山本賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 賢治(やまもと けんじ、4月27日 - )は、日本漫画家漫画原作者

概要[編集]

1993年富士美出版COMIC CANDY TIME』同年5月号にてデビュー。以降成年漫画を中心に、主に電波系グロ系統の漫画を発表していたが、秋田書店週刊少年チャンピオン』にて『スカルポイント』を短期集中連載し少年誌デビューを果たす。その後、ブロッコリーカードゲームメディアミックス漫画『カオシックルーン』を連載。他にもメディアファクトリー月刊コミックアライブ』では『ガイスターバーン』を、『週刊少年チャンピオン』では手塚治虫の『ブラック・ジャック』のリメイク版『ブラック・ジャック〜黒い医師〜』を発表している。

リメイク版では基本的な展開は原作に忠実だが、グロを含めたブラックな描写・萌え描写が色濃く表現され、また代表作『カオシックルーン』の登場人物をゲスト役に何人も登場させる、いわゆるスターシステムを導入しており、独自性を出す事に成功している。

2007年網膜剥離および緑内障を患い視力が低下したため『カオシックルーンEs』は休載扱いとなっている。

韮沢靖とは近所付き合いの仲で『CRIMEZONE -クリム・ゾン-』のクリーチャーデザインを頼んでいる。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

漫画原作作品[編集]

その他の作品[編集]

逸話[編集]

  • プラモデル作りが趣味で、あまりに作りすぎたためにテニス肘になり休載したことがある。ファンの間では長らくゴルフ肘とされてきたが正確にはテニス肘であった[1]
  • モータルコンバットシリーズの大ファンで、ゲーム雑誌の挿絵に寄稿したり、同人誌も出版している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1] - 2012年12月11日のtwitter発言。

外部リンク[編集]