柴嶺タカシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柴嶺 タカシ
生誕 ????9月29日[1]
日本の旗 日本和歌山県[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
イラストレーター
活動期間 2002年[注 1][2] -
代表作つきツキ!
公式サイト Quasar Drive
テンプレートを表示

柴嶺タカシ(しばみね -、9月29日[1] - )は、日本男性[1]漫画家イラストレーター和歌山県出身[1]千葉県在住[1]血液型はO型[1]商業誌ではアンソロジーコミック作品を多数担当。「Quasar Drive」という同人サークルを主宰している。

略歴[編集]

徳島県在住中に知り合った人物がきっかけとなり、イラストの仕事や同人活動を始める[3]2005年にアンソロジーコミック作品で商業誌デビューを果たし、2006年3月には現在住の千葉県に引っ越した[4]2010年からは漫画雑誌での作品連載をスタートさせ、現在に至る。

人物[編集]

パソコンの修理等を得意とし、ゲーム全般(主に美少女ゲーム音楽ゲーム)が趣味[5]藤子・F・不二雄漫画作品を好んでいる[1][6]。また、家族には年の離れた兄が居る[7]

作品リスト[編集]

連載中[編集]

連載終了[編集]

アンソロジーコミック[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 絵を描き始めたのは2000年だが、「柴嶺タカシ」名義での公式サイトが開設されたのは2002年であったため。現在、当時のサイトはリンク切れとなっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 柴嶺タカシ. “mixi プロフィールページ”. 2012年9月22日閲覧。
  2. ^ 柴嶺タカシ (2009年6月10日). “Quasar_Drive_Webpage 2009年06月10日(水)”. 2012年9月22日閲覧。
  3. ^ 柴嶺タカシ (2006年7月19日). “直った”. 2012年9月23日閲覧。
  4. ^ 柴嶺タカシ (2006年3月31日). “環境が変わりました”. 2012年9月23日閲覧。
  5. ^ 柴嶺タカシ (2006年5月31日). “バトン”. 2012年9月23日閲覧。
  6. ^ 柴嶺タカシ (2010年6月12日). “本棚”. 2012年9月23日閲覧。
  7. ^ 柴嶺タカシ (2007年2月4日). “兄貴”. 2012年9月23日閲覧。
  8. ^ 柴嶺タカシ - シルバーレイン”. 2012年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]