トミーウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社トミーウォーカー
TOMMY WALKER Co.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
062-0933
北海道札幌市豊平区平岸3条5丁目6-5-102
設立 1998年5月7日
業種 情報・通信業
代表者 上村大
資本金 2500万円
従業員数 7名
外部リンク http://t-walker.jp/
テンプレートを表示

トミーウォーカーはゲーム会社である。代表取締役は上村大(通称『上様』)。愛称は、または富岡(会社名を短く言った時の聞こえ方から)。

沿革[編集]

1998年5月7日に設立。主な業務はTRPGの製作とPBWの運営。

処女作であるPBW版『無限のファンタジア』は登録キャラクター数75000人を超えるヒット作とASHアカウント提携第1号となり、2009年12月25日にサービス終了した。

第二作となる『シルバーレイン』はアダルトゲームメーカーTYPE-MOONより、こやまひろかずをメインイラストレーターとして迎えてASHアカウント第2号として制作され、2006年8月10日から無料キャラクター登録が開始され、2012年12月31日にサービス終了した。

第三作となる『エンドブレイカー!』はグループSNE(グループSNEはTRPG版『シルバーレイン』の開発段階からのお付き合いが縁で次回作の一部プロットを担当している)との共同で制作され、ライトノベルの挿絵で活躍中のをメインイラストレーターとして迎えてASHアカウント第3号として制作され、2010年1月29日に無料キャラクター登録が開始され、2015年9月30日にサービス終了した。

第四作『サイキックハーツ』は富士見書房(現・KADOKAWA富士見書房BC)と業務提携を行い、同社から出版されたTRPGリプレイパラサイトブラッドのイラストを手がけた新井テル子をメインイラストレーターとして2012年8月12日に無料キャラクター登録が開始し、新たに決済手段として楽天Edy・交通系電子マネー(Suica等。但しPiTaPaを除く)・携帯キャリア決済等が加わりASHアカウントとは別のアカウントで用意された。

第五作『ケルベロスブレイド』はニコニコと業務提携を行い、初音ミク鏡音リン・レン巡音ルカのパッケージイラストを手がけたKEIをメインイラストレーターとして迎え、著名ボカロPによるオリジナル楽曲の提供を受けて2015年8月16日に無料キャラクター登録が開始され、アカウントは『サイキックハーツ』と共通化を果たした。

なお、登記上は1998年5月7日設立であるが、企業としての実質的な活動は2003年6月無限のファンタジア公開が最初である。それ以前は、1998年頃から2000年頃までにかけて同人サークル「トミーウォーカー ジュニア」として、超能力ロボットRPG「レリックギア」、巻物型ルールブックの「サムライキングダム」等を発表していた。

トミーウォーカーがPBW業界に与えた影響[編集]

  • 商業PBWの運営における、イラスト注文サービスの影響力の増大。キャラクターのイラストを注文できるサービス自体は、以前から同業他社にもあった[要出典]が、トミーウォーカーはそれと同等以上の規模でのサービス提供を行った。ある程度実用的なレベルでのイラスト発注コンテンツを持つ企業が複数存在するようになった事で、このサービスが特別珍しいものではなくなり、一度慣れるとイラスト発注ができない他のPBWが物足りなく感じるようになった顧客も少なくないと思われる。この流れに追随してか、これまでイラスト発注コンテンツを持たなかった他社PBWでも、小規模ながらキャラクターイラストの注文サービスを始める所も出てきている。今や、イラスト注文サービスは商業PBWの運営に不可欠のサービスとなり[要出典]、複数の企業に登録しているイラストレーターも珍しくはない。
  • NPCのホスト・ホステス化のさらなる進行。PBMが主流だった時代、NPCはTRPGでのそれと同様に、主にシナリオの中心でストーリーの進行に関わる役割を果たす事が多かった。トミーウォーカーの作品でもそれらの役割を担うNPCは存在するが(ゲームマスターではなく、トミーウォーカーがゲーム運営の都合上作成したNPCは「公式NPC」と呼ばれ、多くのプレイヤーから通常NPCとは別格の存在と認識される)、それ以上に特定のシナリオと関わりの無い、PCと同じような立場でPCとの交流を主な役目とする者が多くいる[要出典]。それらのNPCと親密な関係を築く事ができれば、彼らと一緒の場面をイラスト化したり、彼らをPC達の拠点に招いて特別なシナリオを楽しむ事もできる(TW2シルバーレインでは、NPCの勧誘も不要になった)。過去の商業作品においても、広告宣伝のために看板的役割を果たしたNPCはいたが、このようにPCとNPCの「特定シナリオの枠を越えた交流」を推進した企業は珍しい(近年では、トミーウォーカーよりもむしろフロンティアワークスの方がホスト・ホステス路線をより強く推進している)[要出典]。一方で、お気に入りのNPCを担当していたマスターが活動を休止してしまったり、何らかの事情で担当者が交代し、NPCのキャラクター性が全く変わってしまった事で参加意欲を失ってしまうプレイヤーもおり、NPCの適切な管理と運用は重要な課題だと言える。[要出典]

プロモーション展開[編集]

関連サイト[編集]