羊太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羊太郎
ペンネーム 羊太郎
誕生 日本の旗 日本
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2014年 -
ジャンル 小説
代表作ロクでなし魔術講師と禁忌教典
ラストラウンド・アーサーズ
円満解決!閻魔ちゃん
主な受賞歴 第26回ファンタジア大賞大賞受賞
デビュー作 『ニートなボクが魔術の講師になったワケ』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

羊太郎(ひつじたろう)は、日本小説家である。

来歴[編集]

千葉県出身[1]。大学受験の浪人の最中、受験勉強そっちのけでライトノベルを読み漁った[1]。特に賀東招二の『フルメタル・パニック!』の面白さに感動したことから、ライトノベルの執筆を始めたと語っている[2]。その後、一時期、漫画家を目指そうとしたものの、絵心がなかったため、社会人をやりながら作家を目指す[1]2014年に『ニートなボクが魔術の講師になったワケ』が第26回ファンタジア大賞大賞を受賞して、受賞作を改題した『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』でデビューした[2][3][4]。ゲームや漫画などを始めとしたサブカル系全般が趣味だと話しており、特にネット上での知り合いから誘われたことから始めたTRPGにハマっていると話している[1]

作品リスト[編集]

映像化[編集]

テレビアニメ[編集]

Webアニメ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 独占インタビュー「ラノベの素」 羊太郎先生『ロクでなし魔術講師と禁忌教典&ラストラウンド・アーサーズ』” (英語). ラノベニュースオンライン. 2021年4月7日閲覧。
  2. ^ a b ファンタジア大賞WEBサイト” (日本語). ファンタジア大賞WEBサイト. 2021年7月6日閲覧。
  3. ^ “第26回ファンタジア大賞 大賞決定戦 結果発表!!”. ファンタジア大賞WEBサイト. https://www.fantasiataisho.com/contest/fantasia26th.php 2018年9月10日閲覧。 
  4. ^ “第26回ファンタジア大賞決定──1849作の応募から『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』選出”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2014年6月7日). http://getnews.jp/archives/593840 2018年9月10日閲覧。 
  5. ^ ロクでなし魔術講師と禁忌教典 | 特設ページ | ファンタジア文庫”. ロクでなし魔術講師と禁忌教典 | 特設ページ | ファンタジア文庫. 2021年7月6日閲覧。
  6. ^ ラストラウンド・アーサーズ | 特設ページ | ファンタジア文庫”. ラストラウンド・アーサーズ | 特設ページ | ファンタジア文庫. 2021年7月6日閲覧。
  7. ^ 古き掟の魔法騎士 | 特設ページ”. ファンタジア文庫. 2021年7月6日閲覧。
  8. ^ TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」公式サイト”. TVアニメ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」公式サイト. 2021年7月6日閲覧。
  9. ^ https://twitter.com/taro_hituji/status/1307360504206118912” (日本語). Twitter. 2021年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]