はじめてのギャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はじめてのギャル
ジャンル ラブコメ学園
漫画
作者 植野メグル
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊少年エース
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2016年1月号 -
発表期間 2015年11月26日 -
巻数 既刊11巻(2020年7月現在)
アニメ
原作 植野メグル
監督 古川博之
シリーズ構成 百瀬祐一郎
キャラクターデザイン 古川博之
音楽 やしきん
アニメーション制作 NAZ
製作 「はじギャル」製作委員会
放送局 AT-XTOKYO MXほか
放送期間 2017年7月 - 9月
話数 全10話+OVA1話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

はじめてのギャル』は、植野メグルによる日本漫画作品。『月刊少年エース』(KADOKAWA)にて2016年1月号より連載中。

あらすじ[編集]

DT脱出を夢見る思春期真盛りの男子高校生・羽柴ジュンイチは高校へ進学すれば漫画のような男女交際ができると信じていたが、彼の夢は見事に打ち砕かれる。彼氏彼女の溢れる学校生活の中、坂本慎平石田景吾小早川稔とエロ本を堪能していたジュンイチはクラスメイトでギャル八女ゆかなにその光景を見られ、キモがられてしまう。

その後、坂本たちとの罰ゲームでジュンイチは「ギャル(ゆかな)に土下座をして告白する」ハメになってしまう。ついさっきキモがられた相手に土下座告白をするという羞恥心と妙な下心が交錯するなかで土下座告白をするジュンイチだったが、告白を真に受けたゆかなは告白を受け入れるという想定外の行動に出る。思いがけないかたちで交際が始まったジュンイチは奇想天外な行動を繰り返してしまうが、本当は心優しく純情なゆかなを理解し一歩ずつ関係を深めていく。

かつて憧れていたクラスのマドンナ香椎結衣、ゆかなの幼馴染本城蘭子、ジュンイチの幼馴染藤ノ木寧音、ゆかなに触発されて次々と増えていくヒロインたちに翻弄されるジュンイチの日々が始まっていく。

登場人物[編集]

主人公[編集]

羽柴 ジュンイチ(はしば ジュンイチ)
- 浅沼晋太郎(羽柴ジュンイチ[1]、エロジュンイチ)、豊永利行(ネガジュンイチ)、白石稔(善ジュンイチ)、速水奨(イケメンジュンイチ)、富樫美鈴(小学生時代)
本作の主人公。高校2年生。誕生日は8月31日。身長170センチメートル、体重62キログラム。
元々は非リア充グループの一員だった地味な少年。頭頂部から生えた枝分かれ状のアホ毛が特徴。自制心はあるが極度のむっつりスケベで妄想が激しく、DT(童貞)卒業を夢見ている。それが故に女性に迫られると凄まじい妄想を脳内で繰り広げた末に一周回って冷静に戻るため、いざという時は意外と真摯で頼りになることもある。冴えない容姿ながらもその真摯な人柄から寧音から想いを寄せられたりと意外にモテていたが、その想いに気付かず高校生にまで至った鈍感系主人公。
仲間内で「ギャルに土下座をして頼めばDTを卒業させてくれる」という話題で盛り上がり、半ば強引にクラスメイトの八女ゆかなに告白をさせられることになった。その結果、奇跡的にゆかなと付き合うこととなるが、あまりに出来すぎた展開のため自分を弄んでいるのではと半信半疑に陥っている。しかし、ゆかなと接するうちに彼女が本当は心優しい純情な女性だと理解し今では本当に大切にしたいと感じている。
当初はクラスのマドンナである香椎結衣に対して密かな好意を寄せていたが、ゆかなと付き合うようになってからは想いを断ち切っている。それほどゆかなのことを大切に想っており、蘭子や結衣に関係を迫られた際も踏みとどまっている。

ヒロイン[編集]

八女ゆかな(やめ ゆかな)
声 - 長久友紀[1]
本作のメインヒロイン。ジュンイチのクラスメイトでギャルの彼女。誕生日は3月5日、スリーサイズ:93(G)/58/86、身長160センチメートル、体重52キログラム[2]一人称は「あーし」。
一部クラスメイトからはヤリマンと目されるほど露出を強調した派手なルックスが特徴の「白ギャル」。ピンクのグラーデションが入った金髪の巻き髪を後ろでまとめたポニーテール。制服のシャツを胸元を大きく開けて自慢の爆乳を強調。普通にパンチラする丈まで攻めたミニスカートにショッピングピンクのカーディガン。そして超だぶだぶなルーズソックス(おそらく作中で最も長い)。メイクも派手で濃いギャルメイク。その他、私服や部屋着、水着などファッション全般において露出過多でボディラインを強調する肉食系ギャルなものばかり。
その見た目どおり性格は少々きつめなところはあるが、根も純情で明るくて友情にも厚い。周囲への配慮もできるしっかり者。また過激なファッションとは裏腹に「パンチラは気にしないが、簡単には抱かせない」と最後のガードは固い。そのためジュンイチと同様に恋愛には不慣れで、実際にはセックスどころかキスすらも未経験なため恋愛経験や異性関係についてはジュンイチと大差がなく、いざという時は取り乱すことも多い。またパソコンやアダルトサイトについても知識がほとんどなく、ジュンイチの年相応な性欲に戸惑いつつも歩み寄ろうと四苦八苦している。
「ギャルに土下座をして頼めばDTを卒業させてくれる」とそそのかされて土下座告白をしつつ自身のパンツを覗き見ようしたり、あわよくばセックスもと考えるジュンイチの下心に気づきながらも告白を受け入れ、交際に発展。当初は面白半分に弄んでいた節も見受けられたが、次第にジュンイチの人柄に本気で惹かれていき、右往左往しながらも「B」まで進展している[注 1]
本城蘭子(ほんじょう らんこ)
声 - 喜多村英梨[1]
本作のヒロインの1人。ゆかなの1歳上の幼馴染。誕生日は7月8日、スリーサイズ:90(F)/59/87、身長173センチメートル、体重60キログラム[2]
ゆかな以上に露出度の高いファッションをした「黒ギャル」。ゆかなとは対照的に貞操観念は緩く、彼女と交際し始めたジュンイチのDTを興味本位で奪おうとした。また、当初はゆかなの身を案じ、ジュンイチとの関係を潰そうと考えていた。しかし今では一緒に行動することで、成り行きを見守っているが、さり気無く妨害行動を起こしているところがある。ただし、二人の仲を認めている節もある。他人の感情には敏感で結衣のジュンイチへの気持ちを察し、後押しするなど、他者への思いやりの気持ちも持つ。
合気道を習っていたため、並大抵の男なら蹴散らす程度には腕っぷしが強い。
香椎結衣(かしい ゆい)
声 - 竹達彩奈[1]
本作のヒロインの1人。ジュンイチのクラスメイト。誕生日は6月17日、スリーサイズ:75(C)/55/85、身長165センチメートル、体重53キログラム[2]
黒髪ロングの清楚な美少女。普段は才色兼備の優等生として振る舞っているが、その実態は周囲の人間を「ワンコ」と陰で見下す、高慢ちきな人物。
特にプライベートではウィッグや派手な衣装で着飾った「BoÅ(ボア)」というギャルに変貌し、動画放送『Bo@(ぼあっと)チャンネル』を生配信している。その正体については、長らく誰にも知られていなかったが、投稿時の些細な言動が原因で坂本に見抜かれ、石田、小早川、蘭子を含む4人にバレてしまった。
中学時代よりお気に入りの「ワンコ」だったジュンイチを奪われ、ゆかなのことを強く敵視している。また、傲慢ではなく無自覚ながらジュンイチに好意を抱いている節がある。
藤ノ木寧音(ふじのき ねね)
声 - 小倉唯[1]
本作ヒロインの1人。ジュンイチの幼馴染で近所に住んでいる。誕生日は4月5日、スリーサイズ:98(I)/58/88、身長140センチメートル、体重41キログラム[2]
幼児体型の童顔だが、並外れたサイズの巨乳の持ち主。世話好きでジュンイチを兄のように慕っているが、密かな想いを寄せている。しかし、ゆかなと付き合いだしたことには動揺を隠せなかった。その後もジュンイチに対する想いは消せずにいるが、徐々にゆかなとも打ち解け合うようになる。
原作では第3巻から登場し、ジュンイチがゆかなと付き合っていることを知ってからはギャルにイメージチェンジしている。またアニメ版とは違いイメチェンとギャルの勉強が終わるまではジュンイチに会っていなく、そのせいでヤンデレ要素が目立つ。アニメ版では第1話から登場、5話からイメチェンして登場(原作のヤンデレ要素はない)。そして学校の玄関で香椎と初対面を果たすが、いろいろと気に障る言動を発してしまう。本人は悪気はないが、そのせいでジュンイチがとばっちりを受けてしまう。

その他[編集]

坂本慎平(さかもと しんぺい)
声 - 豊永利行[1]
ジュンイチの悪友である非リア充グループ「3バカDTトリオ」のリーダー格。誕生日は5月27日。身長174センチメートル、体重65キログラム。
眼鏡をかけた理知的な容貌をしており、恋愛や女心を知り尽くしている言動が目立つが、そのほとんどが雑誌や恋愛ゲームからの受け売り。
ジュンイチにゆかなへ告白するように仕向けた張本人。メンバー内で最も自己主張が強く、ジュンイチのことを妬んでいる節もあるが基本的には協力的。
結衣の本性にいち早く気がつくなど、意外と鋭い一面を持つ。
石田景吾(いしだ けいご)
声 - 赤羽根健治[1]
ジュンイチの悪友、非リア充グループ「3バカDTトリオ」の一員。誕生日は2月9日。身長172センチメートル、体重64キログラム。
金髪で目つきの悪い不良っぽい外見だが、坂本や稔に冷静なツッコミを入れるなど、メンバー内で最も常識的な性格。一方、勢い任せにゆかなの下駄箱にラブレターを入れるなどノリがよく、率先して実行役を担うことも多い。
小早川稔(こばやかわ みのる)
声 - 白石稔[1]
ジュンイチの悪友、非リア充グループ「3バカDTトリオ」の一員。誕生日は10月19日。身長179センチメートル、体重97キログラム。
いがぐり頭の肥満体型。アニメ版では筋金入りのロリコンになており、寧音と顔を合わせた際は興味津々だったが年齢を知るや「BBA(ババア)に興味はない」と失礼極まりない暴言を言い放つほど。そのため5話で慎平からも「逮捕も近いのでは」と危惧されている。
上坂歩美(かみさか あゆみ)
声 - 荒浪和沙[1]
ゆかなのギャル仲間。ツリ目と七三分けにしたロングの巻き髪が特徴。
椎名心(しいな こころ)
声 - 原奈津子[1]
ゆかなのギャル仲間。タレ目に二つ結びにした金髪が特徴。

アニメオリジナルキャラクター[編集]

御手洗大(みたらい だい)
声 - 鈴木達央
アニメ版のオリジナルキャラクター。ゆかなの中学時代の同級生。イケメンだが彼氏から彼女を奪い取り、自分のものにする寝取りプレイを好むゲスな性格でジュンイチからゆかなを言葉巧みに誘い奪い取ろうとした。
ゆかなを軽い女としか見ておらず自分好みに弄ぼうと企てるが、その企みをジュンイチに聞かれ、激高したジュンイチから啖呵を切られるも集団で返り討ちにしたが、駆けつけた蘭子達には歯が立たず、そのまま逃走。その際に偶然近くにいた幼女を突き飛ばして泣かせたことで稔の怒りを買い、凶暴化した彼によってノックアウトされてしまった。

書誌情報[編集]

  • 植野メグル『はじめてのギャル』 KADOKAWA角川コミックス・エース〉、既刊11巻(2020年7月21日現在)
    1. 2016年5月26日発売[3]ISBN 978-4-04-104265-6
    2. 2016年10月26日発売[4]ISBN 978-4-04-105032-3
    3. 2017年3月25日発売[5]ISBN 978-4-04-105455-0
    4. 2017年6月26日発売[6]ISBN 978-4-04-105777-3
    5. 2017年12月26日発売[7]ISBN 978-4-04-105776-6
    6. 2018年6月25日発売[9]ISBN 978-4-04-105775-9
    7. 2018年10月26日発売[10]ISBN 978-4-04-107472-5
    8. 2019年3月26日発売[11]ISBN 978-4-04-107473-2
    9. 2019年9月25日発売[12]ISBN 978-4-04-108584-4
    10. 2020年2月25日発売[13]ISBN 978-4-04-108585-1
    11. 2020年7月21日発売[14]ISBN 978-4-04-109738-0

テレビアニメ[編集]

2017年7月より9月までAT-XTOKYO MXほかにて放送された[15]。アニメーション制作は、『ハマトラ』のNAZが担当する。原作の方で乳首が描かれていない事情により放送版では乳首では乳輪が解禁される形となったが、ディスク版では解禁自体が取り消しとなっている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 植野メグル(株式会社KADOKAWA月刊少年エース」連載)[15]
  • 監督・キャラクターデザイン - 古川博之[15]
  • 助監督 - 小川優樹[15]
  • シリーズ構成・アニメーションプロデューサー - 百瀬祐一郎[15]
  • プロップデザイン - 佐竹秀幸、吉田和香子
  • パンツマイスター - 山内則康
  • 美術監督 - 三宅昌和、松宮正純
  • 色彩設計 - 田中千春[15]
  • 3D監督 - 武田雅由[15]
  • 撮影監督 - 久野利和[15]
  • 編集 - 柳圭介[15]
  • 音響監督 - 大室正勝[15]
  • 音響効果 - 風間結花[15]
  • 音楽 - やしきん[15]
  • 音楽制作 - MAGES.[15]
  • 音楽プロデューサー - 金谷雄文
  • プロデューサー - 石上丈太郎、山田一五
  • アニメーション制作 - NAZ[15]
  • 製作 - 「はじギャル」製作委員会[15]

主題歌[編集]

「はじめてのSEASON」[16]
純情のアフィリアによるオープニングテーマ。作詞は桃井はるこ、作曲は中山英二、編曲は岡本辰平、早川博隆、中山英二。
「GAL的LOVE(ギャルチックラブ)」
エラバレシによるエンディングテーマ。作詞は尾藤琉星、作曲は志倉千代丸、編曲は悠木真一。
「again! サイダー」 / 「Overwrite」 / 「ハートウォッチャー」
第2話挿入歌。作詞・作曲・編曲はやしきん

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督
第1話はじめての土下座 百瀬祐一郎小川優樹相浦和也
  • 寺尾憲治
  • 滝川和男
古川博之
第2話はじめてのカラオケ 久保田雄大岩永大慈
  • 櫻井拓郎
  • 羽野広範
  • 徳田夢之介
大塚八愛
第3話はじめての黒ギャル たかだ誠吉田英俊五月女有作
  • 大熊猫
  • 冨永詠二
  • 中村真悟
  • 柳瀬譲二
寺尾憲治
第4話はじめての清楚ギャル 久慈マサムネ西野武志山田卓代見裕美大塚八愛
第5話はじめてのパギャル 百瀬祐一郎西森章
  • 五月女有作
  • 野田泰宏
  • 栗山貴行
  • 徳田夢之介
  • 服部憲知
  • 柳瀬譲二
  • 櫻井拓郎
  • 小峰正頼
寺尾憲治
第6話はじめての八女さん家 中山正恵五月女有作
  • 滝川和男
  • 櫻井拓郎
  • 松岡秀明
  • 吉田和香子
  • 武智敏光
大塚八愛
第7話はじめてのバイト たかだ誠吉田英俊小林考志
  • 白川茉莉
  • 松下純子
  • 徳田夢之介
  • 竹内昭
  • 睦田聡志
  • 中村真吾
寺尾憲治
第8話はじめての旅行 久慈マサムネ滝川和男岩永大慈
  • 阿部弘樹
  • 中澤勇一
  • 中村真悟
  • 睦田聡志
  • 武智敏光
  • 小峰正頼
  • 山内則康
  • 森悦史
  • 吉田和香子
  • 櫻井拓郎
  • 服部一郎
  • 赤尾良太郎
  • 中熊太一
  • 李周鉉
大塚八愛
第9話はじめてのケンカ 百瀬祐一郎
  • 下田久人
  • 三宅寛治
  • 佐々木達也
  • 三宅寛治
  • 代見裕美
  • 佐藤義久
  • 大橋圭
寺尾憲治
第10話はじめての告白 吉田英俊竹内崇
  • 谷口繁則
  • 山中陽
  • 武智敏光
  • 西島圭祐
  • 中山正恵
  • 小峰正頼
  • 服部憲治
  • 睦田聡志
  • 中村真悟
大塚八愛
第11話
(OVA)
はじめての文化祭 佐藤竜雄
  • 岩永大慈
  • 西島圭介
  • 服部一郎
  • 吉田和香子
  • 鰐淵和彦
  • 石橋友紀恵
  • 西道拓哉
  • 森悦史
  • 櫻井拓郎
  • 陸田聡志
  • 中村真悟
  • 北山修一
  • 大野勉
  • 古川博之
  • 寺尾憲治
  • 大塚八愛

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[17]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [18] 備考
2017年7月12日 - 9月13日 水曜 23:00 - 23:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり / 製作参加
2017年7月13日 - 9月14日 木曜 1:35 - 2:05(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
木曜 2:00 - 2:30(水曜深夜) サンテレビ 兵庫県 製作参加
木曜 2:20 - 2:50(水曜深夜) 三重テレビ 三重県
2017年7月14日 - 9月15日 金曜 1:30 - 2:00(木曜深夜) KBS京都 京都府
金曜 1:45 - 2:15(木曜深夜) 岐阜放送 岐阜県
2017年7月18日 - 9月19日 火曜 3:00 - 3:30(月曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信配信日 更新時間 配信サイト
2017年7月13日 木曜 12:00 更新 dアニメストア
2017年7月20日 木曜 更新
2017年7月21日 金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜) AbemaTV

中国ではbilibiliiQIYIにて配信。

BD / DVD[編集]

発売日[19] 収録話 規格品番
BD限定版 DVD限定版
1 2017年9月27日 第1話 - 第2話 KAXA-7561 KABA-10561
2 2017年10月25日 第3話 - 第4話 KAXA-7562 KABA-10562
3 2017年11月29日 第5話 - 第6話 KAXA-7563 KABA-10563
4 2017年12月22日 第7話 - 第8話 KAXA-7564 KABA-10564
5 2018年1月24日 第9話 - 第10話 KAXA-7565 KABA-10565

Webラジオ[編集]

はじめてのギャル がっきゅとあやちはじめてのラジオ』は、2017年7月10日から9月25日まで毎週月曜に音泉より配信されたWebラジオ[20]。パーソナリティは八女ゆかな役の長久友紀と香椎結衣役の竹達彩奈

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、「BA」という順序になっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j CAST”. TVアニメ「はじめてのギャル」公式サイト. 2017年3月17日閲覧。
  2. ^ a b c d CHARACTER”. TVアニメ「はじめてのギャル」公式サイト. 2017年6月8日閲覧。
  3. ^ はじめてのギャル(1) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2017年3月27日閲覧。
  4. ^ はじめてのギャル(2) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2017年3月27日閲覧。
  5. ^ はじめてのギャル(3) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2017年3月27日閲覧。
  6. ^ はじめてのギャル(4) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2017年6月26日閲覧。
  7. ^ はじめてのギャル (5) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2018年1月19日閲覧。
  8. ^ はじめてのギャル (5)オリジナルアニメBD付き限定版 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2018年1月19日閲覧。
  9. ^ はじめてのギャル (6) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2018年6月25日閲覧。
  10. ^ はじめてのギャル (7) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2018年10月26日閲覧。
  11. ^ はじめてのギャル (8) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2019年3月26日閲覧。
  12. ^ はじめてのギャル (9) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2019年3月26日閲覧。
  13. ^ はじめてのギャル (10) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2020年2月26日閲覧。
  14. ^ はじめてのギャル (11) 植野メグル:コミック”. KADOKAWA. 2020年7月30日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 夏アニメ『はじギャル』初回放送日時が判明! キービジュアルも公開”. アニメイトタイムズ (2017年6月8日). 2017年6月8日閲覧。
  16. ^ TVアニメ「はじめてのギャル」オープニングテーマ・アーティストが決定しました!”. TVアニメ「はじめてのギャル」公式サイト (2017年6月3日). 2017年6月8日閲覧。
  17. ^ ONAIR”. 2017年6月8日閲覧。
  18. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  19. ^ Blu-ray・DVD”. TVアニメ「はじめてのギャル」公式サイト. 2017年6月23日閲覧。
  20. ^ はじめてのギャル がっきゅとあやち☺はじめてのラジオ”. 音泉. 2017年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]