衣笠彰梧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
衣笠 彰梧きぬがさ しょうご
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2006年 -
ジャンル ライトノベル
代表作ようこそ実力至上主義の教室へ』(2015年 - )
デビュー作小悪魔ティーリと救世主!?』(2012年 - 2013年)
配偶者 既婚[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

衣笠 彰梧(きぬがさ しょうご)は、日本ゲームシナリオライター小説家

来歴[編集]

ゲーム製作会社のAKABEiSOFT2でゲームのシナリオを担当していた。2011年に『てぃ〜ぐる』をトモセシュンサクとともに設立[2]。2012年7月から2014年3月まで『小悪魔ティーリと救世主!?』が刊行された[3]。2013年5月に自身がシナリオを手がけたゲームである『レミニセンス』が発売された。2015年5月から『ようこそ実力至上主義の教室へ』が刊行され[4]、2020年1月から『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編』に改題して続刊中[5]。2019年7月にはゲーム『流星ワールドアクター』が発売された[6]

作品[編集]

小説[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 衣笠彰梧 『ようこそ実力至上主義の教室へ 終・1年生編BOX トモセシュンサク Art Works』KADOKAWA、2020年1月25日。ISBN 978-4-04-064252-9 

外部リンク[編集]