ヤリマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヤリマンとは、自己の性的欲求に従って交際関係の無い好みの容姿をした男性との肉体関係を持っている女性。特に不特定多数の好みの容姿をした男性と交際関係無しに、積極的に性行為の関係を持つことを狙っている女性のことを意味する隠語、あるいはスラング卑語)である。

同じ貞操観念の低さから混同されているが、「誘われると基本的に拒否しない、拒絶出来ないで関係を持ってしまう女性」はサセ子であり、ヤリマンは基本的に男の容姿に強い拘りを持っている[1][2][3][4][5][6]。『現代用語の基礎知識』への初収録は1986年版において[7]「やりまん 男遊びの激しい女の子。」と定義されている[8][注釈 1]。関連語に関係を持った後に運気を上げる「あげまん」、逆に運気を下げる「さげまん」などがある[4]

概説[編集]

主に男性側で用いられる隠語である。性行為に積極的で、相手を次々と変えて性行為を行う女性を侮蔑したり揶揄したりするときに使用する。そこから転じ、性行為以外でも次々とペアを変えること(こちらは、男性に使うこともある)をこう呼ぶことがある。AV監督の鈴木リズは「アバズレ(消極的ヤリマン)とビッチ(積極的ヤリマン)を一まとめにした存在が『ヤリマン』だ」と定義している[9]

澁谷知美によると、以前は「させ子」と呼ばれていたが、それが「やりまん」に移行するのは1980年代である。使役動詞からの派生語「させ子」と比較して「やりまん」は能動的で女性の主体性が感じられる表現であり、1980年代にフェミニズム講座が開講されマドンナ旋風が吹き、性においても女性の能動性や主体性が承認された結果、「させ子」から「やりまん」へ移行したとされる[7]若槻千夏は、2004年に放映されたバラエティ番組で「バカまん」と呼ばれたことに対して「私はバカまんじゃありません、やりまんです」と発言したが、若槻いわく「やりまん」とは「やる気まんまん」の意であるという[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ また、同じページに、「やりま 相手かまわずやりまくる女。」、「させまん 男子生徒にセックスをさせてやり、人気を得ようとする女の子。」も立項されている。

出典[編集]

  1. ^ “蔑みの時代は終わった。日本女性よ、人生に一度は「ヤリマン」期を(吉田 潮)” (日本語). 現代ビジネス. http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56157 2018年6月30日閲覧。 
  2. ^ 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂出版、平成15年11月10日 初版発行 ISBN 4-490-10638-6、453頁。
  3. ^ 「ヤリマン」と「サセコ」は同義語にあらず!! ヤリマンが違いを徹底検証” (日本語). サイゾーウーマン (2011年8月5日). 2020年7月3日閲覧。
  4. ^ a b 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂出版、平成15年11月10日 初版発行 ISBN 4-490-10638-6、453頁。
  5. ^ 自称ヤリマンOL 「ヤリマンとサセコとの明確な差」を論じる” (日本語). NEWSポストセブン. 2020年7月3日閲覧。
  6. ^ 蔑みの時代は終わった。日本女性よ、人生に一度は「ヤリマン」期を(吉田 潮) @gendai_biz”. 現代ビジネス. 2020年7月9日閲覧。
  7. ^ a b c 澁谷知美「まんこ、やりまん、あげまん」井上章一・斎藤光・澁谷知美・三橋順子編著『性的なことば〈講談社現代新書 2034〉』講談社、2010年1月20日 第一刷発行、ISBN 978-4-06-288034-3、38~40頁。
  8. ^ 堀内克明「若者用語の解説」『現代用語の基礎知識 1986年版』昭和61年2月1日 発行、ISBN 4-426-10002-X、1108頁。
  9. ^ SPA!. “自称「ヤリマン女流AV監督」鈴木がくとさんに「真のヤリマン」について聞いてみた<動画インタビュー> | 日刊SPA!” (日本語). 日刊SPA!. https://nikkan-spa.jp/1485604 2018年6月30日閲覧。 

関連項目[編集]