網易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
网易公司
企業形態 株式会社
市場情報 SEHK9999
NASDAQ: NTES
設立 1997年
本社 中華人民共和国の旗 中国広東省広州市天河区
科韵路16号広州信息港E棟网易大廈
事業地域 全世界
創業者 丁磊
主要人物 丁磊(董事長,CEO)
業種 IT
製品 www.163.com、陰陽師など
サービス IT、ネットゲーム、越境ECなど
所有者 网易公司
スローガン 网聚人的力量
ウェブサイト https://www.163.com/
種類 ポータルサイト
対応言語 中文
開設 1997年6月

網易(ネットイース、NetEase、163.com、126.com、yeah.com、ワンイー、SEHK: 9999, NASDAQ: NTES)は、オンラインサービスを提供する中国のテクノロジー会社。1997年に丁磊(William Ding)によって設立。PCゲーム・モバイルゲームの開発・運営、ネット広告、電子メールサービスや電子商取引プラットフォームなど多数の事業を保有。グローバルで最大規模のビデオゲーム会社の一つである。オンデマンド音楽ストリーミングサービスのNetEase Cloud Musicも展開。

概要[編集]

  • 1997年6月:丁磊により広州で設立。ポータルサイトオンラインゲームブログ電子メール越境Eコマース、オンライン教育、読書APP、SNS、音楽プラットホーム、翻訳サービスなどを複数事業を保有展開。
  • 1998年1月:フリーメールサービスを運営。
  • 2000年6月:NASDAQに上場。
  • 2001年12月:オンラインRPGゲーム『大話西遊Online』を自主開発。
  • 2004年:創業者でチーフアーキテクトの丁磊は、情報技術の革新的な活用が評価され、「Wharton Infosys Business Transformation」賞を受賞した。丁磊はネットイースの設立後、中国で最も裕福な個人の一人となった。
  • 2008年:compete.comの調査では163.comのドメインは2008年までに少なくとも年間180万人の訪問者を集めていた[1]
  • 2010年:大学のオンライン公開講座 网易公开课を開始。
  • 2010年:アレクサ・インターネットランキングによるとサイトは世界で28番目に多く訪問されており[2]、2010年8月には27番目に上昇し、AOLBBC、Flicker、Craigslist、AppleCNNLinkedInAdobeCNetESPNのウェブサイトより多くのトラフィックを引き寄せていた。
  • 2015年1月:グループ会社のHQG Ltdが提供する越境Eコマースのサービス、「ネットイースコアラ」(KAOLA.COM)を運営開始。
  • 2017年:アメリカのマーベル・コミックと中国のスーパーヒーローを題材にしたコミックを開発することで合意し、さらに、『アメイジング・スパイダーマン』『キャプテン・アメリカ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのマーベル社のコミック12作をオンライン販売する[3]。 これにより、マーベルの『エージェント・オブ・アトラス』のタイアップ漫画『Aero』が出版される。
  • 2017年11月:日本支社 HQG Japan株式会社(所在地:品川)を設立し、日本での中国越境Eコマースの認知拡大、商品の仕入れ活動を本格化。
  • 2018年:Bungieに1億ドルを投資し、Bungieの少数株と取締役会の席を獲得[4]。同年12月にニュージーランドのデベロッパー「A44」(旧称Aurora 44)に出資し[5]、漫画事業をbilibiliに売却[3]
  • 2019年:クアンティック・ドリームの少数株を取得[6]
  • 2020年6月5日:中国の広州ならびに日本の東京を拠点とする次世代家庭用ゲーム制作スタジオ「桜花スタジオ」を設立[7]
  • 2020年6月11日:香港証券取引所に上場(NASDAQ市場との重複上場)[8]

網易のサービス一覧[編集]

  • ネットイースメール
  • ネットイース新聞アプリ:網易新聞
  • 有道:辞書、翻訳アプリ、学習アプリなど
  • ECプラットフォーム:ネットイースコアラ (越境Eコマース)、網易厳選(B2Cコマース)
  • 音楽ストリーミング:網易雲音楽
  • ネットイースゲーム:陰陽師夢幻西遊荒野行動第五人格、機動都市X、MARVELSuperWarなど
  • 農業事業:網易味央

NetEase Games[編集]

2001年に発足。2002年に網易の在线游戏(Online Game)事業部がグループ会社である广州网易互动娱乐有限公司(Netease Interactive Entertainment)になった。2007年、杭州に雷火事業群が設立された。

  • 互动娱乐事業群
    • 大话事業部 - 前身は大话工作室。代表作『大话西游』シリーズ、『大航海之路』、『決戦平安京』
      • 君子居工作室
      • 天行健工作室
      • 赤子心工作室
      • 好望角工作室
    • 梦幻事業部 - 前身は梦幻事業部工作室。代表作『梦幻西游』シリーズ
      • 秦坦工作室
      • 倚天工作室 - 代表作『大唐无双』
      • Gaia工作室
      • 战魂工作室 - 代表作『镇魔曲』
    • 天下事業部 - 代表作『天下』シリーズ、『荒野行動』、『神都夜行禄』
      • 香格里拉工作室 - 代表作『天下贰』
      • Black Tech工作室
      • 銀河工作室 - 代表作『英雄三国』
      • Inception工作室 - 代表作『无尽战区』
    • 奇点事業部 - 前身は天下事業部のBlack Hole工作室。代表作『明日之後』『暗黒破壊神不朽』
      • 星雲工作室
    • 海神事業部 - 前身は夢幻事業部の工作室。代表作『軒轅剣』『陰陽師:百聞牌』
      • MIRAI工作室
      • 飞羽工作室 - 代表作『大话西游3』
      • Atlas工作室
    • Zen事業部 - 前身は海神事業部のZen工作室。代表作『陰陽師』
      • Portkey工作室 - 代表作『ハリー・ポッター 魔法の覚醒』
    • 第十事業部 - 前身は海神事業部の第十工作室。代表作『率土之浜』『无尽的拉格朗日』
      • 率土工作室
      • 百源工作室
    • 神迹事業部 - 前身は在线游戏事業部のinstinct工作室。代表作『天下 HD』『龙剑』『神都夜行禄』
      • Starry工作室
    • 水滴事業部 - 前身は神迹事業部のHEX工作室。代表作『一夢江湖』
    • JOKER事業部 - 前身は神迹事業部の工作室。代表作『第五人格』
      • Mask工作室
    • ACE事業部 - 代表作『猫と老鼠』
      • Seven工作室
      • Eight工作室
    • 花火事業部 - 2021年に北京に設立されたMMOとメタバースの研究開発部門。2022年に解散。[9]
    • 在线游戏事業部 - 代表作『光明大陸』『終結者2』
      • 战趣工作室
      • F工作室 - 代表作『突击英雄』
      • 文創中心
      • 藏宝阁
      • 桜花スタジオ(櫻華工作室) - 日本。ネットイース初の家庭用ゲーム制作を主目的とした開発スタジオ。[10]
    • 合作産品部 - Blizzard以外のライセンス供与されたオンラインゲームを運営。
      • アルファ工作室、ベータ工作室、ガンマ工作室、デルタ工作室など
    • その他の主な工作室
      • 01工作室 - 2008年に北京に設立された。代表作『三国天下』
      • G工作室 - 代表作『精灵传说』『精灵牧场』
      • 登山工作室 - 代表作『iTown』『疯狂石头』『篮球也疯狂』
      • 飞飞工作室 - 代表作『新飞飞』
      • 浚源工作室 - 代表作『战音OL』
      • 青龙工作室 - 代表作『斩魂』
      • 创世工作室 - 代表作『创世西游』
      • 方舟工作室 - 代表作『大唐豪侠』
      • XTORM工作室 - 代表作『宠物王国』
      • 蚂蚁工作室 - 代表作『易三国』
  • 雷火事業群 - 2007年に杭州に設立。
    • 雷火事業部
      • 応龍工作室 - 代表作『天谕』シリーズ(元は盘古工作室が開発)
      • 24工作室 - 代表作『永劫无间』
      • 祝融工作室 - 代表作『逆水寒』シリーズ
      • 不鳴工作室 - 代表作『战意』
      • 桃源工作室 - 代表作『忘川风华录』
      • 女媧工作室 - 代表作『倩女幽魂』シリーズ(元は雷火工作室が開発)
      • 他に雷霆工作室、雷炎工作室、饕餮工作室などの工作室がある。
    • 星球項目部 - ブロックチェーン研究部門。
    • 伏羲遊戯AI実験室 - AI研究部門。
    • 盘古游戏部 - 『天谕』シリーズを開発。2018年、雷火事業部と合併して消滅。
  • その他
    • 网之易 - 上海网之易网络科技发展有限公司。Blizzardからライセンス供与されたゲームを運営や共同開発。
    • 名越スタジオ(名越工作室) - 株式会社名越スタジオ。ネットイースの100%出資の下で元セガ所属の名越稔洋が2022年に日本で設立。
    • NetEase Games Montréal(蒙特利尔工作室) - 元ユービーアイソフト所属のEmile Liangをリードプロデューサーとしてカナダに設立。
    • クアンティック・ドリーム - フランスのゲーム制作会社。2022年に買収。ネットイース初の欧州の開発拠点を獲得した。[11]
    • Mattel163 - Mattel163 Limited。アメリカの玩具メーカーマテルとネットイースが共同出資したゲーム開発を目的とした合弁会社。代表作『UNO!』

[12] [13] [14] [15] [16]

ゲーム[編集]

互动娱乐事業群のゲーム

PCゲーム

  • 梦幻西游
  • 『大话西游 Online II』
  • 『镇魔曲』
  • 『Hegemon-‐King of Western Chu』[17]

モバイルゲーム

雷火事業群のゲーム PCゲーム

  • 『战意』
  • 『新倩女幽魂』 - 当初のタイトルは『倩女幽魂Online』。『倩女幽魂2』に改名、後に更に『新倩女幽魂』に改名している。
  • 『逆水寒』(英語:Justice Online)
  • 『Revelation 天谕端游』
  • 『超激斗梦境』

モバイルゲーム

  • 『梦幻西游』(モバイル版)
  • 『大话西游 Online』(モバイル版)
  • 『隐世录』(英語:『Ghost World Chronicle』)
  • 『倩女幽魂手游』
  • 『遇见逆水寒』(英語:Justice Mobile)
  • 『AZUREA-空の唄-』(中国語:『Revelation M 天谕手游』) - 『Revelation 天谕端游』の10年前の時代の物語。日本語版はZlonGameが運営。
  • 『流星群侠传」 
  • 『风云岛行动』
  • 『洪荒文明』
  • 『忘川风华录』
  • 『漫威对决』
  • 『绝对演绎』

Mattel163のゲーム

  • 『UNO!』(中国語:『一起优诺』) - 雷火事業群と共同
  • 『Phase 10』
  • 『Skip-Bo』

ライセンス供与されたゲーム[編集]

Blizzardのゲーム(网之易が担当)

  • 『World of Warcraft』…2009年9月に商業的に再リリース。以前は別の企業「The9 Limited」が運営を行っていた。
  • 『StarCraft II: Heart of the Swarm』…2013年7月に中国でリリース。
  • 『ハースストーン』…2014年1月に中国国内でリリース。モバイル版が2015年4月にリリースされた。
  • 『Heroes of the Storm』…2015年5月に中国でオープンベータテストが開始された。
  • 『Diablo III: Reaper of Souls』 …2015年4月に中国国内でオープンベータテストが開始。
  • オーバーウォッチ』- 中国国内での三年間のライセンス契約[17]
  • 『ディアブロイモータル』 - Blizzardと共同開発

Blizzard以外のゲーム(互动娱乐事業群の合作产品部が担当)

  • Mojangの『Minecraft』(中国語:我的世界)及び『Minecraft: Pocket Edition』 - 中国国内でのライセンス契約[18]
    • 『Minecraft』関連のサードパーティ「Hypixel」の中国サーバーの運営[19]
  • 『Sky星を紡ぐ子どもたち』(中国語:光遇)
  • 『eFootball』(中国語:实况足球)
  • 『ワールドサッカーコレクションS』(中国語:实况倶楽部)
  • 『eFootball ウイコレ CHAMPION SQUADS』(中国語:『实况:王者集結』)
  • 『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(中国語:实况球会经理)
  • 『人狼はウソ月』(中国語:狼人殺)
  • 『遊戯王デュエルリンクス』
  • 『シャドウバース』(中国語:影之詩)
  • 『EVE Echoes』(中国語:星戦前夜)
  • エクスビート』(中国語:劲舞团)
  • 『World of Tanks』
  • 『World of Warships』
  • 『THE TRAIL』
  • 『The Room Three』
  • 『有殺気童話2』
  • 『クロノブレード』

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ us Data Only (2011年10月26日). “Siteanalytics.compete.com”. Siteanalytics.compete.com. 2012年8月17日閲覧。
  2. ^ Alexa Top 500 Global Sites”. 2010年4月15日閲覧。
  3. ^ a b Chinese gaming giant NetEase sells comics business to rival Bilibili, retains rights to Marvel series”. South China Morning Post (2018年12月13日). 2019年5月20日閲覧。
  4. ^ Bungieが中国NetEaseとパートナーシップを締結を発表―『Destiny』シリーズ以外への着手が目的か、1億ドルの支援も” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2020年8月23日閲覧。
  5. ^ Shareholdings”. app.companiesoffice.govt.nz. 2020年8月23日閲覧。
  6. ^ Quantic DreamがNetEaseと提携関係を結んだことを発表” (日本語). IGN Japan (2019年1月29日). 2020年8月23日閲覧。
  7. ^ 株式会社インプレス (2020年6月5日). “NetEase Games、次世代家庭用ゲームのタイトル開発を行なう「桜花スタジオ」を設立! 東京拠点のメンバーを募集” (日本語). GAME Watch. 2020年8月23日閲覧。
  8. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年6月11日). “初日終値は130香港ドル ネットイース香港上場” (日本語). SankeiBiz. 2020年8月23日閲覧。
  9. ^ https://page.om.qq.com/page/OQKHRrsJnzWgZcYPv9yUbraA0
  10. ^ https://netease-ouka.163.com/yhgzs.html
  11. ^ https://jp.reuters.com/article/quantic-dream-m-a-netease-idJPKBN2Q127U
  12. ^ https://leihuo.163.com/
  13. ^ https://www.gameweibo.com/article-101139.html
  14. ^ https://www.163.com/dy/article/H7M31MQC0514CJ14.html
  15. ^ https://cn.linkedin.com/in/%E4%BC%9F%E9%9B%84-%E9%99%88-99958691
  16. ^ https://www.batloft.com/thread-1212-1-1.html
  17. ^ a b NetEase - Fact Sheet”. ir.netease.com. 2015年10月16日閲覧。
  18. ^ "Minecraft is coming to China". mojang.com. Cite webテンプレートでは|access-date=引数が必須です。 (説明)[リンク切れ]
  19. ^ "Hypixel is coming to China". 2021年1月30日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]