矢田耕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やだ こうじ
矢田 耕司
プロフィール
本名 矢田 弘二
(やだ ひろじ)
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京府
(現:東京都
生年月日 (1933-04-15) 1933年4月15日
没年月日 (2014-05-01) 2014年5月1日(81歳没)
血液型 A型
身長 165cm
所属 青二プロダクション(最終所属)
配偶者 あり
活動
活動期間 1950年代 - 2014年
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

矢田 耕司(やだ こうじ、1933年4月15日 - 2014年5月1日[1])は、日本男性声優俳優ナレーターである。東京都出身。本名:矢田 弘二[2](やだ ひろじ)。

経歴[編集]

劇団青い実の会からテアトル・エコーを経て、最後は青二プロダクションに所属していた。青二プロダクションの創立メンバーの一人。仙人や老人など、高齢の人物を演じるケースが多かった。

特撮番組『アクマイザー3』では主役の一人イビルを演じていた。平成になって昭和特撮が再び注目されるようになり、矢田もインタビューを受けたが開口一番「そんなのやってたかあ、忘れちゃったなぁ」と答えている。

アニメ『聖闘士星矢』にて持ち役であった老師こと天秤座の童虎を演じていた頃、犬を飼っており、その犬の顔が童虎に似ていたため、「お前の役をやってくるぞ」と言ってスタジオに行ったとのこと[3]。またOVA聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編』では、童虎が仮死状態の老人姿から若返ったという設定で、青年姿を堀内賢雄が演じた。矢田はそれを残念がっていたという。

2014年5月1日午後2時19分、慢性腎不全のため死去したことが、所属事務所である青二プロダクションの公式サイトにて発表された。81歳没[1]。5月19日には、文化放送の『青山二丁目劇場』で追悼番組として、矢田自身も「会心の出来だった」と評価する『ひび割れたフルムーン』が放送された[4]

後任[編集]

矢田の死後、持ち役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1965年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1994年

1995年

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 週刊ストーリーランド「相続のゆくえ」(執事)
  • ONE PIECE(2000年 - 2010年、ゼフ、ラウル、先代署長)

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2012年

2013年

OVA[編集]

1983年

  • 緑の猫(ヘック・ベン)

1984年

  • 黒い雨にうたれて(義男の父)

1986年

1988年

  • 銀河英雄伝説(1988年 - 1998年、セバスティアン・フォン・ミューゼル) - 2作品

1991年

1995年

1998年

2002年

2004年

2009年

  • 蟲極道 蜜団子抗争編

2010年

劇場アニメ[編集]

1970年

1972年

1973年

1975年

1978年

1979年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1989年

1990年

1992年

1993年

  • 三国志 第二部・長江燃ゆ!(黄蓋

1994年

  • 三国志 完結編・遥かなる大地(黄忠

ゲーム[編集]

1989年

1991年

1992年

  • ブライII 闇皇帝の逆襲(ロマール)

1993年

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2003年

2004年

  • 宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶(タラン将軍)
  • クイズマジックアカデミー2(サンダース)
  • DEAD OR ALIVE ULTIMATE(雷道)
  • ドラゴンボールZ 舞空闘劇(人造人間20号/ドクター・ゲロ)
  • ドラゴンボールZ2(人造人間20号/ドクター・ゲロ)

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2014年

  • ONE PIECE ワンピースキングス(ゼフ)

吹き替え[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

1966年

1967年

1968年

1971年

1973年

  • ロボット刑事(ナナツマンの声、スプリングマンの声、ハグルマンの声)

1974年

1975年

1976年

2000年

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • オールナイトニッポン
    • 宇宙戦艦ヤマト(タラン将軍)
    • さらば宇宙戦艦ヤマト(タラン将軍、地球防衛軍参謀長)
  • 箱根駅伝応援スペシャル〜5夜連続ラジオドラマ「風が強く吹いている」(大家)
  • NHK-FM サウンド夢工房「ガール・ミーツ・ボーイ」(1990年)
  • NHK-FM 青春アドベンチャー
    • 新ガリバー旅行記(1998年) - じいさん
    • 封神演義(1998年) - 姫昌
  • 青山二丁目劇場
    • 赤井英和 どついたるねん(2007年) - 浅田校長、エディ・タウンゼント
    • 風が強く吹いている(2007年) - 田崎源一郎
    • 籐子の恋(2007年) - 鈴木義彦
    • 佐武と市捕物控(2008年) - 彌八
    • かけることの2(2009年) - 町内会長
    • こい!ここぞというとき(2009年) - 町内会長
    • 三国想話(2009年) - 王蝉
    • 愛しい偽りの老婆(2010年) - 柳俊太郎
    • 怪傑!シルバー窃盗団(2010年) - 鈴木秀輝
    • 三丁目の夕日 夕焼けの詩(2011年) - 安達信夫
    • SHINIGAMI(2012年) - 深町光郎
    • シーサイドハウス(2012年) - 稲葉博之
    • たのきゅう(2013年) - うわばみ
    • 絶対友情探偵(2013年) - 大沢
    • ホタルコンシェルジュ(2013年) - 岡村
    • ひび割れたフルムーン(2013年) - 博司
    • えびす食堂(2014年) - 老紳士
  • 花の慶次(2011年) - 村井若水

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

テレビドラマ[編集]

CMナレーション[編集]

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 声優・矢田耕司さんが死去 『ONE PIECE』ゼフ役などで活躍”. オリコン (2014年5月1日). 2014年5月2日閲覧。
  2. ^ 『声優名鑑』、665頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  3. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「激録!コメント星矢」『聖闘士星矢 アニメ・スペシャル』集英社、1988年7月13日、雑誌29939-7/13、120頁。
  4. ^ 声優・矢田耕司さんの追悼番組の放送が決定。5月19日20時30分~21時”. アニメイトTV. 2014年6月1日閲覧。
  5. ^ ミュンヘンへの道”. メディア芸術データベース. 2016年8月8日閲覧。
  6. ^ ラ・セーヌの星”. メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。
  7. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  8. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  9. ^ フーセンのドラ太郎”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  10. ^ トランスポーター2”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]