真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、
辺境でスローライフすることにしました
ジャンル ハイ・ファンタジー
小説
著者 ざっぽん
イラスト やすも
出版社 KADOKAWA
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 2018年6月 -
巻数 既刊5巻(2019年9月現在)
漫画
原作・原案など ざっぽん(原作)
やすも(キャラクター原案)
作画 池野雅博
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊少年エース
発表号 2018年7月号 -
発表期間 2018年5月 -
巻数 既刊2巻(2019年8月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学漫画

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』(しんのなかまじゃないとゆうしゃのパーティーをおいだされたので、へんきょうでスローライフすることにしました)は、ざっぽんによる日本のライトノベル

2017年10月から小説家になろうに投稿され、2018年6月に角川スニーカー文庫より書籍が刊行された(イラストはやすも)。池野雅博によるコミカライズ版は同年5月発売の『月刊少年エース』7月号から連載中[1]

2019年8月には、電子書籍ストアBOOK☆WALKER主催の「次のヒット作はこれだ!新作ラノベ総選挙2019」の文庫部門で1位となった[2]

あらすじ[編集]

生まれつき与えられた「加護」が大きな意味を持つ世界。レベル+30の「導き手」の加護を持つレッドは小さいころからモンスター退治に出かけ、騎士団にスカウトされ副騎士団長まで出世した。妹のルーティが勇者だとわかると一緒にパーティーを組み、魔王軍を倒すための旅に出る。しかしパーティーメンバーのレベルが上がり、敵が強くなってくると、レベルが底上げされるだけで戦闘関連のスキルを持たないレッドは仲間の足手まといとなっていった。レッドはパーティーメンバーのアレスから「君は真の仲間じゃない」と告げられパーティーを抜け出した。

辺境の地ゾルタンに流れ着いたレッドは、勇者パーティー時代に得た知識と経験を活かし、薬草採取で資金を貯めて薬屋を開店した。開店して間もなく、かつて短期間一緒に戦ったことのあるリットがやってきて、半ば押しかけ気味にレッドと同居することになった。

登場人物[編集]

レッド
本作の主人公。以前の名前はギデオン・ラグナソン。「導き手」の加護を持つ。勇者パーティーを追放されてゾルタンに来てからはレッドと名乗る。
リット
本名リーズリット・オブ・ロガーヴィア。ロガーヴィア公国の第2王女で英雄の称号を持つ。かつてロガーヴィア公国に魔王軍が攻め込んだ際、勇者パーティーと共に戦った。レッドが追放されたことを知るとゾルタンまで追いかけていき、強引に同居して共に薬草屋を営むことになる。
ルーティ・ラグナソン
レッドの妹。「勇者」の加護を持つ人類最強の戦士。だが、最強の力と引き換えに感情の起伏が減っており、「勇者という加護の入れ物」になりつつある。
アレス・スロア
勇者パーティーの一員で「賢者」の加護を持つ。レッドをパーティーから追放した。没落した公爵家の出で、実家を復興させるための足掛かりとして勇者パーティを導く立場をギデオンから奪うが、元々他者を見下した態度から不手際を繰り返しパーティは崩壊する。

加護[編集]

作中において、人間に与えられる力。大半は職業を補正する程度の代物だが、社会的には悪とされる物に対する加護も存在し、種類によっては加護が人格にも影響をおよぼす例がある。

基本的には与えられた加護に従って生きることが美徳とされているが、そういった生き方を否定して「自身の望む生き方を目指す者」もいる。

書誌情報[編集]

小説[編集]

ざっぽん(著)/やすも(イラスト)、KADOKAWA角川スニーカー文庫〉、既刊5巻(2019年9月現在)

巻数発行/発売日ISBN
12018年6月1日 978-4-0410-6858-8
22018年9月1日 978-4-0410-6861-8
32019年1月1日 978-4-0410-6862-5
42019年5月1日 978-4-0410-8254-6
52019年9月1日 978-4-0410-8258-4
5(特装版)2019年9月1日 978-4-0410-8522-6

漫画[編集]

池野雅博(漫画)/ざっぽん(原作)/やすも(キャラクター原案)、KADOKAWA角川コミックス・エース〉、既刊2巻(2019年8月現在)

巻数発行/発売日ISBN
12018年12月25日 978-4-0410-7729-0
22019年8月26日 978-4-0410-8486-1

メディアミックス[編集]

ボイスドラマ[編集]

文庫版第5巻特装版の付録として、ドラマCDが出た[3]

声優

脚注[編集]

外部リンク[編集]