<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-
ジャンル ファンタジー
小説
著者 海道左近
イラスト タイキ
出版社 ホビージャパン
掲載サイト 小説家になろう
レーベル HJ文庫
刊行期間 2015年10月10日(なろう)
2016年11月1日(文庫) -
巻数 既刊9巻(2019年2月現在)
漫画
原作・原案など 海道左近(原作)
タイキ(キャラクター原案)
作画 今井神
出版社 ホビージャパン
掲載サイト コミックファイア
レーベル ホビージャパンコミックス
発表号 2016年12月22日 -
発表期間 2017年5月27日 -
巻数 既刊4巻(2019年1月現在)
アニメ
原作 海道左近
放送局 未定
放送期間 未定 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-』は、海道左近による日本ライトノベル。イラストはタイキが担当している。

小説投稿サイト『小説家になろう』にて2015年10月より連載が始まり、HJ文庫ホビージャパン)より2016年11月から刊行されている。また、今井神によるコミカライズが発表されている。2019年3月現在、今までに公開された作品はすべて閲覧が可能。『新作ラノベ総選挙2017』第1位。『このライトノベルがすごい!』2018年版で文庫部門総合第3位。新作第2位。

あらすじ[編集]

2043年7月15日、プレイヤーの性格・思考・行動に合わせて無限のパターンの進化をたどる独自のシステム「エンブリオ」を有するダイブ型VRMMO『Infinite Dendrogram』(インフィニット・デンドログラム)が発売された。過去のVRMMOが実現できず技術的に不可能とされてきた要素をいくつも備えていた『Infinite Dendrogram』はまもなく一大ムーブメントとなり、世界を席巻した。

それから1年半後、大学受験を終えて東京で一人暮らしを始めた椋鳥玲二は長い受験勉強の終了を記念し、以前から兄の修一に誘われていた『Infinite Dendrogram』を始める。

玲二はチュートリアルを済ませてレイとなり、発売初期から『Infinite Dendrogram』を始めていた兄との合流を目指すが、その途中で遭遇したNPCの女性から、クエストとして彼女の妹の捜索を頼まれる。やがて兄と合流したレイは、「この世界のイベントは後に回せば人死にが起こることもある」と聞き、ジョブに就かずエンブリオも得ないまま捜索を開始する。NPCの女性の妹を見つけたものの、危険なモンスターに囲まれた状態で兄とはぐれたレイは、デスペナルティになる寸前にエンブリオを孵化させて危機を脱すると、兄の助力もあってクエストを完了する。

初クエストで助けたNPCの女性は、レイの所属するアルター王国騎士団の副団長だった。その縁をたどり、初心者ながら【聖騎士】という上級職に就いたレイは王都付近でのレベル上げ中に初心者狩りに遭い、デスペナルティとなってしまう──。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優。

主要人物[編集]

レイ・スターリング / 椋鳥玲二
声 - 斉藤壮馬[1]
大学受験が終わり、初心者プレイヤーとして<Infinite Dendrogram>に降り立った青年。基本的に温厚だが、譲れないモノの為には何度でも立ち上がる強い意志がある。
ネメシス
声 - 大野柚布子[1]
レイの<エンブリオ>として顕在した少女。<エンブリオ>としての名称は【復讐乙女 ネメシス】。かなりの大食い。
シュウ・スターリング/椋鳥修一
声 - 日野聡[1]
レイを<Infinite Dendrogram>へと誘ったレイの兄。アバターのキャラクターメイキングの際、誤って自分のリアルのままで行ってしまったために熊の着ぐるみを着込んでプレイする羽目になっている。エンブリオは戦車やガトリング砲などに変形する【戦神艦 バルドル】。
ルーク・ホームズ
声 - 小市眞琴[1]
レイと同時期に始めた<マスター>の少年。類稀な美貌と幅広い才能を持つ。
バビロン
声 - 高田憂希[1]
ルークの<エンブリオ>。通称はバビ。<エンブリオ>としての名称は【堕落天魔 バビロン】。ネメシスのようなメイデンではないが人型に近い形態をしている。
種族としては悪魔系の淫魔に属するが、ルークが未成年のため性的な振る舞いはしない。
ユーゴー・レセップス
声 - 村瀬歩[1]
外伝『蒼白詩篇』の主人公でもある<マスター>の少年。アルター王国の敵国であるドライフ皇国で流行しているマジンギアに乗っている。
キューコ
声 - 小倉唯[1]
ユーゴーと行動を共にする少女。棒読みな口調ながらも毒舌。
マリー・アドラー
声 - 日笠陽子[1]
【記者】に就いてる女性の<マスター>。

アルター王国[編集]

ティアン[編集]

アルティミア・A・アルター
アルター王国の第一王女。前の戦争で国王であった父が殺害されたことで王としての執務を代行しており、事実上の指導者。皇国の<マスター>達に父や師に友人を殺害されたり、戦争に参戦しなかった王国側の<マスター>達のこともあり、<マスター>という存在を信用していない。
リリアーナ・グランドリア
アルター王国の近衛騎士団の副団長。前の戦争で父であった騎士団長と彼女より強い団員がみな殺害されたために、事実上の近衛騎士団のトップ。
ミリアーナ・グランドリア
リリアーナの妹。どこかへ潜り込むことに対して異常なまでの才能を有している。
エリザベート・S・アルター
アルター王国の第二王女。度々、王宮からの脱走事件を起こす問題児。
テオドール・リンドス
アルター王国の近衛騎士団の第三位。<マスター>に対し複雑な感情を抱えているが、必要とあらば私情に蓋をして動くこともできる職務への誠実さを持つ。

<マスター>[編集]

フィガロ
<アルター王国三巨頭>に数えられる<超級>の一人。メインジョブは【超闘士】。アルター王国の決闘ランキング一位にしてシュウの友人。装備の強さを優先して装備しているため、服装はかなりちぐはぐな外見をしている。“無限連鎖”という通り名を持つ。
扶桑月夜
<アルター王国三巨頭>に数えられる<超級>の一人。メインジョブは【女教皇】。アルター王国のクランランキングの一位かつリアルの宗教でもある宗教クラン<月世の会>のオーナー。<月世の会>の教祖で顔も名前もそのままにログインしている。“月世界”。
“正体不明”
<アルター王国三巨頭>に数えられる<超級>の一人。メインジョブは【破壊王】。アルター王国の討伐ランキング一位。
レイレイ
アルター王国の<超級>の一人。シュウのリアルの友人。リアルでは歌手として多忙な日々を過ごしているため、滅多にログインしない。“酒池肉林”。

ドライフ皇国[編集]

<マスター>[編集]

Mr.フランクリン
ドライフ皇国のクランランキング一位のクラン<叡智の三角>のオーナーである<超級>の一人。メインジョブは【大教授】。レイがプレイを始める前に起きた王国と皇国の戦争において、当時三者の中で唯一<超級>ではない身ながらも、参戦者を蹂躙し、王国の王を殺害したことで王国の者から多くの恨みを買っている。“最弱最悪”とも。
ローガン・ゴットバルト
ドライフ皇国の決闘ランキングの一位である<超級>の一人。メインジョブは【魔将軍】。かつての王国と皇国の戦争において、リリアーナの父であった王国の騎士団長以下多くの騎士団員を殺害した。“矛盾数式”。
“物理最強”
ドライフ皇国の討伐ランキングの一位にして、皇国最強の<超級>。MP・SP・LUC以外のステータスの合計値が最も高いことからこの通り名を冠している。メインジョブは【獣王】。かつての王国と皇国の戦争において、【大賢者】を殺害した。

黄河帝国[編集]

ティアン[編集]

ツァンロン
迅羽と共に王国にやってきた黄河帝国第三皇子。

<マスター>[編集]

迅羽
<黄河四霊>に数えられる<超級>の一人。黄河帝国の決闘ランキング二位。メインジョブは【尸解仙】。身長数mのキョンシーという異様な風体だが、常識を置き去りにしているような作中の<超級>達の中でも屈指の常識人。“応龍”とも。
グレイ・α・ケンタウリ
<黄河四霊>に数えられる<超級>の一人。黄河帝国の討伐ランキング一位。メインジョブは【総司令官】。着ぐるみ宇宙人のような風体をしている。“霊亀”。

カルディナ[編集]

<マスター>[編集]

ファトゥム
<セフィロト>に所属するカルディナ最強の<超級>。<Infinite Dendrogram>内で最大のMPを持つ。通り名は“魔法最強”。メインジョブは【地神】。<エンブリオ>は【無渇聖餐杯 グラール】。
カルル・ルールルー
<セフィロト>に所属する<超級>の一人。通り名は“万丈無敵”。メインジョブは【神獣狩】。<エンブリオ>は【不壊不朽 ネメアレオン】。
アルベルト・シュバルツカイザー
<セフィロト>に所属する<超級>の一人。通り名は“七死変貌”。メインジョブは【殲滅王】。<エンブリオ>は【七星転身 セプテントリオン】。

グランバロア[編集]

<マスター>[編集]

醤油抗菌
グランバロアの討伐ランキング一位。<グランバロア七大エンブリオ>の一人に数えられる<超級>。メインジョブは【大提督】。海上戦において屈指のマスターで、“四海最強”と呼ばれることもある。エンブリオは人間の体液も含んだあらゆる液体を爆薬に変える【大炎醸 アブラスマシ】。着ぐるみを使用している。

天地[編集]

<マスター>[編集]

二重鉢轟
天地の<超級>の1人。通り名は“絡繰鉄人”。着ぐるみを使用している。

レジェンダリア[編集]

<マスター>[編集]

ZZZ
レジェンダリアで指名手配されている<超級>の1人。通り名は“睡眠欲”。着ぐるみを使用している。

“監獄”[編集]

ゼクス・ヴュルフェル
<IF(イリーガル・フロンティア)>のオーナー。メインジョブは【犯罪王】。現在は“監獄”に収監されて<ダイス>という喫茶店を開いている。ガーベラからすると合計レベルの値はバグかと思われるほどのものを有する。シュウと因縁を持っている。首を切断されたり、心臓を刺されても平然としたりできる<エンブリオ>を有する。
ガーベラ
<IF>の所属者である<超級>。王国で起こした事件の末に敗れて、“監獄”に収監された。何者からも認識されない強力な<エンブリオ>に反して、自分を誤魔化し続けてた在り様だったために敗れたが、現在はゼクスによってジョブ構成や性格諸々を地獄の特訓として矯正中。
アプリル
<ダイス>の店員である機械仕掛けのウェイトレス人形。その正体は先々期文明においてフラグマンが作り出した傑作である煌玉人の一体、【金剛石之抹殺者(ダイヤモンド・スレイヤー)】。
キャンディ・カーネイジ
“監獄”に収監された<超級>の1人。メインジョブは【疫病王】。通り名は“国絶やし(リージョン・ロスト)”、“ティアン最多殺傷者”と呼ばれる。現在は“監獄”に飼われているUBM【細菌兵器】を攻略中。攻略後はゼクス、ガーベラと共に脱獄に乗り出す予定。
フウタ
“監獄”に収監された<超級>の1人。ゼクスから持ちかけられた脱獄の計画を拒絶している。
ハンニャ
“監獄”に収監された<超級>の1人、間もなく刑期が明ける模様。

<IF(イリーガル・フロンティア)>[編集]

指名手配された<超級>達によるクラン。現在、オーナーのゼクスとメンバーの1人であるガーベラは監獄に収監されている。

ラスカル
<IF>に所属する<超級>の1人。オーナーのゼクスが“監獄”に収監されているため、現在はオーナーを代行している。
ゼタ
<IF>に所属する<超級>の1人。
エミリー
<IF>に所属する<超級>の1人。肉体が爆散しても平気でいられるという能力を有する。

管理AI[編集]

チェシャ
<Infinite Dendrogram>の管理AI13号、現在は雑用担当。衣服を来た二足歩行する猫の姿をしている。レイのチュートリアルを担当した。
ジャバウォック
<Infinite Dendrogram>の管理AI4号、<UBM>担当。人間のシルエットを帯びた悪魔のような姿をしている。
クイーン
<Infinite Dendrogram>の管理AI3号、モンスター担当。ジャバウォックに対し強い承認欲求を持つ。
ハンプティダンプティ
<Infinite Dendrogram>の管理AI2号、<エンブリオ>担当。シュウに執着している。
キャタピラー
<Infinite Dendrogram>の管理AI5号、自然環境担当。
ダッチェス
<Infinite Dendrogram>の管理AI7号、グラフィック担当。
レドキング
<Infinite Dendrogram>の管理AI6号、<監獄>担当。
マッドハッター
<Infinite Dendrogram>の管理AI9号、アイテム担当。
アリス
<Infinite Dendrogram>の管理AI1号、アバター担当。
トゥイードルディー&トゥイードルダム
<Infinite Dendrogram>の管理AI11号、クエスト、イベント担当。
ドーマウス
<Infinite Dendrogram>の管理AI8号。
ラビット
<Infinite Dendrogram>の管理AI12号、時間担当。
バンダースナッチ
<Infinite Dendrogram>の管理AI10号、セキュリティ担当。

先々期文明[編集]

フラグマン
レイが手に入れた煌玉馬の製作者である2000年以上前の技術者。他にも先々期文明の遺産の多くを開発・製造している。

用語[編集]

<Infinite Dendrogram>
西暦2043年7月15日にリリースされたフルダイブ型VRMMO。これまでに試作されながらも全てが失敗作に終わってきたVRMMOとは異なり、グラフィックや五感の再現、現実の環境に左右されない完全ダイブなどの諸機能が高水準に達しており、内部の世界はリアルと遜色がない。内部時間は現実世界の3倍へと加速している。プレイヤーのパーソナルに応じて独自の進化をしていく<エンブリオ>、千を超えるジョブの組み合わせによって無限の可能性を有することもあり人気を博している。
<マスター>
<Infinite Dendrogram>におけるプレイヤー達を指す。<エンブリオ>を移植されている。<マスター>の証として手の甲に<エンブリオ>の紋章が刻まれており、それが一種の身分証明書となっている。
トッププレイヤーなどを分ける基準としては後述の<エンブリオ>の形態で区分される。アバターは特殊超級職を除く後述のジョブに対して全ての適性を有する。
<Infinite Dendrogram>をゲームだと思ってプレイしている者は通称“遊戯派”とされ、逆に単なるゲームだと思わず、一つの異世界のように思っている者は“世界派”とされる。
<Infinite Dendrogram>内で死亡した場合、現実時間で24時間(内部時間で3日間)ログインできないデスペナルティとなる。
ティアン
<Infinite Dendrogram>におけるNPC。思考は人間とは大差なく、紋章以外でNPCとは見分けられない。<マスター>と異なり、一度死ねば蘇ることはなく、遺体も残る。システム的にはジョブに就くことができる人間範疇生物を指す。吸血鬼や獣人、妖精、巨人なども含むが、ジョブに就かなければ能力的差異は小さく、戦闘力はジョブに依存する。その在り方のために、ティアンでは体が大きいだけの巨人が妖精によって絶滅寸前に追い込まれていたりする。就くことができるジョブの上限が存在する。
<エンブリオ>
<マスター>が持つ固有の力。初ログイン時に<マスター>の手に移植された段階で卵状の宝石の姿をした第0形態から孵化するまでは<マスター>のパーソナルを解析し続け、それが完了したら孵化をする。<マスター>のパーソナルに応じて能力は千差万別に変わる。孵化後は<マスター>の経験に応じて、進化をし続ける。現段階では第0形態から第七形態までが確認されている。進化をしていけば、カテゴリー名が変わるあるいは他のカテゴリーを含む複合カテゴリーになる場合もある。
第七形態は【超級エンブリオ】とされ、これに到達した<マスター>は<超級(スペリオル)>と呼ばれ、現段階では100人にも満たない。
<エンブリオ>の名称は地球における神話や伝説、童話などの伝承からとられている。
ジョブ
<マスター>、ティアン問わず<Infinite Dendrogram>の世界で就く職業。ジョブごとにレベルに上限がある。就くジョブによっては種族が変更され、アンデッドや鬼に変更される場合もある。全ての<マスター>はレベル上限50の下級職を6つ、レベル上限100の上級職2つによる合計500レベルが基本的な上限だが、ティアンと<マスター>問わず、超級職(スペリオル・ジョブ)はその制限がなく基本的な上限500レベルを突破したレベルへと上げることができる。ただし、超級職は先着1名にしか就くことができない。極まった者では4桁代のレベルに到達した者も存在する。
特殊超級職
一部の特殊な因子を持つティアンにしか就けない特殊超級職。通常の超級職以上の力を有し、戦闘型の特殊超級職の場合は<超級>に比肩するほどの戦闘力を持つ。

<エンブリオ>[編集]

TYPE:メイデン
人間の女性の姿をしたレアカテゴリーの<エンブリオ>。必ず、後述の他のカテゴリー(アポストルを除く)を複合した形で生まれ、戦闘時にはその複合したカテゴリーの姿となる。傾向として、「頭では理解していても、心のどこかで<Infinite Dendrogram>の世界をゲームだと思っていない」、<エンブリオ>孵化前に強い危機感を抱いた<マスター>から生まれるとされる。
■■■機能とされる当の<エンブリオ>自身にも詳細を読み取れない、緊急進化を起こす機能を有している。
TYPE:アームズ
武器、防具、道具、アクセサリ、義眼や義手等の姿をした<エンブリオ>。勇気ある者、傷付くことを恐れない者、猪突猛進、人情家、熱血漢な<マスター>から生まれる傾向がある。上位カテゴリーに兵器運用に特化したウェポンや演算処理能力に特化したカリキュレーターが存在する。
TYPE:ガードナー
生物の姿をした<エンブリオ>。<マスター>を護衛するモンスター。傷つくことを恐れる者、寂しがり屋、あるいは誰かに守ってもらいたい<マスター>から生まれる傾向がある。上位カテゴリーには群体型となるレギオンやガードナー単体の性能を特化させたガーディアンが存在する。
TYPE:キャッスル
城などの建造物の姿をした<エンブリオ>。内向的、優しい、職人肌、丁寧な<マスター>から生まれる傾向がある。上位カテゴリーには建造物の外部への攻撃に特化したフォートレスなどが存在する。
TYPE:テリトリー
結界の姿をした<エンブリオ>。自分ルールを持ったり、独善的、一匹狼、ストレスを溜め込む<マスター>から生まれる傾向がある。上位カテゴリーには<マスター>の外部への干渉に特化したワールドやマスターの内側の法則へと干渉するルールが存在する。
TYPE:チャリオッツ
騎乗物の姿をした<エンブリオ>。演技派、嘘つき、ノリがいい、優柔不断、お調子者の<マスター>から生まれる傾向がある。上位カテゴリーにギアなどが存在する。
TYPE:アポストル
メイデンと対をなす、■■■機能を有するもう一つのレアカテゴリー。強い危機感から生まれるメイデンと異なり、強い使命感から生まれる。
その他
TYPE:エンジェル○○やTYPE:ボディなどその他多数の上位派生カテゴリー、レアカテゴリーも存在する。

地理[編集]

アルター王国
七大国家の一つ。西方三国中央にある騎士の国。内部時間において半年前に、かつて隣国だったドライフ皇国と決裂し、国家間戦争が起きた。その結果、王や騎士団長など要人が多く死亡し、レイが初ログインした時期には迫り来る第二次騎鋼戦争において危機に瀕していた。<超級>は<アルター王国三巨頭>の3人を含めた4人。
ドライフ皇国
七大国家の一つ。西方三国北端にある機械と鉄の国。<超級>は3人。耕作地の不作による飢饉等を理由にアルター王国に宣戦布告した。
黄河帝国
七大国家の一つ。大陸東にある中華風の国。<超級>は<黄河四霊>の4人。
カルディナ
七大国家の一つ。大陸の中央にある砂漠の国。<マスター>達の急激な増加(<Infinite Dendrogram>サービス開始時)までは、国家が保有する戦力に超級職が少なく最弱の国家だったが、値段が釣り上がる代わりに個々の国家が外に出さないはずの禁制品すら有していることによって資金が豊富な上級者の<マスター>達が流入した。それにより<超級>が七大国家の中で最も多くの人数所属したことで世界最強の国家となり、周囲の国家に対する圧力を強めている。<超級>はカルディナ政府の元に設立された世界最強クラン<セフィロト>に所属する9人。
グランバロア
七大国家の一つ。領土を持たず、幾つもの船団で形成された国。<超級>は全員が海上戦を得意とする<グランバロア七大エンブリオ>の7人。
天地
七大国家の一つ。黄河帝国東岸から更に東側にある日本風の島国。他の七大国家とは別の意味で隔絶しており、内乱が生じているのが常となっている文字通りの修羅の国。<超級>は決闘ランキングに3人、討伐ランキングに2人の在籍が確認されているが、それ以外に存在するかは現時点では不明。
レジェンダリア
七大国家の一つ。西方三国南端にある吸血鬼や妖精のような亜人達の国家。ファンタジーというべき要素が詰まっているという意味では王道に近いが、なぜか所属する<マスター>達のうち半数ほどが変態であり、アブノーマルであるのを自認する他の国家の<マスター>ですら、「あいつらには及ばない」「あそこの連中とは一緒にするな」と言うほどの凄まじい変態が多い。そのような在り様のためか<マスター>達の<エンブリオ>も極端な能力が見受けられている。国家に所属している<超級>は現時点では3人まで確認されているが、他にも指名手配の犯罪者の<超級>が何人も巣食っている模様。
“監獄”
国家で指名手配を受けた末にセーブポイントを確保できないまま倒された犯罪者の<マスター>が以降のログイン場所として収監される場所。「監獄」という名称だが、中は西部劇の町のような場所で、外界と同じようにゲームを楽しむことができる。収監されている<超級>は物語開始時点で4人だったが、王国でのある騒動で1人が倒され収監されたことで5人になった。

モンスター[編集]

<UBM(ユニークボスモンスター)>
世界で一体だけしか存在しないモンスター。総じて、戦闘力は高くなんらかの特殊能力を有している。強さの階級としては、逸話級、伝説級、古代伝説級、神話級が基本的な順番となっている。倒された場合、討伐に最も貢献した者の手にその能力を持つ特典武具として渡る。既存のモンスターが特殊な能力に目覚めるなどして認定されるケースと、ジャバウォックによるデザインを受け誕生するケースの二種類がある。
<イレギュラー>
<UBM>の中でもレベル100を超えた存在。システム上は神話級<UBM>と同じ扱いだが、その強さは桁違いである。
<SUBM(スペリオルユニークボスモンスター)>
<イレギュラー>と同様にレベル100を超えた存在で、管理AIの管轄下にある。通常の<UBM>では討伐貢献度が最大の1名のみに特典武具が与えられるが、<SUBM>の場合は複数の討伐貢献者に応じて複数の特典武具に分かれる。

既刊一覧[編集]

小説[編集]

海道左近(著)、タイキ(イラスト)、ホビージャパンHJ文庫〉、既刊9冊

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム-
巻数 タイトル 初版発行日 ISBN
1 可能性の始まり[2] 2016年11月1日 ISBN 978-4-7986-1325-3
2 不死の獣たち[3] 2016年12月29日 ISBN 978-4-7986-1363-5
3 超級激突[4] 2017年4月1日 ISBN 978-4-7986-1432-8
4 フランクリンのゲーム[5] 2017年7月1日 ISBN 978-4-7986-1478-6
5 可能性を繋ぐ者達[6] 2017年9月30日 ISBN 978-4-7986-1551-6
6 月世の会[7] 2018年2月1日 ISBN 978-4-7986-1620-9
7 奇跡の盾[8] 2018年6月1日 ISBN 978-4-7986-1705-3
8 遺された希望[9] 2018年10月1日 ISBN 978-4-7986-1788-6
9 双姫乱舞[10] 2019年2月1日 ISBN 978-4-7986-1860-9

漫画[編集]

今井神(漫画)、ホビージャパンHJコミックス〉、既刊4冊

インフィニット・デンドログラム
巻数 タイトル 初版発行日 ISBN
1 インフィニット・デンドログラム 1[11] 2017年5月27日 ISBN 978-4-7986-1457-1
2 インフィニット・デンドログラム 2[12] 2018年1月27日 ISBN 978-4-7986-1613-1
3 インフィニット・デンドログラム 3[13] 2018年7月27日 ISBN 978-4-7986-1736-7
4 インフィニット・デンドログラム 4[14] 2019年1月26日 ISBN 978-4-7986-1827-2

テレビアニメ[編集]

ホビージャパンの50周年記念アニメ化作品として制作される[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i “HJ文庫「インフィニット・デンドログラム」アニメ化!斉藤壮馬、大野柚布子ら出演”. コミックナタリー. (2019年1月25日). https://natalie.mu/comic/news/317287 2019年1月25日閲覧。 
  2. ^ 【新シリーズ】<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1.可能性の始まり”. HJ文庫. 2016年11月20日閲覧。
  3. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 2.不死の獣たち”. HJ文庫. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 3.超級激突”. HJ文庫. 2017年4月1日閲覧。
  5. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 4.フランクリンのゲーム”. HJ文庫. 2017年7月1日閲覧。
  6. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 5.可能性を繋ぐ者達”. HJ文庫. 2017年9月30日閲覧。
  7. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 6.月世の会”. HJ文庫. 2018年2月1日閲覧。
  8. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 7.奇跡の盾”. HJ文庫. 2018年6月1日閲覧。
  9. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 8.遺された希望”. HJ文庫. 2018年10月2日閲覧。
  10. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 9.双姫乱舞”. HJ文庫. 2019年2月1日閲覧。
  11. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 1”. コミックファイア公式Webサイト. 2017年5月27日閲覧。
  12. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 2”. コミックファイア公式Webサイト. 2018年1月27日閲覧。
  13. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 3”. コミックファイア公式Webサイト. 2018年8月31日閲覧。
  14. ^ <Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 4”. コミックファイア公式Webサイト. 2019年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]