半保護されたページ

山田タマル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田タマル
出生名 山田たまる
生誕 (1982-12-01) 1982年12月1日(38歳)[1]
出身地 日本の旗 東京都杉並区[1][2]
学歴 早稲田大学第二文学部
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ヴォーカル/アコースティックギター
活動期間 2005年 -
レーベル 江戸屋株式会社(2005年 - 2006年
BMG JAPAN2006年 - 2008年
事務所 POWERPLAY2006年 - 2011年
共同作業者 山田勝也(2006年 - 2008年
公式サイト http://www.tamaru-web.com/

山田 タマル(やまだ たまる、1982年12月1日 - )は、日本の女性シンガーソングライター東京都杉並区出身[1][2]東京都立西高等学校早稲田大学第二文学部卒業。2011年から2016年にかけて、「タマル」として活動していた。

人物

  • 幼い頃から父や母の影響で、洋楽・主にジャズやカントリーを聴いて育つ。
  • 高校生の頃よりアコースティックギターを始め、自身で楽曲を作るようになる。2000年、高校3年生の時に出場した音楽コンテストで優勝し、自主制作で作品を2枚発表する。
  • 以後は早稲田大学へ進学。大学在学中は文学部で学ぶかたわらで映像にも興味を持ち、2003年度第16回ACC学生CMコンクールにも作品を応募し、ラジオCM部門の銅賞を受賞している。
  • 大学卒業後は品川原美術館に就職し、受付勤務をしていた。メジャーデビューを期に退職したが、2007年6月1日にその原美術館においてスペシャルライブを行った。
  • あまりにも朝が弱く目覚まし時計では起きないため、自ら編み出した「骨伝導式携帯電話起床法」(バイブレーション機能にした携帯電話を身体に接着させて、バイブレーションによって目覚めるというもの)で起床しているという。当初は頭に紐で縛って寝ていたが、頭痛や骨の歪みを考慮して、後に鎖骨に携帯電話を当てるようにしたという。
  • 趣味はスポーツジョギング)、ヨガ神社仏閣聖堂巡り。
  • 座右の銘は「温故知新」。

略歴

ディスコグラフィー

詳細は各作品の項目を参照。

シングル

アルバム

メジャー

  • 回廊(2006年12月6日
  • TVアニメ『フルメタル・パニック!Invisible Victory』OP/ED主題歌集Operation Able(2018年5月9日
  • 山田タマル ALL-TIME BEST とっくに愛してる(2018年10月24日)- ベストアルバム

インディーズ

参加作品

出演

CM

舞台

脚注

  1. ^ a b c 山田タマル(やまだたまる)のプロフィール・画像・出演スケジュール”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2020年8月22日閲覧。
  2. ^ a b 山田タマル - CDJournal”. CDJournal. 音楽出版社. 2020年8月22日閲覧。

外部リンク