異世界迷宮でハーレムを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
異世界迷宮でハーレムを
ジャンル 異世界転移
小説
著者 蘇我捨恥
イラスト 四季童子
出版社 主婦の友社
レーベル ヒーロー文庫
刊行期間 2012年12月 -
巻数 既刊10巻(2020年3月現在)
漫画
原作・原案など 蘇我捨恥(原作)
四季童子(キャラクター原案)
作画 氷樹一世
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊少年エース
発表号 2017年5月号 -
発表期間 2017年3月 -
巻数 既刊6巻(2020年8月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画
ポータル 文学漫画

異世界迷宮でハーレムを』(いせかいめいきゅうでハーレムを)は、蘇我捨恥による日本オンライン小説およびライトノベル。文庫版はヒーロー文庫より2012年12月から刊行され、イラストは四季童子。当初は小説投稿サイト「小説家になろう」にて『異世界迷宮で奴隷ハーレムを』というタイトルで2011年4月より投稿されていたが、書籍化の際に変更された。

氷樹一世によるコミカライズ作品が『月刊少年エース』2017年5月号にプロローグが掲載、翌6月号より本格連載されている[1][2]

シリーズ累計発行部数は、180万部を突破している[3]

あらすじ[編集]

高校生の加賀道夫(ミチオ)は、インターネットの怪しげなゲームサイトで初期設定を完了させた途端、異世界の村に転移していた。村を襲った盗賊たちを強力なボーナス装備で退治し、この世界で戦っていける目途がつく。迷宮に潜るなら奴隷を所有してパーティーを組むのが良いと奴隷商人から勧められ、狼人族のロクサーヌを紹介される。迷宮での稼ぎだけでは期限に間に合わず、賞金首の盗賊を倒して金を作りロクサーヌを購入する。迷宮都市クーラタルに家を借り引っ越して、迷宮の探索をしながらロクサーヌと甘々な生活を送る。

2人での迷宮探索が厳しくなったこと、スキル結晶を取得し武器融合に興味を持ったため、2人目の奴隷としてドワーフのセリーを購入する。その後も迷宮でレベルを上げながら、猫人族のミリア、竜人族のベスタ、エルフのルティナといった女奴隷たちを仲間にしていく。

登場人物[編集]

ミチオ / 加賀道夫
主人公。17歳。地球では自殺を考える厭世的な高校生。ネットゲームの初期設定らしきものを終えた途端に異世界に転移した。最初は良くできたゲームだと思っていたため、盗賊などを倒して殺してしまっても動揺していなかったが、次第にこれが現実だと理解してからは慎重な行動をとるようになる。
普段から情報収集と実験を心掛けており、生活と迷宮攻略に役立てている。異世界の倫理観に戸惑いはあるものの、彼なりの矜持をもって奴隷たちに接しており、結果的に彼の奴隷は他でのそれに比べると厚遇されている。
年齢相応に性欲旺盛で、ロクサーヌを購入してからは毎日のように肌を重ねている。セリー購入後は「色魔」のジョブを得たためさらに絶倫となる。生活の質を向上させることに余念がなく、風呂の設置や家庭菜園などを行っている。家事も奴隷たちに任せきりになることなく、魔法で火や水を用意したり、料理を積極的にこなすなどする。
迷宮攻略では、異世界に転移する前に割り振ったパタメーターでのボーナス装備で魔物を圧倒する。しかし異世界転移当初からボーナス装備のリスクに気づいており、これに頼った戦闘スタイルからの脱却を目指していた。魔法が使えるようになってからは前衛をロクサーヌに任せ、後方から魔法での攻撃を行いつつ必要に応じてボーナス装備を使用するようにしている。新しいジョブやスキルを手に入れると、迷宮の低層で低レベルの魔物相手にそれらを試す「実験」を行い、性質を把握することを心掛けている。主なジョブは「英雄」「探索者」「魔法使い」など。
ロクサーヌ
狼人族の女性。16歳。当初のジョブは「獣戦士」、のちに「騎士」にチェンジする。ミチオの一番奴隷として、後輩奴隷のまとめ役、指導役もこなす。両親の他界後、叔母の家で暮らしていたものの、叔母が税金を払えなかったため奴隷として売られている。
従順で気立ての良い性格で、ミチオの命令に的確に従う。聡明さも兼ね備えており、ミチオに異世界の常識や迷宮攻略のアドバイスなどを行う。戦うことが好きで、迷宮攻略に行くと目の色が変わる。買い物はこだわるタイプであり、店員を困らせることがしばしばある。
自分を大切にしてくれているミチオには感謝しており、彼の良き奴隷であろうとする。夜伽も最初は躊躇いがあったものの、回数を重ねるごとに抵抗がなくなっている。
迷宮攻略では前衛を担当。回避能力に優れ、狼人族特有の俊敏さで魔物を翻弄しながら攻撃する。また嗅覚に優れるため、的確に魔物のいる場所にパーティーを誘導する案内役も務める。
セリー
ドワーフの女性。16歳。ミチオの2人目の奴隷。生まれつき老齢ドワーフの特徴である細い耳をしている。そのため年齢以上に見られ、奴隷商から買う際には値切りの要因となった。知識欲が旺盛で物知り。かつて鍛治師を目指していたが、挫折しており、それに変わる巫女になるための修行もしていたがなれなかった過去を持つ。
奴隷となった理由は、家族の稼ぎ頭だった兄が怪我をして、その怪我を治す薬を購入する資金が足りなかったためであり、幼い妹と弟のためにセリーは自ら奴隷として売られることを家族に提案している。
ミチオの奴隷になった後に鍛冶師への転職に成功し、武器防具の製造、融合を行う。
武器は槌もしくは槍を扱う。
ミリア
猫人族の少女。ブラヒム語(共通語)を覚えていなかったので会話は片言。魚好き。
ベスタ
竜人族の女性。体力と防御力に優れる。
ルティナ
エルフの女性。クーデターで処刑された貴族の娘でミチオに預けられた。プライドが高く奴隷らしからぬ言動であったが、ロクサーヌに矯正される。
アラン
奴隷商人。51歳。男性。ベイルの町の奴隷館の主。
奴隷身分に落とされた男の買取でミチオと知り合う。若いながらも盗賊たちを殲滅したミチオに目をつけ、奴隷を所有することのメリットを説き、ロクサーヌとセリーを売る。

書誌情報[編集]

小説[編集]

蘇我捨恥(著)/四季童子(イラスト)、主婦の友社ヒーロー文庫〉、既刊10巻(2020年3月現在)

巻数発行日ISBN
12012年12月21日 978-4-07-285942-1
22013年4月30日 978-4-07-289673-0
32013年11月29日 978-4-07-293798-3
42014年5月30日 978-4-07-297187-1
52015年4月27日 978-4-07-413191-4
62015年12月28日 978-4-07-414322-1
72017年2月27日 978-4-07-423657-2
82017年11月30日 978-4-07-428637-9
92018年12月28日 978-4-07-436358-2
102020年3月30日 978-4-07-442821-2

漫画[編集]

氷樹一世(漫画)/蘇我捨恥(原作)/四季童子(キャラクター原案)、KADOKAWA角川コミックス・エース〉、既刊6巻(2020年8月26日現在)

巻数発行日ISBN
12017年11月25日 978-4-04-106205-0
22018年4月26日 978-4-04-106721-5
32018年10月26日 978-4-04-107475-6
42019年4月26日 978-4-04-107476-3
52020年1月24日 978-4-04-109048-0
62020年8月26日 978-4-04-109731-1

脚注[編集]

外部リンク[編集]