網易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
网易公司
企業形態 上市公司
市場情報 NASDAQ: NTES
設立 1997年
本社 中華人民共和国の旗 中国広東省広州市天河区
科韵路16号广州信息港E栋网易大厦
事業地域 全球
創業者 丁磊
主要人物 丁磊(董事长,CEO)
業種 IT
製品 www.163.com、kaola.com、陰陽師など
サービス IT、ネットゲーム、越境ECなど
所有者 网易公司
スローガン 网聚人的力量
ウェブサイト http://www.163.com/
アレクサ
ランキング
27
種類 ポータルサイト
対応言語 中文
開設 1997年6月

網易(ネットイース、NASDAQ: NTES NetEase、ワンイー)は、中国の四大ポータルサイトの名称、およびそのサイトを運営する企業のこと。子会社にはネットイースコアラを運営するHQG Ltd、ゲーム、などを始め多数の事業を保有。日本国内ではゲーム部門の網易娯楽株式会社、並びにHQG Ltdの支社のHQG Japan株式会社(住所:東京都品川区)の2社が100%子会社として事業を展開。

概要[編集]

  • 1997年6月に丁磊により杭州で設立。ポータルサイトオンラインゲームブログ電子メール越境EC、オンライン教育、読書APP、SNS、音楽プラットホーム、翻訳サービスなどを複数事業を保有展開。
  • 1998年1月にフリーメールサービスを運営。
  • 2000年6月にNASDAQに上場。
  • 2001年12月にオンラインRPGゲーム「大話西遊Online」を自主開発。
  • 2010年 大学のオンライン公開講座 网易公开课を開始。
  • 2015年1月グループ会社のHQG Ltdが提供する越境ECのサービス、「ネットイースコアラ」(KAOLA.COM)を運営開始。
  • 2017年11月 日本支社 HQG Japan株式会社(所在地:品川)を設立し、日本での中国越境ECの認知拡大、商品の仕入れ活動を本格化。

網易のサービス一覧[編集]

  • ネットイースメール
  • ネットイース新聞アプリ:網易新聞
  • 有道:辞書、翻訳アプリ、学習アプリなど
  • 越境ECプラットフォーム:ネットイースコアラ (法人名 HQG JAPAN株式会社)
  • ネットイースゲーム:陰陽師など

参考[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]