006 2006年5月11日にゲーム開発スタジオを閉鎖し、すべての従業員を解雇された。

主要ゲーム開発スタジオ[編集]

主な作品一覧表[編集]

A桁[編集]

B桁[編集]

E桁[編集]

G桁[編集]

L桁[編集]

M桁[編集]

O桁[編集]

R桁[編集]

S桁[編集]

T桁[編集]

W桁[編集]

Social Club[編集]

全世界中(日本も対応)で1億人以上のユーザーがサインインしており、Rockstar Gamesが運営している、世界中の人と共有できる無料サービスである。

主に『グランド・セフト・オートV』や『レッド・デッド・リデンプションII』などのオンラインモードが人気で、ゲーム内の撮影モードなどで、複数人のオンラインプレイヤーでの撮影などを他人に見てもらいたい時に投稿出来る。

関連項目[編集]

テイクツー・インタラクティブ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 残虐性を理由にしたゲームソフトの有害図書類指定は全国で初めてであった[6]

出典[編集]

外部リンク[編集]