香月美夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香月 美夜(かづき みや、1月22日 - )は日本の女性小説家エッセイスト

略歴[編集]

中学二年生の頃より小説を書き始める。推薦入試で国立大学に進学[1]。社会人となったと同時に仕事の忙しさから小説の執筆を止めるが、結婚して子供が幼稚園に入り、自分の時間が出来たことをきっかけに小説の執筆を再開する[2]。2013年より小説投稿サイト「小説家になろう」で作品『本好きの下剋上』を公開し、人気を博す。2015年にTOブックスより書籍化デビューを果たした。

2015年から2017年まで、図書館問題研究会が発行する雑誌『みんなの図書館』でエッセイを連載していた。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第一部「兵士の娘」』(2015年TOブックス
  1. ISBN 978-4864723428
  2. ISBN 978-4864723473
  3. ISBN 978-4864723978
  • 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第二部「神殿の巫女見習い」』(2015年 - 2016年、TOブックス)
  1. ISBN 978-4864724241
  2. ISBN 978-4864724470
  3. ISBN 978-4864724739
  4. ISBN 978-4864724920
  • 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第三部「領主の養女」』(2016年 - 2017年、TOブックス)
  1. ISBN 978-4864725217
  2. ISBN 978-4864725408
  3. ISBN 978-4864725620
  4. ISBN 978-4864725866
  5. ISBN 978-4864726009
  • 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 第四部「貴族院の自称図書委員」』(2017年 -、TOブックス)
  1. ISBN 978-4864726344
  2. ISBN 978-4864726696
  3. ISBN 978-4864726863
  4. ISBN 978-4864727242
  5. ISBN 978-4864727648
  6. ISBN 978-4864727884
  7. ISBN 978-4864728140
  8. ISBN 978-4864728287
  • 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 外伝』(2018年 -、TOブックス)
  1. ISBN 978-4864727327
  • 『本好きの下剋上 〜司書になるためには手段を選んでいられません〜 短編集』(2019年 -、TOブックス)
  1. ISBN 978-4864728522

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『みんなの図書館 2016年8月号』(教育史料出版会、2016年)65ページ
  2. ^ 『かつくら vol.16 2015秋』(桜雲社、2015年)56ページ ISBN 978-4908290091

外部リンク[編集]