ひなこのーと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひなこのーと
ジャンル 4コマ漫画学園コメディ
漫画
作者 三月
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コミックアライブ
コミックキューン
レーベル MFCキューンシリーズ
発表期間 2014年10月号 - 2015年9月号
(月刊コミックアライブ)
2015年10月号 -
(コミックキューン)
巻数 既刊2巻(2016年8月現在)
アニメ
原作 三月
総監督 高橋丈夫
監督 喜多幡徹
シリーズ構成 浦畑達彦
キャラクターデザイン 植田和幸
音楽 橋本由香利
アニメーション制作 パッショーネ
製作 ひなこのーと製作委員会
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ひなこのーと』は、三月による日本4コマ漫画作品である。『月刊コミックアライブ』(KADOKAWAメディアファクトリー)内の“雑誌内雑誌”としての『コミックキューン』にて2014年10月号より連載開始し、2015年10月号より同誌が独立創刊するのに合わせ同誌での連載に移行した。本作は、同誌独立創刊号発売と同じ2015年8月27日に、『パンでPeace!』、『ニョロ子の生放送!』とともにキューンコミックス創刊第1弾として単行本第1巻が発売された[1]。『ひなこノート』という表記は誤りである。

あらすじ[編集]

口下手であがり症桜木ひな子は、これを克服するため、憧れの藤宮高校演劇部に入ろうと上京する。下宿先は古本屋で、本を食べる少女がいたうえ、高校の演劇部はすでに廃部になったと聞かされる。アパート「ひととせ荘」や学校の仲間と繰り広げられる、“同居型演劇コメディ”[2]

登場人物[編集]

主要人物(ひな子・くいな・真雪・千秋)のフルネームには季語が含まれている。
桜木 ひな子(さくらぎ ひなこ)
- M・A・O[3]
誕生日:4/30
本作の主人公。髪型はピンク色のおさげ髪。人と話すことは苦手だが動物には好かれ、小学生の頃は畑に立ち、かかしとして働いていた。藤宮高校演劇部の劇を見て感動し、入部をめざして上京したが、高校に入ってからも緊張してかかしのように硬直してしまうことがある。おとなしくて頑張り屋な性格。頭に小鳥を乗せていることが多い。早とちりしやすい面があり、悪気無しで酷いことを言うことがある。
夏川 くいな(なつかわ くいな)
声 - 富田美憂[3]
誕生日:7/7 
ひととせ荘の住人で、ひな子のクラスメイト。青色のロングヘアーでアホ毛があり、動物の耳のように外にはねた髪型が特徴。アパートに併設された古本屋で働いており、本を好きなあまり食べてしまうこともある。プラス思考で明るい性格。食べることに執着心があり、食べ物に関する話があるとテンションが上がる。自動車戦闘機など速く動くものが好き。脚本と舞台の両方を担当している。
柊 真雪(ひいらぎ まゆき)
声 - 小倉唯[3]
誕生日:12/24 
ひととせ荘の住人で、アパートに併設された喫茶店で働いている。ひな子の先輩の高校2年生。金髪碧眼のロングヘアーで左側頭部にシニヨンがある。体格は小柄で子供に間違われることもあるが、本人は子供扱いされることを嫌う。強気でしっかり者な性格。メイド服を着ていることが多く、フリフリの服が好き[4]。料理が上手い。器用だが恥ずかしがり屋であるため、舞台には立たずに裏方の仕事を担当している。
萩野 千秋(はぎの ちあき)
声 - 東城日沙子[3]
誕生日:10/1 
ひととせ荘の大家で、真雪の同級生[5]。藤宮高校演劇部の元部員。黒色のショートヘアーで左側に×マークの髪留めをしている。スタイルが良い。舞台役者の父親の娘で、4歳から舞台に立っていた。演劇界では有名であり、ファンも多い。普段はクールな性格だが、舞台に立つと表情が豹変する。絵画のセンスが独特。
中島 ゆあ(なかじま ゆあ)
声 - 高野麻里佳[3]
誕生日:5/10 
ひな子のクラスメイト。前髪ぱっつんの黒色のロングヘアーで水玉の髪留めをしている。一人称は「ゆあ」もしくは「ゆあ様」。勝気な性格で、ひな子を一方的にライバル視している。千秋に憧れている。わがままで高飛車な態度をとることが多いが、根は優しい。
黒柳 ルリ子(くろやなぎ るりこ)
声 - 吉田有里[3]
誕生日:8/7 
藤宮高校演劇部の顧問の先生。小柄。お嬢様口調で話す。飄々とした性格。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年8月にテレビアニメ化が発表され[8]、2017年4月放送開始予定。これまでコミックキューン原作のアニメは全て放送時間が5分以内のショートアニメだったため、30分枠での放送は本作が初となる。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 三月
  • 総監督 - 高橋丈夫
  • 監督 - 喜多幡徹
  • シリーズ構成 - 浦畑達彦
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 植田和幸
  • 音楽 - 橋本由香利
  • アニメーション制作 - パッショーネ
  • プロデュース - アニマアンドカンパニー
  • 製作 - ひなこのーと製作委員会

主題歌[編集]

オープニングテーマ「あ・え・い・う・え・お・あお!!」[9]
歌 - 劇団ひととせ[桜木ひな子(M・A・O)、夏川くいな(富田美憂)、柊真雪(小倉唯)、萩野千秋(東城日沙子)、中島ゆあ(高野麻里佳)]
エンディングテーマ「かーてんこーる!!!!!」[9]
歌 - 劇団ひととせ[桜木ひな子(M・A・O)、夏川くいな(富田美憂)、柊真雪(小倉唯)、萩野千秋(東城日沙子)、中島ゆあ(高野麻里佳)]

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[10]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [11] 備考
2017年4月7日 - 金曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
金曜 23:00 - 23:30 BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2017年4月8日 - 土曜 1:40 - 2:10(金曜深夜) TOKYO MX 東京都
2017年4月9日 - 日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜) KBS京都 京都府
2017年4月10日 - 月曜 2:05 - 2:35(日曜深夜) テレビ愛知 愛知県
月曜 2:35 - 3:05(日曜深夜) TVQ九州放送 福岡県
月曜 23:30 - 火曜 0:00 サンテレビ 兵庫県

Webラジオ[編集]

ひなこのーと ラジオひととせ』は、2017年4月6日より音泉にて毎週木曜に配信予定の番組[12]。パーソナリティは夏川くいな役の富田美憂と柊真雪役の小倉唯

関連項目[編集]

  • 私の友達が世界一可愛い。』 - 三月による作品で、コミックキューンにて本作と並行して連載している。同誌独立創刊号ではこちらが表紙を飾った[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊コミックアライブから独立した4コマ誌「月刊コミックキューン」が8月27日に創刊。『ひなこのーと』などの単行本3作品も同時発売”. Anime Recorder (2015年6月28日). 2015年10月12日閲覧。
  2. ^ コミックキューン2015年10月号裏表紙広告より
  3. ^ a b c d e f スタッフ・キャスト”. TVアニメ「ひなこのーと」公式サイト. 2017年2月23日閲覧。
  4. ^ hinakonoteのツイート (771310326893596673)
  5. ^ 【キューンコミックス創刊】三月先生のかかし少女の演劇コメディ「ひなこのーと!」第1巻【8月27日発売】”. メディアファクトリー アライ部ブログ (2015年6月27日). 2015年10月12日閲覧。
  6. ^ ひなこのーと (1) (MFC キューンシリーズ)”. Amazon.co.jp. 2016年9月16日閲覧。
  7. ^ ひなこのーと (2) (MFC キューンシリーズ)”. Amazon.co.jp. 2016年9月16日閲覧。
  8. ^ 人見知りすぎる少女が演劇に挑む「ひなこのーと」テレビアニメ化 - コミックナタリー、2016年8月26日
  9. ^ a b OP&EDテーマが5月10日に同時リリースが決定!”. TVアニメ「ひなこのーと」公式サイト (2017年2月17日). 2017年2月17日閲覧。
  10. ^ 放送日・放送時間決定!”. 2017年3月3日閲覧。
  11. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  12. ^ ひなこのーと ラジオひととせ”. 音泉. 2017年3月12日閲覧。
  13. ^ 「月刊コミックキューン」創刊! 『パンでPeace!』のTVアニメ化が決定”. マイナビニュース (2015年8月27日). 2015年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]