真じろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真じろう(しんじろう)は日本漫画家。男性。代表作は「タブー・タトゥー」。

経歴[編集]

元々マンガ家志望ではなく、大学に入った頃は生物学を専攻してて研究者志望だった。ただ中学時代から絵を描くのは趣味で大学4年のときにマッグガーデンの編集者が声をかけてくれて新人賞向けのマンガを描いた投稿作品がコミックブレイド(マッグガーデン)の編集長に気に入られデビュー。

中学の時に掲示板で初めて使ったHN「しんじろう」をそのまま絵描きとしてのPNに流用。その後、漫画家デビューに伴い自分へのご褒美として格上げし、「真じろう」に 。

作風[編集]

エログロ萌えを好み、ミリタリーサイエンスフィクションなどのジャンルを得意とする。「(原稿が)終わらねえ」など、作者の内情・近況をギャグとして用いることが多い。カバー裏に四コマ漫画を描いたり、おまけページに短編を描くことが多い。また、自身と自作のキャラを(おまけページなどで)絡ませることも多い。[要出典]

作品[編集]

関連項目[編集]