築地俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
築地 俊彦
ペンネーム 築地 俊彦
(つきじ としひこ)
誕生 日本の旗 日本
職業 ライトノベル作家
脚本家
漫画原作者
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1999年 -
代表作 まぶらほけんぷファー
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

築地 俊彦(つきじ としひこ、3月生まれ)は、日本ライトノベル作家、脚本家漫画原作者

経歴[編集]

ゲーム制作会社「遊演体」運営に参加したことがきっかけで、ゲーム制作会社「ホビー・データ」の設立に参加。1990年、有限会社ホビー・データ主催のプレイバイメール「クレギオン#1 遙かなるアーケイディア」にマスターとして参加。当初は外部契約だったが、後に社員として入社。マスター時には“黒須俊之”と名乗っていたこともある。主にミリタリーや戦争と言った硬派なシナリオを扱っていたが、ラブコメなどの軟派なシナリオも扱っていた。なお、当時の同僚に野尻抱介新井輝などがいる。また、かつて遊演体に所属していた賀東招二などとも交流がある。

その後、同社のゲームをノベライズした野尻抱介に続き、自身も1999年、『ライトセイバーズ』(富士見ファンタジア文庫)で小説家デビュー。[1]

人物[編集]

重度のミリタリー・マニア。野尻抱介の『ロケットガール』には、彼をモデルにした「黒須俊之(築地の旧名義)」が登場している。

作品リスト[編集]

小説[編集]

電撃文庫[編集]

富士見ファンタジア文庫[編集]

富士見ミステリー文庫[編集]

MF文庫J[編集]

ファミ通文庫[編集]

角川スニーカー文庫[編集]

GA文庫[編集]

ガガガ文庫[編集]

講談社ラノベ文庫[編集]

ダッシュエックス文庫[編集]

TO文庫[編集]

テレビアニメ[編集]

漫画原作[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]