涼宮ハルヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
涼宮ハルヒ
涼宮ハルヒシリーズ』のキャラクター
Comic Market 97 Day 2 Cosplayers (49565463173).jpg
涼宮ハルヒのコスプレ
初登場 第1巻
作者 谷川流
平野綾[1]
詳細情報
性別
職業 高校生
国籍 日本の旗 日本
テンプレートを表示

涼宮ハルヒ(すずみや ハルヒ[注 1])は、谷川流ライトノベル作品『涼宮ハルヒ』シリーズおよび同作のアニメ版である『涼宮ハルヒの憂鬱』におけるメインヒロイン[注 2]であり、もう一人の主人公。アニメ・ゲーム・ドラマCDにおける声優平野綾[2][3]

概要[編集]

高校入学時にいきなり「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人未来人異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」と言い放ち、ぶっ飛んだ自己紹介をかます。

校内一の変人」の異名を持ち、その極めて特異な性格・言動ゆえに、「涼宮ハルヒシリーズ」の代名詞ともなっている人物であり、同作品シリーズについて語るうえで欠かせない存在といえる[4]

2000年代にツンデレブームを巻き起こしたキャラクターの1人[5]。2008年にはこのライトノベルがすごい!』女性キャラクター部門1位に選ばれた[6]

人物[編集]

北高1年5組(第9巻『分裂』より2年5組)の女子生徒であり、SOS団団長。アニメにおける身長は158cm。一人称は「私」。キョンと同じクラスで、キョンのすぐ後ろの席に座る(何回席替えをしても、ハルヒの能力のためか位置関係は不変である)。入学当初(および第4巻『消失』での消失世界)は腰まで伸びるストレートヘアで曜日ごとに髪形を変えていたが、キョンにそのことを指摘されて以降は肩にかかる程度の長さで揃えている。黄色(山吹色)のリボンがトレードマークで[7]、小学校時代から愛用している。黒髪ボブカット黒目[注 3]の美少女で、スタイルも抜群。朝比奈みくるほどではないが胸も大きく、プロポーションはキョン曰く「スレンダーだが、出るとこは出ている」[8]。文武において万能で、学業の成績は学年上位に位置しており、身体能力も非常に高く、入学当初はどの運動部からも熱心に勧誘されていたほど。また料理[9]、楽器演奏[10]、歌唱[10]など多彩な才能を持っており、キョン曰く「性格以外は欠点は無い」。

性格・言動[編集]

性格は唯我独尊傍若無人猪突猛進かつ極端な負けず嫌いであり[7]、「校内一の変人」として校内で知らない人はいないほどその名は知れ渡っている[11][12]。感情の起伏が激しく、情緒不安定になりやすい。また退屈を嫌っており、何か面白い事をいつも探している。己の目的のためには手段を選ばず、時には恐喝や強奪などの行為に及ぶこともある。東中時代には既に変人として名が知れていたにも関わらず、美少女であるゆえに多くの男子に告白され、必ずOKしていたが、相手が「普通の人間」であることを理由にことごとく振っていた[注 4]。自分の都合のいい言葉しか耳に入らず、それ以外の言葉は聞き流す。みくるや鶴屋さん、コンピ研部長、生徒会長など、年上の人物に対しても敬語を使わずタメ口でものを言うが、北高関係者以外の者との初対面の際など、必要な場合には敬語を交えた常識的な言葉遣いで話す。ハルヒに巻き込まれた一番の被害者はもちろんキョンである[13]

普段は自分勝手でエキセントリックな性格が目立つが[7]、根底には常識的な感覚も持ち合わせており、宇宙人等の不思議な存在がいて欲しいと思う反面[14]、そんなものはいる筈がない(少なくともそう簡単に見つかる筈がない)とも思っており[15]、第2巻『溜息』のプロローグでキョンが長門、みくる、古泉の正体を話しても全く信じなかった。物語が進むにつれ、人間的に成長したのか横暴さや唯我独尊さは僅かずつではあるが治まってきており、キョン以外のクラスメートとの交流も見られるようになっている。また、長門が高熱で倒れたりキョンが『消失』の一件で3日間意識不明に陥った際には必死に看病したり体調を気遣ったりするなど、仲間思いのリーダーとしての一面を見せている。

「恋愛感情は一時の気の迷いで精神病の一種」という持論を持つが、キョンの言動によって極度に大きく機嫌が左右されたり、キョンの過去の恋愛をやけに気にしたりしている。不思議探索ツアーでのグループ分けのくじ引きでキョンと同じグループになれないとあからさまに機嫌が悪くなったり、キョンがみくるに鼻の下を伸ばすと声を荒らげて咎めたり、キョンとみくるを何かと理由を付けてはくっつけないよう画策しようとするなどの描写がある。

下ネタが苦手らしくキョンのお笑いのネタで下ネタを禁止したり、キョンが教室にエロ本を忘れたから取りに行くと発言したら「乙女の前でエロ本とか言うな」と激高した。

能力[編集]

実は世界に影響を与えるほどの巨大な力を持っている[16][14]。詳細については現時点では明かされていないが、その力によって第1巻『憂鬱』時点からみて3年前の中学1年の時に「情報の爆発」、「時間の断層」、「超能力者の発生」を引き起こした。情報統合思念体は、ハルヒの力は「自分の都合の良いように周囲の環境情報を操作する力」、「何もないところから情報を生み出す力」であり、そのためにハルヒは「自律進化の可能性を秘めている」存在であると考えている。また、古泉が属する「機関」は彼女の力を「どんな非常識なことでも思ったことを実現させる」という、神にもなぞらえられる程の力であると認識している。一方、朝比奈みくるが所属する未来人の組織はハルヒの力を「世界の仕組みを変えるもの」ではなく、もともと存在する超自然的な存在や現象を自覚無しに発見する力であると考えている(ただしハルヒが時間の断層をどうやって生み出したのかについては、未来人にとっても未だに謎である模様)。他にもさまざまな組織がハルヒの力について異なる理論を持ち、彼女に関心を抱いていることが作品内にて示唆されている。いずれにせよ、ハルヒ本人は自分の持つ巨大な力を全く自覚していない[14][16]

また、強い不満やストレスのために精神状態が不安定になると「閉鎖空間」を発生させることがある[7]。これについてもハルヒ自身は自覚しておらず、発生頻度や大きさもやはりハルヒの精神状態に影響されるために法則性がなく、毎日のように発生することもあれば長期間にわたって発生しないこともある。

ハルヒの力が際限なく発揮されたりせず、世界が未だにバランスを保っている点について、古泉は「彼女自身が奇抜な言動に反し常識的な精神をしており、不可思議な物事を心のどこかで否定しているから」ではないかと推測している。

なお、ハルヒに関心を抱く組織のほとんどは、彼女が自分の力に気づいて覚醒するのは非常にハイリスクなことであると考えており、そのためいずれの組織も彼女が自らの力に気づかないようにするということを活動の大きな柱にしている。ただし、意図的にハルヒやSOS団に揺さぶりをかけハルヒの力を解放させてそれを観察しようと目論む組織や派閥も少数ながら存在する。

渡橋 泰水(わたはし やすみ)[編集]

『驚愕』のαルートでハルヒの入団試験を唯一突破し、入団した新人部員。自分の名前を「ヤスミ」とカタカナで読ませる。『分裂』のαルートで入浴中のキョンに電話を掛けてきたのが彼女である。ニコちゃんマークに似た髪留めをつけている。人懐っこい性格でみくるは特に気に入った様子だが、ハルヒは若干扱い辛そうにしている。パソコン操作にも慣れているようで、SOS団サイトを見栄えよく改変した。

古泉曰く純粋な個人で、長門曰く北高に在籍しておらず、宇宙人でも、未来人でも、超能力者でも、異世界人でもない。αルートのみならず、βルートとも行き来できるらしいと謎が多い少女。

その正体は、藤原の歴史改変計画と、キョンと長門の危機を無意識に予知していたハルヒが無意識に作り出したもう一人の涼宮ハルヒ[注 5]。髪留めは、ハルヒが小学生時代に着けていた物だった。藤原たちを止めるために「佐々木の閉鎖空間」に閉じ込められたキョンのもとに古泉たちを導く必要があり、「佐々木の閉鎖空間」の中に古泉が侵入できる「ハルヒの閉鎖空間」を作るために世界を二つに分岐させた。そしてβルートのキョンたちが「佐々木の閉鎖空間」の部室に着くのを見計らって、αルートのキョンを部室に呼び出して二つの世界を統合させた後、分裂していたキョンたちを融合させて「ハルヒの閉鎖空間」を呼び出した。また閉鎖空間内において神人を操作する力も見せた。

世界統合後にヤスミがどうなったかは不明だが、古泉はハルヒの中に戻ったと推測している。

ハルヒによるとヤスミは「SOS団に入りたいがあまり北高生の姉の制服を借りて潜入してきた中学生で、ハルヒ宅に来て申し訳なさそうに入団を辞退する旨を伝えてきた」という。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 第10巻『驚愕(前)』241頁で、漢字では「春日」と書くことが明かされている。
  2. ^ しかし、物語はキョンを中心として動いている上、ハルヒは自身の力を自覚していないため、第4巻『消失』、第7巻『陰謀』のように長門や朝比奈さんが事実上のヒロインになり、ハルヒが脇役に回ることもある。
  3. ^ アニメではやや茶色がかっており、原作イラストでも巻が進むごとにそうなりつつある。
  4. ^ 谷口曰く「最短5分、最長でも1週間」で振っていた。
  5. ^ 渡橋 泰水を「わたはし やすみず」と読ませることでアナグラム(わたしは すずみや)になる。作中で古泉はアルファベットになおしていたが、仮名でもアナグラムは成立する。

出典[編集]

  1. ^ 涼宮ハルヒの憂鬱|アニメ声優・キャラクター・登場人物最新情報一覧 | アニメイトタイムズ” (日本語). 涼宮ハルヒの憂鬱|アニメ声優・キャラクター・登場人物最新情報一覧 | アニメイトタイムズ. 2021年10月5日閲覧。
  2. ^ 声優・平野綾さん、アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版) | アニメイトタイムズ” (日本語). 声優・平野綾さん、アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版) | アニメイトタイムズ. 2021年10月5日閲覧。
  3. ^ 平野綾インタビュー!WOWOWで「涼宮ハルヒ」劇場版&TVシリーズ4夜連続一挙放送!”. こえぽた. MFS (2011年4月25日). 2017年1月2日閲覧。 “やはり確実に私の代表作なので、ハルヒを演じられなかったら、今の私は無いと思います。”
  4. ^ 『鬼滅の刃』大ヒットに、ハルヒシリーズが与えた影響とは” (日本語). 2021年10月9日閲覧。
  5. ^ 『涼宮ハルヒの直観』なぜ“本格ミステリ”な作風に? 17年続く人気シリーズの文脈を紐解く” (日本語). 2021年10月9日閲覧。
  6. ^ ラノベ特集 歴代『このライトノベルがすごい!』” (日本語). 2021年10月9日閲覧。
  7. ^ a b c d Inc, VOYAGE MARKETING. “涼宮ハルヒの憂鬱(漫画)” (日本語). マンガペディア. 2021年10月5日閲覧。
  8. ^ 第1巻『憂鬱』88頁より。
  9. ^ 第5巻『暴走』収載の「雪山症候群」や『驚愕』などより。ただし学校に弁当を持ってくることはほとんどなく、昼食は学食で食べている。たまにキョンの弁当を勝手に食べることもある。
  10. ^ a b 第6巻『動揺』収載の「ライブアライブ」より。なお、原作の「ライブアライブ」では楽器演奏をしていない(ボーカルのみ)など、アニメと原作とでは多少設定が異なる(ただし、原作においてもギターは弾けることが本人の口から語られている)。「ENOZ」の項目も参照。
  11. ^ Yahoo!ブックス - インタビュー - 谷川流”. archive.is (2007年3月9日). 2021年10月5日閲覧。
  12. ^ 涼宮ハルヒの憂鬱 : 角川映画”. www.kadokawa-pictures.jp. 2021年10月5日閲覧。
  13. ^ 涼宮ハルヒ角川スニーカー文庫
  14. ^ a b c 「涼宮ハルヒ」の熱狂 原作ラノベの完成度 京アニ&「ハレ晴レユカイ」の踊りも(河村鳴紘) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月5日閲覧。
  15. ^ 第1巻『憂鬱』235頁を端緒として、その後も主に古泉によって同様の考察がなされている。
  16. ^ a b Where maids get slap happy … for a price | Japan Pulse”. web.archive.org (2011年7月16日). 2021年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]