長門有希ちゃんの消失

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長門有希ちゃんの消失
ジャンル 恋愛学園コメディ
漫画
原作・原案など 谷川流
いとうのいぢ(キャラクター原案)
作画 ぷよ
出版社 角川書店
掲載誌 ヤングエースザ・スニーカー
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2009年Vol.1 - 2016年9月号
巻数 既刊9巻(2015年10月現在)
アニメ
原作 谷川流
監督 和田純一
シリーズ構成 待田堂子
キャラクターデザイン 伊藤郁子
音楽 加藤達也
アニメーション制作 サテライト
製作 北高文芸部
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2015年4月4日 - 7月18日
話数 16話+OVA1話
ラジオ:長門有希ちゃんの消失 北高文芸部ラジオ支部
放送期間 2015年4月23日 - 2015年12月28日
放送局 ランティスネットラジオ
放送時間 毎週月曜日22時
放送回数 37回
放送形式 ストリーミング
パーソナリティ 茅原実里(長門有希 役)
桑谷夏子(朝倉涼子 役)
構成作家 渡邊純也
ディレクター 小林順
提供 北高文芸部
関連作品
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメラジオ

長門有希ちゃんの消失』(ながとゆきちゃんのしょうしつ)は、ぷよによる日本漫画作品。『ヤングエース』(角川書店)2009年の創刊号から2016年9月号まで連載された。谷川流のライトノベル『涼宮ハルヒシリーズ』の公式パロディ、および『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のスピンオフ漫画

概要[編集]

涼宮ハルヒシリーズ」(原作)、およびその公式パロディで、本作と同じ作者の漫画『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』に登場するキャラクター・長門有希を主人公としたスピンオフ作品。原作第4巻『涼宮ハルヒの消失』の内容をベースに、原作とは異なった世界観で起こるラブコメディを、通常のコマ割り形式で描いている。キョン視点の本編とは異なり基本的に長門視点でストーリーは進行していく。『ヤングエース』創刊直前に発行されたプレビューマガジンで初掲載され、その後『ヤングエース』の創刊号より連載開始(まれに『ザ・スニーカー』において『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の代わりに本作の出張版が掲載されていたが、本誌の休刊のため終了した)。

2013年12月18日、本作のアニメ化が進行中であることが発表された[1]

本作は『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』で長門が作ったギャルゲー(単行本2巻収録)[注 1]や、『涼宮ハルヒの消失』のパロディであるエピソード「涼宮ハルヒちゃんの消失」(単行本第3巻収録)の設定や影響が強く反映されているが、それらのエピソードと本作のストーリーに直接の繋がりはない。

本作の特徴の一つは、「涼宮ハルヒシリーズ」を原作としつつ、原作の話の基礎になっていた、「長門有希や朝倉涼子らが宇宙人」、「朝比奈みくるが未来人」、「古泉一樹が超能力者」、「涼宮ハルヒに願望を実現できる能力がある」、などの特殊な能力の設定が受け継がれず、「涼宮ハルヒシリーズ」に登場する全てのキャラクターが普通の人間(一般人)になっている所である[注 2]。そのため、一部原作のエピソードを元にした話でも、全員が一般人に置き換えられ、内容や結末を改変している。また、原作よりも時間進行が早く、単行本3巻の時点で長門たちは2年生(みくる達は3年生)に進級している(ちなみに原作では2年生に進級した際にも長門とキョンは別のクラスだったが、本作では進級したことにより長門とキョンたちが同じ5組になっている)。

単行本1巻の作者コメントによると、ハルヒシリーズの編集者が「これはスピンオフとかではなく、もはやリビルド」と言ったことから、本作はこの言葉を元に「リビルド」をキャッチコピーとしている。 話数は全て「Epilogue ○(話数)」と表記されているが、単行本3巻のコメントによると、本作が「ハッピーエンドの後のエピローグ部分を描く」というテーマから作られ、作者自身も「本編の数年後などを描いたエピローグがある物が好きなため」だという。 また、単行本4巻のコメントでは「奇数巻ではコメディー要素が多く、偶数巻ではラブストーリー要素が多い」という説明を書き、最後に「比重の話は嘘です」と締めているが、この比重は実際に当てはまる傾向にある。

漫画版単行本では題名の『消失』の英訳に"vanishing"が当てられていたが、TVアニメのロゴ等では"disappearance"となっている。『涼宮ハルヒの消失』の英題は後者。

あらすじ[編集]

少し内気で普通の少女・長門有希は自らが部長を務める文芸部の存続を祝うため、そして部の存続に協力してくれた少年・キョンに想いを告白するためにクリスマスパーティーを企画していた。長門の親友である朝倉涼子、書道部の朝比奈みくる鶴屋さんの協力でパーティーは無事開催され、長門は告白こそ失敗したものの充実した時間を過ごす。自らの居場所を再確認した長門は、部の存続にあたって自らが決断するきっかけとなった少女のことを思い出していた。

パーティー翌日、長門とキョンは件の少女・涼宮ハルヒと再会する。文芸部に興味を持ったハルヒは他校の生徒であるにも関わらず、お供の古泉一樹と共に部室に入り浸り始め、静かだった文芸部は賑やかな空間になっていく。ハルヒの起こす事件やイベントに翻弄されながら長門とキョンは少しずつ互いの距離を縮めていくのだが、キョンが長門の想いに気付く気配は無く、長門の恋路は前途多難かに思われていた。

しかし、ある雨の日に長門は交通事故に遭遇。転倒に起因する記憶障害によって彼女の中に別の人格が生まれ、本来の人格が眠りについてしまう。長門の異常に気付いた朝倉とキョンは本来の長門の帰還を望みつつも別人格の長門を否定することは出来ず、彼女を見守りながら普段と変わらぬ日常生活を送り始める。やがて別人格の長門もキョンへの恋愛感情を自覚するが、同時に睡眠を取る毎に記憶が統合されていること、そして記憶障害で発生した自身が消える事に気付いてしまう。彼女は最期にキョンへの想いを告白し、あえて返事を聞かぬまま消失していった。

一方、消える間際に告白を受けたキョンは動揺。帰還を遂げた本来の長門との距離感が掴めなくなってしまう。しかし、その態度が彼女を傷つけていることに気付いたキョンは、本来の長門に聞こえない形で別人格の長門へ返事を伝える事で気持ちを整理し、以前の関係を取り戻すことに成功する。その後、文化祭における佐々木との再会を経て、自らが長門への恋愛感情を抱いていることを自覚したキョンは、二度目のクリスマスパーティーの最中に長門から告白を受け、自らもその場で告白を返した。

こうして遂に長門とキョンは恋愛関係になったが、二人の恋路を見届けた朝倉は、以前から両親に打診されていたカナダへの留学を決意しつつあった……

登場人物[編集]

原作での設定は「涼宮ハルヒシリーズの登場人物」、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』での設定は「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱#登場人物」を参照。

県立北高校[編集]

長門 有希(ながと ゆき)
- 茅原実里
本作の主人公。北高に通う1年生(物語途中より2年生)で文芸部部長。市立図書館での出来事がきっかけで、同じく北高に通う男子生徒「キョン」に恋をしてしまい、ゾッコンな面を持っている。原作での無感情、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』での無感情で天然ボケな長門と違い、内気で少々抜けているが、とても感情豊かで、パニックになると奇行を起こす。キョンにはいつか自分の気持ちを告白したいと考え、何度か実行しているが、毎回肝心な所で邪魔が入り失敗していた。また、かなりの食いしん坊で、食べ物に釣られて行動してしまうことも多い。趣味は読書とゲーム[注 3]。服装も原作は制服のみ『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』が一部シーンのみが私服であったのに対して、本作は殆どが私服であり、逆に制服は学校以外で着ることは殆どない。字が非常にうまく、コンピューターの書体のような文字を手書きすることができるほか、進学校レベルの数学も解くことができるほど頭がいい。しかし、説明は下手で、朝倉曰く「宇宙語」。住まいはマンションで、一人暮らし[注 4]。また極度の近眼で、メガネを外すと歩くのもおぼつかない。脳内会議の際には、頭の中に『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』に登場したウサギ型ヘッドホンを付けた長門が現れる。2年生に進級する際のクラス替えで、キョンや朝倉と同じクラスになった。その後、文芸部での活動や文化祭などを経てキョンとの関係を深めていき、鶴屋邸で開催された二回目のクリスマスパーティーの最中に告白。遂にキョンと恋愛関係になったが、その事実を周囲には公言していなかった[注 5]。単行本の幕間には、髪を伸ばしてポニーテールにした未来の姿、通称:嫁長門が描かれることもある。
別人格の長門
声 - 茅原実里
車と接触しかけて転倒した際に一時的に現れた人格で、医師からは事故の際の衝撃に起因する記憶障害が原因で現れたと診断されている(本人曰く、記憶が無くなったわけではないが、それを自分の記憶とは認識できない状態)。単行本4巻に登場。性格は「涼宮ハルヒの消失」での時空改変前の長門に近く、寡黙であり、表情もほとんど変化しない。また、自身を「脳の異常で発生した存在」と自覚していたため、朝倉やキョンに対して当初は遠慮がちに接していた。ゲーム好きから本好きに変わったり、「宇宙語」を使わずにキョンに勉強を教えられるなど嗜好や能力が変化したが、朝倉曰く「食べ方や量は変わっていない」とのこと。本来の長門が抱いていたキョンへの恋愛感情は「今の私には分からない」と感じていたが、彼と日常生活を送る中でそれを理解し、自らもキョンに惹かれていく。だが、それを自覚した直後、睡眠するにつれて記憶が統合されていくこと、そしてあと一回眠れば自身が消えることに気付いてしまう。最期は親友である朝倉と共に穏やかな一日を過ごし、想い人のキョンへ電話越しに告白した後、あえてその返事を聞かないまま消失した。なお、元の人格に戻った本来の長門は、戻る直前の夢の中でこの別人格の長門と会話をしており、別人格の長門が経験した出来事についての記憶を教えてほしいと頼んだが、別人格の長門が断ったため、人格が変わっていた間の記憶は有していない[注 6]
キョン
声 - 杉田智和
北高に通う1年生(物語途中より2年生)で文芸部部員。「キョン」というのは原作の設定と同じくあだ名で、本名は不明。本作では元からこの世界の住人として登場している[注 7]。図書館で貸し出しカードを作れず困っていた長門を助けたことで知り合い[注 8]、その後、長門に廃部寸前の文芸部に誘われて入部する。また、文芸部に入部した直後に朝比奈みくると廊下でぶつかったことがあり、それをたまたま目撃していた鶴屋さんが、キョンがみくるを襲っていると勘違いしてしまい、それ以来なぜか勝手に「みくるファン倶楽部」に入会させられている(会員証のナンバーは119番)。キョン自身はこの件をとても迷惑がっており、そのためか、原作の様なみくるを過剰に持ちあげる言動は取っていない。学力の方はあまり良くないようだが、原作でキョンの成績は明言されていないため、メタ発言でぼやかされている。ただし、物分りは良く、別人格の長門に、一度勉強を教わっただけで理解し、次のテストでは余裕を見せた[注 9]。原作と同様に妹がおり、長門と出会った日、キョンが図書館にいたのは妹が借りる本を探すためであった。中学1年の時、中学校の校庭に宇宙へのメッセージを書こうとしたハルヒと1度出会っており、その際にハルヒに対して自身の名前を聞かれ「ジョン・スミス」と答え、年齢も「高校1年生」と偽った[注 10][注 11]。ハルヒはこの時の相手がキョンであることに、キョンのある一言がきっかけで北高に出入りするようになってから気付いているが、キョンからはこの出来事の描写がないため、以前にハルヒに出会っていたことに気付いているかどうかは不明[注 12]。朝倉から長門の人格が変わったことを知らされた際には、その事実を即座に受け止めて別人格の長門が負担を感じずに生活できるよう振舞うなど察しの良さを見せている。一方で自身への恋愛感情に対しては鈍感であり、長門からバレンタインチョコをもらったり、ハルヒがキョンにチョコを渡しているのをみた長門がショックを受けるのを見ても、彼女の想いに全く気付かなかった。佐々木からの告白同然の提案に対しても真意に気付いた様子はない。別人格の長門から「好き」と告白された際には、彼女が消失しかけている事を察知して駆けつけたが、彼女の下に辿り着いたときには既に手遅れだった[2]。その後、別人格の長門からの告白を意識して本来の長門への態度もぎこちなくなってしまうが、夏祭りの日に別人格の長門の告白に対する自身の答えを、本来の長門に向かって聞こえないよう花火が上がる中で話し、吹っ切ることができた。その後は改めて長門のことを異性として意識し始めていき、12月の時点で恋愛感情を自覚。二度目のクリスマスパーティーの最中に長門からの告白を受け、動揺して逃げそうになった彼女に自らも告白を返して恋愛関係となった。当初は「ちゃんと付き合おう」というプレッシャーを感じていた為か、付き合い始めたことを周囲に隠していたが、バレンタインでの初デートをきっかけに公言している[3]
物語上、彼の周りには個性的すぎるメンバーが多いため、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のキョンと同様、損な役回りになったり、ツッコミ役になることが非常に多い。一方、単行本5巻以降は彼視点で物語が進行するエピソードも多く、原作主人公らしい活躍を見せることも多い。また、この作品のアニメ化以降は、全シリーズの全話に登場する唯一の人物となった。
朝倉 涼子(あさくら りょうこ)
声 - 桑谷夏子
北高に通う1年生(物語途中より2年生)で、長門と同じマンションに住む長門の親友。しかし、一人暮らしの長門を気遣って、ほぼ毎晩長門の部屋に行っては夕食を作ったり、ゲームばかりする長門を叱ったりと、作中ではよくお母さん的存在とされる。両親はカナダに赴任中で、本人も一人暮らしである。また、キョンのクラスの委員長でもあり、優等生[注 13]。そのため最初は部活動に参加していなかったが、廃部寸前の文芸部を守るために部員を集めていた長門に誘われ、キョンと同時期に入部している。基本的には長門に甘いものの、彼女が甘え過ぎと感じる時は厳しい態度を取るなどさらに母親属性を発揮している。また、長門がキョンを好きな気持ちをもっとも理解しており、さりげなく長門に助言やアドバイスを行っている[注 14]。とにかく何でもこなすことができ、1度鶴屋さんと激闘(料理対決など20本)を繰り広げ、それ以降お互い仲がよい。本作では完全に一般人なので、原作や『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』のような、キョンを殺そうとする描写や考えはまったくなく[注 15]、むしろ上記のように他の人を助けてくれる存在なのだが、時にはハルヒでさえも驚く(またはドン引きする)ほど大胆な行動に打って出ることがある。単行本4巻で、長門の人格が変わったことを最初に見抜いた人物であり、当初は動揺して病院に長門をつれていくなど、回復方法を模索するが、後に自然と元に戻ることを待つようになり、別人格の長門ともいつも通りの親友として接した。このことは別人格の長門にも非常に感謝されていた。「美人」など自分の容姿を褒められると興奮して取り乱す傾向にある。なお、自分の容姿がいいことを否定はしない。単行本9巻のラストにおいて、両親から打診されていたカナダへの留学を決意している。
原作小説では早期に退場したキャラクターだが、この作品では長門、キョンに次ぐ準主人公的な立ち位置であり、アニメ版にも全話に登場する。
朝比奈 みくる(あさひな みくる)
声 - 後藤邑子
北高に通う2年生(物語途中より3年生)で書道部部員。学校では男子にとても人気があり、そのため鶴屋さんによって、勝手にファンクラブが設立されている。未来人ではなくなっていること以外は原作の設定とほとんどかわりのないキャラクターであるが、本作ではハルヒではなく鶴屋さんに振り回されていることが多い。また、携帯には『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』でみくるが扮した羊に似たストラップをつけている。原作では長門を苦手とする設定があり、本作でも当初こそあまり話せなかったが、バレンタイン以降は彼女の恋を応援しており、要所でアドバイスを送るなど先輩と後輩として良好な関係を築いている。そのため長門からも尊敬されており、卒業式の際には改めて感謝の言葉を送られている。3年生の時の文化祭で、ハルヒのバンドでタンバリンを演奏した。
原作小説では主要キャラクターの一人だが、本作では登場しないエピソードも多い。
鶴屋さん(つるやさん)
声 - 松岡由貴
北高に通う2年生(物語途中より3年生)で書道部部員。みくるの親友で、いつも行動を共にしているが、勝手に「みくるファン倶楽部」を設立し、創設者として会員番号001番となっている。また、キョンを勝手にこのファン倶楽部に入会させており、当初はキョンから恐れられていた。朝倉と同様で、非常に何でもこなすことができるうえに武闘派。天敵は森先生で、なぜか森先生の気配だけが察知できなかったことに驚いている。裕福な家の子であり、長門たちが何かをしようとすると色々な物を援助してくれている。卒業の際にはハルヒからも「とくに金銭面で」感謝されている。書道部部員であるが、文化祭では2年生の時は軽音楽部の欠場したメンバーの代役でギターを、3年生の時はハルヒのバンドでドラムを演奏している。ハルヒが本編に大きく関わるまでは、物語を最も引っかき回していたキャラクターである。
谷口(たにぐち)
声 - 白石稔
キョンが高校入学後に知り合った同級生の男友達。国木田と共に文芸部存続のために名前だけ貸して文芸部に在籍している(幽霊部員)。本人が初めて登場したのは単行本4巻。ただし、物語に参加するようになるのは単行本第6巻より。常に女子にモテることを考えており、女子を勝手にランク付けしている。その中で「AAランク+(プラス)」に入っている朝倉に文化祭の手伝いを頼まれ、文化祭が共同開催される光陽園学院を(女子をナンパするために)訪れた。そこで段ボール箱を運んでいた九曜と衝突、鼻血を出させてしまうが、手当てをした事がきっかけで彼女から好意を持たれ、一緒に文化祭を回っている。その後も順調に交際が継続しているらしく、キョンにバレンタインデートの相談をしたことがキョンと長門の初デートのきっかけとなった。
アニメ版では単行本2巻のエピソードに相当する第4話で早々に登場した。
国木田(くにきだ)
声 - 松元惠
キョンの同級生でキョンとは同じ中学出身の男友達。谷口と共に文芸部存続のために名前だけ貸して文芸部に在籍している(幽霊部員)。本人が初めて登場したのは単行本6巻で、谷口と共に光陽園学院へ文化祭の手伝いに行く。佐々木とも中学が同じため顔なじみ。現在でも全国模試の会場で一緒になることがあるという。そのため、文化祭では佐々木の相談を受けている場面がある。
谷口と同じく、アニメ版では第4話から登場した。
黄緑 江美里(きみどり えみり)
北高に通う3年生で生徒会長の側近。単行本5巻の巻末に掲載された番外編で初登場。本編では単行本6巻より登場。長門や朝倉より1学年上であるが2人とは幼馴染の仲良し3人組。長門曰く、朝倉は彼女には頭が上がらないらしい。また、キョンたち行きつけの喫茶店「珈琲屋 夢(ドリーム)」でウェイトレスのバイトをしており、キョンと長門の初デートの際にはあからさまに2人を祝福していた。
原作や『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』に登場する緑 江美里と絵柄はほぼ同一であるが、一文字違いになっている[注 16]
森 園生(もり そのう)
声 - 小見川千明[注 17]
北高の体育教師。暴走した武闘派な鶴屋さんを簡単に止めることができるなど、謎の多い人物。原作では機関のメンバーであり、パートタイムでメイドをしていたという立場から考えると、もっとも原作との立ち位置が違うキャラクターである。
なお、アニメ第8話では同姓同名のよく似た人物が旅館「鶴寿館」で仲居として登場しているが、上記の森園生と同一人物かは不明である[注 18]

光陽園学院[編集]

涼宮 ハルヒ(すずみや ハルヒ)
声 - 平野綾
光陽園学院に通う1年生(物語途中より2年生)。原作(消失を除く)や『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の時より髪が長い[注 19]。性格は原作より穏やか。ある冬の夜中、コンビニから帰る途中の長門と偶然出会い、公園で「サンタへのメッセージ」を描くための予行演習に長門を無理矢理協力させる。しかし、その貪欲な姿勢はその時、文芸部存続の危機に悩んでいた長門の気持ちに大きく影響を与えることになった[注 20]。その後、クリスマスイブからクリスマス当日にかけて、サンタを捕獲しようと公園で張り込んでいたが、早朝、力つき倒れてしまい、たまたまそこを通りかかった長門とキョンによって助けられ、二人と関係を持つようになる。それ以降、どういうわけか古泉と共に北高の文芸部に現れるようになり[注 21]、「北高文芸部ミステリー部門臨時部員」を名乗って[注 22]文芸部の活動に参加している[注 23]。中学1年生の七夕の日に、自身の通っている中学校の校庭に宇宙へのメッセージを書こうとして、閉門している学校に不法侵入しようとしたところを、同じく中学1年のキョンに見つかり、そのままキョンにメッセージを全て書かせたことがある[注 11]。この際、キョンは自分のことを「高校1年生のジョン・スミス」と偽証し[注 10]、ハルヒは相手が高校生になってから再度出会うキョンであることに当初気づいていなかったが、この七夕の出来事の際、ハルヒがキョンに「宇宙人っていると思う?」と聞いた時に帰ってきた答えと、高校1年の時にカッパを探しにキョンと川へ行った際、「カッパっていると思う?」とキョンに聞いた時の答えが一致したことから、相手がキョンであったことに気づいている。そのためか、長門に1度、「彼(キョン)のことが好きなのか?」と問われ、「嫌いではない」と答えている。ただし、後に自身の好意が恋愛感情になりきっておらず、もしも自分が北高生としてキョンと過ごしていたなら恋をしていたかもしれないと述懐している。実は1年生の時の北高の文化祭で、怪我で出られなくなった北高軽音楽部のボーカルの代役を北高の制服を借りて行っており、その影響から2年生の時は文芸部でバンドを組もうと計画。しかしキョン、長門、朝倉に断られ、代わりに古泉、みくる、鶴屋さんと一緒にバンドを結成し演奏している。原作の設定と同じく、行動的で突拍子もないことを言いまくり、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出し一緒に遊ぶこと」を夢見ている。周りから「痛い人」と見られているせいか、キョンと鶴屋さん以外のキャラからは、たとえ先輩であろうとも殆ど「さん」付けでしか話しかけられていない。
普段は北高のメンバーや古泉を振り回しているが、朝倉と二人きりになった場合には長門を案ずる彼女の言動に振り回されることが多い。ただし、ハルヒにとって朝倉は対等に会話を交わせる数少ない同性の友人でもあり、普段は隠しているキョンへの想いを朝倉に打ち明けたこともある。
原作小説のメインヒロインではあるが、北高の生徒ではないため本作では登場しないエピソードも存在する。
古泉 一樹(こいずみ いつき)
声 - 小野大輔
光陽園学院に通う1年生(物語途中より2年生)。単行本1巻の後半でシルエットのみ登場し、単行本2巻より物語に参加。ハルヒと同じく北高文芸部ミステリー部門臨時部員。ハルヒの付き人的存在で、ほとんど行動を共にしている。ハルヒと行動を共にする理由は、古泉は光陽園学院に1年生の春ごろという中途半端な時期にやってきた転校生であり、そのため周囲から孤立していた所を、ハルヒが「謎の転校生」として素直に接してくれたため。しかし、「転校生」という属性にしか興味のないハルヒには最近飽きられつつあると思い少し焦っている。ハルヒのことを魅力的と感じ、素直に好きと認めている。2年生の時の文化祭で、ハルヒのバンドでバイオリンを演奏している。
原作小説の主要キャラクターではあるが、本作ではハルヒと同様に登場しないエピソードも存在する。
佐々木(ささき)
光陽園学院に通うキョンの幼なじみで、同級生の女子。単行本第5巻の終盤より登場。一人称は「僕」のボクっ子。長門やキョンらが2年生の北高文化祭が光陽園学院の文化祭と共同開催となり、文化祭実行委員のため北高にやってくる。そこに北高側の文化祭実行委員の朝倉の手伝いをすることになったキョンと再会する。キョン、国木田とは同じ中学校出身であり、中学時代から全国模試で上位に入るほどの秀才。キョンとはお互いに「親友」と口にするほど仲がよく[注 24]、中学時代はいつも一緒に塾に通っていたために周囲(特に国木田)から二人が付き合っていると勘違いされていた。キョンが文化祭の手伝いで光陽園学院に来ていた際、キョンの見ていた所で男子生徒に告白されている。その後、キョンに「告白した彼を幻滅させるため」という名目で付き合ってほしいと告白。あくまで恋人のふりをしてほしいということだったが、別人格の長門の告白を思い浮かべたキョンに、「嘘で付き合うのは不義理だ」と言われ断られている。なお、恋人のふりと言っているが、「付き合う期間は年単位が望ましい」と言っており、実際に「ふり」を求めていた様子ではない。告白してきた男子生徒には、その後「僕にも想い人がいる」と言って断っている。共同開催のため同じ文化祭実行委員になっている朝倉に、中学時代のキョンの面白い話を教えてくれと熱心に頼まれている。
周防 九曜(すおう くよう)
光陽園学院に通う女子。単行本第6巻より登場。原作小説とは異なり眼鏡を掛けているのが特徴。文化祭の手伝いに来ていた谷口と衝突して鼻血を出すが、同時に一目惚れしたらしく、一緒に文化祭を回っている。谷口が勢い余って下品な発言をしてしまった際には爆笑して「おもしろい人」と評している。バレンタインの時期にも交際は継続しており、キョンは二人がデートする姿を目撃している。

その他[編集]

キョンの妹
声 - あおきさやか
キョンの妹。単行本4巻で別人格の長門が回想した図書館での長門とキョンの出逢いのシーンに登場。単行本3巻でのGWの合宿にはキョンに振り切られたため登場しなかったが、夏休みの合宿にはキョンにねだり無理矢理付いて行っている。キョンと長門の関係に興味を持っており、彼女の発言がきっかけでキョンは自身の長門への想いを自覚することになる。
旅館「鶴寿館」従業員
アニメ第8話に登場した、文芸部一行が宿泊した旅館「鶴寿館」の従業員。ただし単行本3巻では「鶴寿館」の従業員は詳しく描写されていないため、アニメオリジナルの設定となっている。なお名前や容姿および森園生を除く3人の担当声優は、アニメ版の『涼宮ハルヒの憂鬱』に登場した「機関」関係者と同一である。
新川(あらかわ)
声 - 大塚明夫
旅館「鶴寿館」の料理長兼送迎車の運転手。文芸部一行には夕食時に料理長として挨拶をした。
森 園生(もり そのう)
声 - 小見川千明
来訪した文芸部一行を出迎えるとともに、仲居として荷物持ちや夕食の支度を行っている。
多丸 圭一(たまる けいいち)
声 - 井上和彦
来訪した文芸部一行を出迎えるとともに、チェックイン業務を担当する。
多丸 裕(たまる ゆたか)
声 - 森川智之
来訪した文芸部を圭一と一緒に出迎えるとともに、部屋までの案内を行う。

用語・設定[編集]

文芸部
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』や原作においてはSOS団のたまり場となっているが、『長門有希ちゃんの消失』においては、ちゃんとした部活で長門が部長という設定。同作においては長門1人しか部員がいないことから廃部の危機に立たされており、12月1日の時点で(長門を含めて)部員が5人集まらないと年内廃部という事態に追い込まれていた。最終的には長門の勧誘を受けたキョンと朝倉が入部し、状況を知ったキョンが谷口と国木田の名前を借りたことで無事存続できることとなった。しかし、部長である長門ですら部活中にゲームをしていたり、ハルヒ登場後は、そのハルヒが文芸部(と、書道部のみくると鶴屋さん)を巻き込んで勝手な行動に出たり、行事を催すことが多くなり、文芸部らしいことはあまりできていない。しかし、ハルヒは逆に、その自分が起こした行動や行事を、文芸部の活動として、文芸部らしく書類や冊子として北高に提出しているため、文芸部の活動は教師らからはまったく疑問視されていない。
書道部
原作では、みくるが入っていた部活として触れられたり、原作の『消失』で(ハルヒがいないために)みくるが書道部部員となったままでいる程度であったが、本作では、SOS団の存在しない日常を描いている関係で書道部の様子も少し描かれている。しかし、やはりみくると鶴屋さんは文芸部と関わっていることの方が多い。
光陽園学院
原作4巻『消失』で起こった、改変後の世界と同じく、女子校(お嬢様学校)ではなく、共学の進学校という設定。ハルヒがキョンと朝倉が現在勉強している授業の問題を見て、「去年の範囲」と言っていることから、授業の進度は北高より遥か先に進んでいる様子。北高文芸部と光陽園学院のハルヒ、古泉の関係は、物語途中よりハルヒが作成し、半ば強引に文芸部部長の長門にサインを書かせて北高に提出した書類によって、「部活動中の学校間交流」ということになっている。ハルヒや長門らが2年生の時の学園祭が北高での共同開催となった。なお、3年生は受験のために文化祭の参加が認められていない。

既刊一覧[編集]

単行本[編集]

タイトル ISBN 初版発行日
長門有希ちゃんの消失 1 ISBN 978-4-04-715405-6 2010年2月4日
長門有希ちゃんの消失 2 ISBN 978-4-04-715562-6 2010年11月25日
長門有希ちゃんの消失 3 ISBN 978-4-04-715773-6 2011年9月3日
長門有希ちゃんの消失 4 ISBN 978-4-04-120217-3 2012年5月2日
長門有希ちゃんの消失 5 ISBN 978-4-04-120498-6 2012年11月26日
長門有希ちゃんの消失 6 ISBN 978-4-04-120960-8 2013年12月26日
長門有希ちゃんの消失 7 ISBN 978-4-04-120960-8 2014年9月4日
長門有希ちゃんの消失 8 ISBN 978-4-04-101755-5 2015年3月4日
長門有希ちゃんの消失 9 ISBN 978-4-04-102882-7(オリジナルアニメBD付き限定版) 2015年10月26日
ISBN 978-4-04-102881-0(通常版) 2015年11月4日

テレビアニメ[編集]

2014年9月4日発売の『ヤングエース』10月号にて2015年TVアニメ化決定と発表。2014年12月18日に公式サイト上でスタッフ・キャストが発表され、2015年4月より7月まで放送された[4][5]

アニメーション制作は『涼宮ハルヒの憂鬱』の2006年と2009年のシリーズ、劇場版『涼宮ハルヒの消失』、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』を手がけた京都アニメーションからサテライトに変更され[6][7]、その他のスタッフもエグゼクティブプロデューサー、統括プロデューサー、音楽プロデューサー、音響監督、音響効果の一部スタッフを除きほぼ変更されている。放送話数は、TVシリーズの連続アニメとしては異例の全16話となった。

原作の第1巻から第5巻のエピソードをオリジナル描写を加えつつほぼ忠実にアニメ化しているが、予告編映像において「長門が改変した世界で営まれる、ごく普通の日常」という設定が語られており、この作品が『原作小説「涼宮ハルヒの消失」において、改変された世界を元に戻さなかった場合の世界を描いた作品』であることが示唆されている。ただし、作中に原作小説との関連性を直接説明するような描写は無い。一方で作者のぷよは「漫画の有希ちゃんは別世界とかパラレルとかそういう認識で大丈夫」と発言[8]しており、漫画版とアニメ版の世界観が異なる可能性も示唆されている。

なお、原作第9巻の限定版に収録されるBlu-ray Discに第17話にあたるOVA1話が収録された。内容は文芸部の夏休みを描いたものと予告されており[9]、実際のアニメ本編も単行本5巻「Epilogue39 夏休み 宿題」や、原作小説「エンドレスエイト」を基にしたオリジナルエピソードだった。なお、OVAには第17話用の次回予告が収録されている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「フレ降レミライ」(第2話 - 第17話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 佐々倉有吾 / 編曲 - 渡辺和紀 / 歌 - 北高文芸部女子会[長門有希(茅原実里)、朝倉涼子(桑谷夏子)、朝比奈みくる(後藤邑子)、鶴屋さん(松岡由貴)、涼宮ハルヒ(平野綾)]
エンディングテーマ「ありがとう、だいすき[10](第1話 - 第17話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - rino / 編曲 - Evan Call / 歌 - 茅原実里
ただし、第13話のみ伴奏が異なる曲が使用され、歌手名のクレジットも「長門有希(CV:茅原実里)」となっていた。また、エンディング映像も物語が進む毎に変化していき、第1話から第9話・第10話から第12話・第13話・第14話以降と、4種類の映像が存在している[注 25]

挿入歌[編集]

見つけてHappy Life」(第8話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 橋本由香利 / 歌 - 朝比奈みくる(後藤邑子)
「giragira shake」(第8話)
作詞 - 真崎エリカ / 作曲・編曲 - 酒井拓也 / 歌 - キョン(杉田智和
上記2曲は旅館でのカラオケ大会のシーンで使用された。「giragira shake」は曲調がB'zの「ultra soul」によく似ている。
「giragira shake」(第17話)
作詞 - 真崎エリカ / 作曲・編曲 - 酒井拓也 / 歌 - 朝比奈みくる(後藤邑子)&鶴屋さん(松岡由貴

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
第1話 大切な場所 待田堂子 和田純一 今西亨 伊藤郁子
第2話 もろびとこぞりて 和田純一 飛田剛 井上英紀
第3話 涼宮ハルヒ!! 島津裕行 羽多野浩平 古澤貴文
第4話 Be my Valentine 竹下良平 川島尚、田中知江
第5話 彼女の憂鬱 和田純一 近藤一英 青木美穂、大橋幸子、北沢典子
長坂寛治、丸山修二
第6話 Over the Obento 和場明子 羽多野浩平 古澤貴文、松本文男、福世孝明
第7話 ねがいごと 根元歳三 竹下良平 安藤健 飯飼一幸、岩岡優子
福世孝明、松本文男
第8話 涼宮ハルヒの謀 寺澤雄三 竹下良平 いとうまりこ、椛島洋介、木野下澄江
清水貴子、丸山修二
井上英紀
第9話 その手を… 待田堂子 羽多野浩平 古澤貴文、福世孝明 伊藤郁子
第10話 サムデイ イン ザ レイン 和場明子 安田賢司 飛田剛 香川久、川島尚
第11話 長門有希ちゃんの消失I 根元歳三 石平信司 古賀一臣 金田栄二、しまだひであき
舘崎大、丸山修二
井上英紀
第12話 長門有希ちゃんの消失II 安田賢司 大脊戸聡 斎藤圭太 今西亨
第13話 長門有希ちゃんの消失III 待田堂子 和田純一 ヤマトナオミチ 伊藤郁子、今西亨、香川久
川島尚、丸山修二
伊藤郁子
第14話 彼女の戸惑い 和場明子 竹下良平 本田創一、陣内美帆、柳田幸平
服部憲知、松本弘、吉井弘幸
野口孝行、荒木裕
井上英紀
第15話 彼の迷い 待田堂子 水本葉月 古澤貴文、松本文男、福世孝明 今西亨
第16話 花火 和田純一 飛田剛 井上英紀、今西亨、大橋幸子
川島尚、清水貴子、陣内美帆
本田創一、丸山修二
伊藤郁子
第17話
(OVA)
終われない夏休み 石平信司
大脊戸聡
和田純一
大脊戸聡
伊藤郁子、井上英紀、工藤裕加
清水貴子、陣内美帆
服部憲知、丸山修二

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[11]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [12] 備考
2015年4月4日 - 7月18日 土曜 1:40 - 2:10(金曜深夜) TOKYO MX 東京都
土曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 リピート放送あり
2015年4月5日 - 7月19日 日曜 3:00 - 3:30(土曜深夜) BS11 日本全域 ANIME+』枠
2015年4月6日 - 7月20日 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) テレ玉 埼玉県
チバテレ 千葉県
tvk 神奈川県
月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜) サンテレビ 兵庫県
月曜 2:35 - 3:05(日曜深夜) TVQ九州放送 福岡県
2015年4月7日 - 7月21日 火曜 1:55 - 2:25(月曜深夜) 信越放送 長野県
2015年4月8日 - 7月22日 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) 岐阜放送 岐阜県
2015年4月9日 - 7月23日 木曜 1:20 - 1:50(水曜深夜) 三重テレビ 三重県
日本国内 インターネット配信 / 放送期間および放送時間[13]
配信期間 更新時間 配信サイト 備考
2015年4月9日 - 木曜 12:00 更新 dアニメストア 見放題サービス利用者は全話見放題
2015年4月10日 - 金曜 12:00 更新 楽天SHOWTIME 最新話1週間無料
2015年4月16日 - 木曜 12:00 更新 アニメパス
2015年4月23日 - 8月6日 ニコニコチャンネル 有料
バンダイチャンネル 有料
GYAO! 最新話1週間無料

BD / DVD[編集]

発売・販売元はKADOKAWAとなっている。Blu-ray初回限定版とDVD初回限定盤の二系統が発売された、全8巻。初回版のロットアップ後の通常版はデジパック仕様が紙スリーブに切り替わる。各巻に音声特典としてキャストコメンタリーとスタッフコメンタリーが収録された。また同様に各巻に封入特典としてサウンドトラックとラジオダイジェスト版、録り下ろしドラマが収録されたCDが同梱される。第1巻には映像特典として、2015年3月に行われた第一話上映会舞台挨拶映像と番宣スポット、TVCMやノンテロップOPEDなどが収録されているほか、第5巻にも映像特典として第10話に使用されたノンテロップエンディングVer.2が収録され、第7巻には第13話に使用されたノンテロップエンディングVer.3と第14話以降に使用されたノンテロップエンディングVer.4が収録され、また第8巻には提供バック映像が「提供バックコレクション」として収録された。

発売日 収録話 キャストコメンタリー スタッフコメンタリー 規格品番
BD限定版 DVD限定版
1 2015年6月26日 第1話 - 第2話 茅原実里、杉田智和 和田純一、伊藤敦、待田堂子 KAXA-7251 KABA-10358
2 2015年7月31日 第3話 - 第4話 茅原実里、平野綾 和田純一、伊藤敦、金子文雄 KAXA-7252 KABA-10359
3 2015年8月28日 第5話 - 第6話 茅原実里、桑谷夏子 和田純一、山崎聡、鶴岡陽太 KAXA-7253 KABA-10360
4 2015年9月25日 第7話 - 第8話 茅原実里、小野大輔 和田純一、山崎聡、加藤達也 KAXA-7254 KABA-10361
5 2015年10月30日 第9話 - 第10話 茅原実里、後藤邑子 和田純一、山崎聡、伊藤郁子 KAXA-7255 KABA-10362
6 2015年11月27日 第11話 - 第12話 茅原実里、松岡由貴 和田純一、山崎聡、海上千晶 KAXA-7256 KABA-10363
7 2015年12月25日 第13話 - 第14話 茅原実里、桑谷夏子 和田純一、山崎聡、吉江輝成 KAXA-7257 KABA-10364
8 2016年1月29日 第15話 - 第16話 茅原実里、杉田智和 和田純一、伊藤敦、待田堂子 KAXA-7258 KABA-10365

CD[編集]

発売元はランティス。販売元はバンダイビジュアル。涼宮ハルヒシリーズ関連の新規曲は2011年発売のらくらく全手動空間/遊びの学びの静けさのよりおよそ4年ぶりとなる。

発売日 タイトル 規格品番
2015年4月29日 フレ降レミライ LACM-14392
2015年5月27日 TVアニメ『長門有希ちゃんの消失』CHARACTER SONG SERIES ”In Love” case.1 NAGATO YUKI (長門有希) LACM-14351
TVアニメ『長門有希ちゃんの消失』CHARACTER SONG SERIES ”In Love” case.2 ASAKURA RYOKO(朝倉涼子) LACM-14352
2015年6月24日 TVアニメ『長門有希ちゃんの消失』CHARACTER SONG SERIES ”In Love” case.4 TSURUYASAN(鶴屋さん) LACM-14354
ありがとう、だいすき LACM-14356(アーティスト盤)
LACM-14357(アニメ盤)
TVアニメ『長門有希ちゃんの消失』CHARACTER SONG SERIES ”In Love” case.3 ASAHINA MIKURU(朝比奈みくる) LACM-14353
2015年7月22日 LACM-14385(正規版)[14]
TVアニメ『長門有希ちゃんの消失』CHARACTER SONG SERIES ”In Love” case.5 SUZUMIYA HARUHI(涼宮ハルヒ) LACM-14355

Webラジオ[編集]

長門有希ちゃんの消失 北高文芸部ラジオ支部』が2015年4月20日から2015年12月28日までランティスネットラジオにて毎週月曜日22時に配信されていた。[15]。パーソナリティは茅原実里(長門有希役)と桑谷夏子(朝倉涼子役)。全37回。提供は北高文芸部。涼宮ハルヒ関連のラジオ番組は2006年12月末まで配信された涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部よりおよそ8年ぶりとなる。スタッフの構成作家の渡邊純也とディレクターの小林順も同番組から引き継いでいる[16]

ゲスト
  • 杉田智和(キョン役) - 第9回(公開録音)
テーマソング
オープニングテーマ「ふわふわナカマでよろしくね
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 渡辺和紀 / 歌 - 長門有希(茅原実里)&朝倉涼子(桑谷夏子
「フレ降レミライ」のカップリング曲として収録されている。
エンディングテーマ「ありがとう、だいすき
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - rino / 編曲 - Evan Call / 歌 - 茅原実里
コーナー
4コマラジオドラマ
4コマラジオドラマと題している1分程度のショートミニラジオドラマ。出演は長門有希と朝倉涼子。第1回配信のラジオは原作第1巻の番外編を使用している。
オープニングトーク
最近の近況のほか、直近で放送されたアニメの感想等をトークするコーナー。ここでリスナーからのおたよりを読むことも。
ふつおた
毎回必ずあるコーナー。ふつうのおたよりということでノンジャンルのおたよりを受け付ける。
わが街レポート
第3回より開始のコーナー。スタッフが作品の舞台である兵庫県西宮市へロケハンへ行った際に2006年や2009年のシリーズの時点より変貌していたことから着想された。リスナーが自分の街の変化などをリポートする。
長門有希ちゃんの空腹
3回に1回開かれるコーナーで、リスナーが知っているグルメ情報を募集するコーナーである。由来は長門有希ちゃんが、大食いであるためである。このコーナーではラジオブースに紹介された食べ物が持ち込まれ実際に2人が食べながら進行する。
朝倉涼子の夕食レシピ
長門有希ちゃんの空腹とわが街レポートと3週替わりで行われるコーナーで、リスナーから手軽に安く出来るレシピを募集し、パーソナリティーの桑谷夏子がその良し悪しを朝倉涼子風に「それ、有り」と「それ、無理」で判定する。
スタッフ日記ラジオ出張版
角川書店のスタッフが出演し、作品に関するイベントや物品について宣伝を行うコーナーである。初期に数回行われたのみで発売情報はパーソナリティーが紹介するコーナーへ変更となった。
○○の文芸部日誌
クロージングトークの後に行われるコーナー。パーソナリティーのどちらかが、役または本人としてその回の反省や振り返りをするコーナーである。奇数回は長門有希(茅原実里)、偶数回は朝倉涼子(桑谷夏子)が担当している。ただし、第9回放送(公開録音)ではゲストのキョン(杉田智和)が担当した。

小説版[編集]

タイトルは『長門有希ちゃんの消失 とある一日』。角川スニーカー文庫(KADOKAWA/角川書店BC)より2015年4月1日に発売された。著者は新木伸。カバーイラストは原作漫画のぷよが担当した。原作:谷川流、キャラクター原案のいとうのいぢ。4コマ小説という形式を導入しており、1話あたりショートショート4ページと挿絵付きの会話が一組となっている。何も変わらない日常の文芸部を描くことをテーマとしており、原作漫画単行本1巻から2巻までの物語を主軸にオリジナルエピソードを交えた全36組のストーリーが収録される。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「森が体育教師」「長門が『消失』時の長門」など世界観の類似点が多い。
  2. ^ そのため『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』に登場するキミドリさんは直接登場しない。しかし、長門宅の休日風景の中で犬型になっている風船が置かれていたり、衣服のブランド、ぬいぐるみとして登場している。
  3. ^ 「涼宮ハルヒちゃんの消失」での隠れゲーマーな長門と違い、部活中にもゲームをするなど、かなり大っぴらにプレイしている。また『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の長門がもっぱらPCゲームをプレイするのに対し、『涼宮ハルヒちゃんの消失』および本作での長門は家庭用ゲーム機、PSPを模した携帯用ゲーム機を用いている。
  4. ^ 物語中、朝倉の両親は海外赴任であることが明言されているが、なぜ長門が一人暮らしをしているのかは判明していない。ただし、長門の人格変異が起きた際、病院の女医から「親御さんがすぐに帰ってこられない状況」というセリフがある。
  5. ^ ただし、朝倉以外の文芸部関係者は二人が付き合い始めたことを察しており、谷口と国木田に至っては以前から二人が付き合っていると誤解していた。
  6. ^ ただし、別人格の長門がキョンへ告白したことは本来の長門に伝え、今度は本来の長門がキョンに告白することを後押しした。しかし、本来の長門は夢の中の出来事も覚えていない。ただし、単行本7巻カバー裏では本来の長門が別人格の長門に語りかけるような描写も存在する。
  7. ^ 原作や『涼宮ハルヒちゃんの消失』のキョンが『消失』の世界に残ったわけではない。
  8. ^ ただし、キョン自身はこの一件を覚えていない。
  9. ^ 別人格の長門は本来の長門と違い、勉強の教え方が非常に上手いためでもある。
  10. ^ a b この騒動が明るみになった際、お互いに相手のことを知らない方がいいとキョンが判断したため。
  11. ^ a b 原作3巻『退屈』収載の『笹の葉ラプソディ』での出来事をベースにしているが、時間遡行など特殊な出来事がない本作では、キョンもこの時中学1年生であり、校庭へ侵入した格好も私服である。このことは単行本5巻に描かれているおまけページのラフ画で、二人の後姿の上に「中学生」と書かれていることからわかる。
  12. ^ ハルヒはこのことについてキョンは覚えていないと思っている。
  13. ^ 教師に頼み、冬休みの学校閉鎖時でも部室の使用を許可してもらえるほど。そのため、キョン曰く、陰ながら極一部では次期生徒会長の候補に上げられているとのことだが真偽は不明。
  14. ^ この時、長門に「師匠」と呼ばれるが、本人は嫌がっている。
  15. ^ ただし、一度「ストレスがたまりすぎたら最近の若者よろしくキョン君の背中をナイフで・・・」と発言している。
  16. ^ 原作と『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』から登場するキャラクターで名前が変更されている唯一のキャラクターであり、理由も不明。そのため製本上の誤植の可能性もあるが、漫画内の書き文字においても「黄緑」となっている。
  17. ^ 以前の涼宮ハルヒシリーズ関連作品で森園生を担当していた大前茜が声優業を引退したため2代目となる。
  18. ^ キョンは「他人の空似か?」と発言しているが、他のメンバーがこのことに気付いた気配はない。
  19. ^ 原作4巻『消失』の挿絵、および映画に登場する光陽園学院のハルヒと同じ髪型。またはアニメ初登場時。
  20. ^ ただし、この時辺りが暗く、物がよく見えない状況であったため(長門はさらに眼鏡を忘れている)、お互い相手の顔を覚えていなかった。
  21. ^ 他校の生徒が許可なく北高内を出入りする不法侵入であるが、本人もそれは認めている。また、文芸部での活動中は当初、他校の生徒であることが教師にばれぬ様、古泉と共にキョンの持っている北高のジャージ(体操着)を着用し、北高生のふりをしていた。
  22. ^ アニメでは更に「北高文芸部本部長」も名乗っている。
  23. ^ 物語途中より、学校間交流での北高文芸部参加を承認してもらう書類(内容のほとんどがハルヒによるでっちあげ)を北高に提出し、「許可証」の腕章をつけて光陽園の制服のまま行動するようになった。
  24. ^ ただし、二人とも高校進学後は再会するまで一切の連絡を取っていなかった。
  25. ^ 第10話から第13話の映像では、途中で画面が反転する演出、登場人物がシルエットになる、長門が涙を流す、ラストシーンで足元に眼鏡が置かれている(第13話のみこの眼鏡が無い)などの変化がある。第14話以降のものは、以前までは星を手放していたシーンが星を掴み取るシーンに変更されている。

出典[編集]

  1. ^ 『涼宮ハルヒ』スピンオフ『長門有希ちゃんの消失』アニメ化企画が進行中 - 日刊アメーバニュース”. 2013年12月18日閲覧。
  2. ^ アニメ版ではこのシーンにおけるキョン側の描写が追加され、眠っている長門に対して悲しみや怒りが入り混じった、やりきれない感情を吐露している
  3. ^ 当初は朝倉のみに教える予定だったが、それを察した朝倉が文芸部関係者全員を呼び出してしまった為、彼らの前で公言する羽目になった。
  4. ^ 平野綾オフィシャルインフォ. “【アニメ出演情報】”. Twitter. 2014年12月19日閲覧。
  5. ^ オンエアー情報”. TVアニメ「長門有希ちゃんの消失」公式サイト. 2015年2月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l アニメ「長門有希ちゃんの消失」ビジュアル公開、声優は「ハルヒ」から続投”. コミックナタリー. ナターシャ (2014年12月18日). 2014年12月19日閲覧。
  7. ^ a b c d 番組検索 >長門有希ちゃんの消失”. AT-X. 2015年4月30日閲覧。
  8. ^ twitterにおける発言
  9. ^ 「長門有希ちゃんの消失」9巻は、文芸部の夏休み描くオリジナルアニメBD付き ”. コミックナタリー. ナターシャ. 2015年7月18日閲覧。
  10. ^ 【茅原実里】2015年4月に放送がスタートする『長門有希ちゃんの消失』のED主題歌担当アーティストが決定!! リリース情報を一挙公開!!”. ランティス (2015年3月12日). 2015年3月12日閲覧。
  11. ^ オンエアー情報”. TVアニメ「長門有希ちゃんの消失」公式サイト. 2015年2月25日閲覧。
  12. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  13. ^ オンエアー情報”. TVアニメ「長門有希ちゃんの消失」公式サイト. 2015年2月25日閲覧。
  14. ^ 収録不備の不良版発生による品番変更。6月24日発売 TVアニメ『長門有希ちゃんの消失』CHARACTER SONG SERIES "In Love"case.3 ASAHINA MIKURU 収録内容不備のお知らせとお詫び ランティス公式サイト(2015年6月24日配信、2015年6月24日閲覧)
  15. ^ webラジオ「長門有希ちゃんの消失 北高文芸部ラジオ支部」 4月20日(月)22時配信スタート!”. 長門有希の消失:info (2015年4月1日). 2015年4月30日閲覧。
  16. ^ KADOKAWA(角川書店ブランド)発売,長門有希ちゃんの消失Blu-ray限定版第1巻封入特典ブックレット,6p

関連項目[編集]

  • 信州 善光寺 - アニメ版7話にて舞台となった。取材協力がEDスタッフロールにある。
  • 滝屋本店 - アニメ版7話にて舞台となった。善光寺と同様に取材協力がある。
  • 中尾山温泉 松仙閣 - アニメ版7-9話の舞台のモデルとなっている。該当話のEDスタッフロールに取材協力がある。

外部リンク[編集]