くだみみの猫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くだみみの猫
ジャンル ラブコメ
漫画
作者 中山幸
出版社 KADOKAWAメディアファクトリー
掲載誌 月刊コミックアライブ
コミックキューン
レーベル MFコミックス アライブシリーズ
発表号 月刊コミックアライブ
2014年3月号 - 2018年1月号
コミックキューン
2018年1月号 -
巻数 既刊7巻(2017年11月22日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

くだみみの猫』(くだみみのねこ)は、中山幸による日本漫画作品。『月刊コミックアライブ』(KADOKAWAメディアファクトリー発行)にて2014年3月号から2018年1月号まで連載された後、『コミックキューン』に移籍し2018年1月号から連載中[1]

クダという悪霊に取り憑かれたことで頭に猫の耳(状のもの)が生えてしまった少女・飯綱子猫が、召喚した式神・鎖神七晩とともに悪霊を退散したり、七晩の特技を悪用した趣味に悩まされたりする様子などを描く。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

はドラマCDのもの[2][3][4]

飯綱 子猫(いいづな ねねこ)
声 - 小松未可子
鎖神 七晩(さがみ しちかげ)
声 - 櫻井孝宏
草乃市 宮(そうのいち みや)
声 - 井口裕香
切神 新月(さいがみ しんげつ)
声 - 鈴村健一
若 ゆかり(わか ゆかり)
声 - 南條愛乃
重神 未来(おもがみ みらい)
声 - 代永翼
玉依 めめ(たまより めめ)
声 - 小倉唯
守神 縁(もがみ えにし)
声 - 三木眞一郎
斉宮 千夜(いつき ちや)
声 - 小澤亜李
時神(ときがみ)
声 - 鈴木達央

書誌情報[編集]

ドラマCD[編集]

2015年9月25日に「ドラマCD くだみみの猫」が発売され、2016年12月2日に第2弾「ドラマCD くだみみの猫 初めての学校」が発売された。いずれも発売元はフロンティアワークス、販売元はKADOKAWA メディアファクトリー。その他に、単行本第3巻のアニメイト限定版と単行本第6巻の限定版にドラマCDが付属している。

脚注[編集]

  1. ^ パン好きJK描いた「パンでPeace!」完結、中山幸「くだみみの猫」はキューンに移籍”. コミックナタリー (2017年11月27日). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ 「くだみみの猫」ドラマCDに小松未可子、櫻井孝宏、井口裕香、鈴村健一が出演”. コミックナタリー (2015年2月28日). 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ 「くだみみの猫」限定版とは別にドラマCD発売、追加キャストに小倉唯など”. コミックナタリー (2015年4月17日). 2017年11月28日閲覧。
  4. ^ ケモ耳ラブコメ「くだみみの猫」ドラマCD第2弾に小澤亜李、鈴木達央”. ナタリー (2016年7月24日). 2017年11月28日閲覧。
  5. ^ 「くだみみの猫」1巻に藤原ここあ、なもり、原悠衣が寄稿”. コミックナタリー (2014年6月23日). 2017年11月28日閲覧。

外部リンク[編集]