鎌池和馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鎌池 和馬かまち かずま
ペンネーム 鎌池 和馬
(かまち かずま)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2004年4月 -
ジャンル ライトノベル
代表作 とある魔術の禁書目録』シリーズ
ヘヴィーオブジェクト
デビュー作 『とある魔術の禁書目録』
公式サイト 鎌池和馬OFFICIAL WEBSITE
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

鎌池 和馬(かまち かずま)は、日本ライトノベル作家男性[注 1]。愛称は「かまちー」[1]

経歴[編集]

第9回電撃ゲーム小説大賞に『シュレディンガーの街』を応募、第3次選考まで残るも落選[2]。しかし、応募した作品そのものは担当編集者の三木一馬の目に留まり、後に三木から「書いてみないか?」と連絡を受けて執筆を始める[2]。それから1年ほどの間「武者修行」として何本も試作執筆のやりとりと話し合いを続け[2][3][注 2]、さらに6、7回の改稿を重ねて書き上げた作品『とある魔術の禁書目録』で2004年4月にデビュー。第1巻は当初売れなかった時のリスクを考え、単巻完結のつもりで書いたが[4]、無名の新人としては快挙とされるほど相当売れたとのことで[5]、その後のシリーズ化が決まった。2016年4月に株式会社ストレートエッジの契約作家となる。

子供の頃に小説家の夢を一度断念しており、学生時代も漠然とした将来の夢の中の1つにあっただけで、本気で小説家を志してはいなかったという[6]。中学生くらいの時から少しずつ小説を書き始めたが、当時の作品はどれも途中で終わってしまい一度も完成させておらず、きちんと1から最後まで書き上げるようになったのは高校を卒業する頃で、武者修行中の原稿も合わせてデビューまでの作品の数々は自宅に眠っている[3]

人物[編集]

著者近影は、ほとんどの場合図形の組み合わせで済ませており、デビュー作では「世界一やる気のない著者近影を目指す期待(ゼロ)の新人作家」と自己紹介した。また、「あとがき」はテンプレート方式を取っている。

顔写真・年齢・その他プロフィールも一切非公開。メディア露出が少なく、作品や執筆に関する事以外で自身について語ることもほとんどない。『とある魔術の禁書目録』イラスト担当の灰村キヨタカ曰く鎌池の第一印象は「微妙に体育会系っぽい!?」[7]。また、竹宮ゆゆこは実際に会ってみた感想として「私より年上の人だと思ってましたけど、まさかまだこんなに若い方だったとは…」と語っている[3][注 3]

その謎に包まれた人物像と後述の速筆などの逸話ゆえ、インターネット上では超人的な都市伝説や正体に関する半ば冗談染みた憶測が様々に飛び交っている[8][9]

なにをやっても読者の予想通りで、望み通りだけの展開を書いたとしても読者にはすぐに飽きられてしまうリスクを孕んでいると考え、読者の予想外を突いたり、あえて評判を知った上で裏切るというパターンを取ることがあるという。その一例として、浜面仕上が当初の待遇から主人公の1人として扱われるようになったのもそれを意識したとのこと[10]

影響を受けた作品[編集]

夜9時頃に放送されるような映画番組をよく視聴し、少し古めのハリウッドアクション映画を好んでいる[3][11]。特に『ターミネーターシリーズ』、『ランボーシリーズ』、『ダイ・ハードシリーズ』の3作品を最も影響を受けた映画だと挙げ、「絶対に倒せない敵」と印象付ける巧みな演出、強大な敵に逆転勝利する構図、ついてない男が追い詰められて1人で戦う話など、いくつかの要素を参考にしており、自身の作風にも多分に影響している[3][12]。また、科学とオカルトが交差する『禁書目録』の作風については『Xファイル』から影響を受けたという[6]

仕事[編集]

趣味は「仕事(小説を書くこと)[6][13]」というほど非常に仕事好き。休日でも原稿の執筆やプロットの作成や資料探しをすることが多く[14]、仕事以外の私的な小説を趣味で執筆するほど[15]

後述のように執筆のペースが早いと評されるが、鎌池自身は特に速筆だとは感じていない。鎌池によれば、普段から思い付いたアイデアや今すぐには採用できないネタ、枝分かれしたエピソードなどをパソコンのテキストで保存して大量にストックしており、それらをいくつも組み合わせて1本の話としてまとめたりといった手法を取ることがあるため、それで見た目が速く感じるだけだという[6]。執筆に充てる時間も1日5~6時間とのこと。

他にも、ノロウイルスに罹りながら執筆し続けた[注 4]、手元に原稿がないにもかかわらず「全部頭の中に入ってるんで」と言って行数単位で正確に記憶し、打ち合わせを行った[3]など、さまざまな逸話がある。

執筆に関するエピソード[編集]

執筆ペースが早く、『とある魔術の禁書目録』はデビュー以来、1年に3ないし4冊ほどのペースで刊行されている(既刊一覧を参照)。時には編集のチェックが追いつかないこともあり、周囲からは「人間業とは思えない」と言われる[14]

  • 『禁書目録』第2巻はわずか17日間で完成させた[注 5]。なお、灰村によれば、第2巻の作業のために設定資料を受け取ったところ、編集の手違いで第3巻のプロットが一緒に付いていたという[16]
  • 第5巻の発売前に第6巻の執筆をほぼ終え、さらに第9巻までのプロットが完成していた[17]
  • 毎回必ず本文と共にあとがきの原稿も上がっているため、あとがきを書くのはいつも時間ギリギリだという竹宮は「なんと、異次元…」と驚愕した[3][注 6]
  • 小説の執筆のみならず、原案担当の『とある科学の超電磁砲』においても原案プロットの提出が早い[18]
  • 小説の執筆や漫画の原案プロットに加え、特典小説のSSやゲームの原案シナリオなど複数の仕事を同時に並行作業でこなすこともある[15]が、それでも刊行ペースは一定のままである。
  • 2009年4月頃、『ヘヴィーオブジェクト』のあらすじを担当編集の三木に口頭で伝え、「それはアリですね、もし書けたらぜひやりましょう」と返答を受けた後、打ち合わせやプロットなどの手順を5段階ほどすっ飛ばし、第1巻の原稿をいきなり書き上げて三木を驚愕させた[19][20]
  • 三木によれば、『ヘヴィーオブジェクト』の第2巻について「書いてもいいですか?」と聞かれ、「いいですよ」と答えた数日後にいきなり来たメールをプロットだと思って印刷すると、数百枚に及ぶ原稿だったという[20]
  • 締め切りをまったく切っていない原稿や打ち合わせ前の次回の原稿を書き上げ、持って来ることも多い[21][22][23]
  • 三木が雑誌企画用のオリジナルショートストーリーを依頼したところ、完成した原稿と一緒に締切を切ってない長編を持っていった[24]

関係者からの評価[編集]

伏見つかさは鎌池の印象について、「自分の作品への愛情と仕事への熱意の維持をどちらも高いレベルで実現している」「この人の真似をすることはできないし、真似をしようとしてはならない。今も昔も、この先もずっと敵わない」と語り、「理想の作家像のひとつ」と絶賛している[9]

成田良悟は「外連味やはったりなど読者を惹き付ける魅力を作家としての攻撃力、設定を固めツッコミ所や隙をなくして生み出す面白さを作家としての防御力」という前提を挙げたうえで、鎌池について「攻撃力252で防御力0、高い素の防御力のみで防具を付けずとにかく攻撃力に尖ったパラメータ」と評している[25]

安藤武博と岩野弘明は鎌池について「キャラクターが飛び抜けて魅力的」「キャラ作りの天才」だと語り、ライトノベル作家にもかかわらずゲーム制作の場にも抵抗なく柔軟に参加してきたのが印象的だったという[26]

作品リスト[編集]

小説[編集]

長編作品[編集]

とある魔術の禁書目録
SF・ファンタジーの世界観を舞台にしたバトルアクション作品。イラスト担当は灰村キヨタカ[注 7]。2004年4月より刊行中で、2011年3月より『新約 とある魔術の禁書目録』と改題し、ナンバリングがリセットされている。2017年5月現在、本編42巻・短編集1巻のシリーズ合計既刊43巻。
ヘヴィーオブジェクト
超兵器が主役となった未来の戦争を描くSFアクション作品。イラスト担当は凪良。2009年10月[27]より刊行中。2017年4月現在、既刊13巻。
インテリビレッジの座敷童
テクノビレッジの座敷童の長編文庫化作品[注 8]。ハイテク化した特殊な田舎を舞台にしたオカルトコメディ作品。イラスト担当は真早。2012年5月[28]から2015年12月まで刊行。全9巻。
簡単なシリーズ
オムニバスの短篇集的な形式の作品。読者参加型としての要素が含まれている。2013年4月現在、既刊2巻。
ヴァルトラウテさんの婚活事情[29]
電撃文庫MAGAZINE』でVol.24 - Vol.26に連載された同タイトル作品。単なる連載の単行本化ではなく、連載を踏まえた続編となる[30]
未踏召喚://ブラッドサイン
召喚術を題材とした作品。イラスト担当は依河和希。2014年9月より刊行中。2017年6月現在、既刊7巻。
とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情
『とある魔術の禁書目録』や『ヘヴィーオブジェクト』など、本作の時点で執筆している複数作品からキャラクターたちが登場するクロスオーバー作品。2015年2月発売[31]
最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」
異世界ファンタジーを題材にした作品。イラスト担当は真早。2016年3月[32]より刊行。既刊3巻。

連載[編集]

ヴァルトラウテさんの婚活事情
北欧神話を題材としたラブコメ作品。イラスト担当は凪良。『電撃文庫MAGAZINE』Vol.24 - Vol.26に連載。
俺にはもうNとファンタジーの定義が見えない
「電撃☆N高校」特別企画にて『電撃文庫MAGAZINE』Vol.49-50に掲載された書き下ろし短編。イラスト担当は依河和希。続編である俺にはもうNと生徒会活動の定義が見えないも『電撃文庫MAGAZINE』Vol.54にて掲載された。

短編掲載[編集]

殺人妃とディープエンド
電撃h』収録。
殺人器とネバーエンド
電撃hp Vol.37 (ISBN 978-4-8402-3159-6)』収録。

その他[編集]

一番くじ限定 電撃鎌池和馬10周年文庫
10周年を記念して2014年11月29日より開始した一番くじのS賞。今までの雑誌に掲載された短編や、ゲームの付録短編など、文庫未収録作品がまとめられている。
吸血鬼の姉とゾンビの妹シリーズ
鎌池和馬OFFICIAL WEBSITEにてWeb掲載された書き下ろし小説。イラスト担当は真早。2017年1月現在、全章公開中。

漫画原作[編集]

とある科学の超電磁砲
「とある魔術の禁書目録」シリーズのヒロインの1人である御坂美琴を主人公にした同作のスピンオフ作品。キャラクターデザインは灰村キヨタカ。作画は冬川基月刊コミック電撃大王2007年4月より連載中。2016年12月現在、単行本既刊12巻。
とある科学の一方通行
「とある魔術の禁書目録」シリーズの主人公格の1人である一方通行を主人公にした同作のスピンオフ作品。キャラクターデザインは灰村キヨタカ・山路新。作画は山路新。月刊コミック電撃大王2013年12月より連載中。2016年7月現在、単行本既刊5巻。

ゲームシナリオ[編集]

とある魔術の禁書目録
2011年1月27日に発売された3D対戦型アクションゲームアスキー・メディアワークス角川ゲームスから発売された。
とある科学の超電磁砲
2011年12月8日に発売されたアドベンチャーゲーム
拡散性ミリオンアーサー
100万人のアーサー王の物語を描くカードバトルRPG。2012年4月9日に配信され、価格は無料(一部課金コンテンツあり)。なお、シナリオだけでなく、世界観設定やキャラクターの性格設定なども手掛けている[26]
とある魔術の禁書目録 頂点決戦
2012年12月14日に配信開始したソーシャルカードバトルゲーム。
とある魔術と科学の群奏活劇
2013年2月21日に発売された禁書目録と超電磁砲の2作を題材にしたアドベンチャーゲーム。時系列上は発売日の翌々日に公開された『劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』の前日譚であり、魔術サイドと科学サイドの、それぞれの表と裏を描いた4つのストーリーで展開される。
唯一性ミリオンアーサー
『拡散性ミリオンアーサー』の世界観を踏襲しつつ、外敵の大陸への侵攻を目指した一人のアーサー王と美しき女騎士4人による物語を描いたハーレムRPG。2013年7月25日に配信され、価格は無料(一部課金コンテンツあり)。シナリオには監修協力として参加している。
乖離性ミリオンアーサー
『拡散性ミリオンアーサー』の正統進化タイトルとしてリリースされたキャラクターコマンドRPG。2014年11月19日に配信され、価格は無料(一部課金コンテンツあり)。なお、前作同様にシナリオだけでなく、世界観設定やキャラクターの性格設定なども手掛けている[33]

アニメ原案[編集]

とある科学の超電磁砲
同名原作のアニメ作品。全24話の脚本監修を手掛けた[34]。ただし、公式にはクレジットされていない。
ヘヴィーオブジェクト
同名原作のアニメ作品。アニメオリジナルシーンに登場するオブジェクトの設定監修[35]、アニメオリジナルエピソードの原案を担当した[36][37]

その他の作品[編集]

トリビュート・コラボレーション企画[編集]

謎のその先に
『電撃hp SPECIAL 2005 SPRING』収録。
撲殺天使ドクロちゃんです
(ISBN 4-8402-3443-4)
討滅の獄
漫画『灼眼のシャナ』2巻 初回限定版 (ISBN 978-4-8402-3496-2) 付録冊子「GRIMOIRE」収録。
テクノビレッジの座敷童
電撃イラスト大賞受賞者と電撃文庫作家のコラボレーション企画『illust×story』第3回として発表された短編作品。イラストは第17回金賞受賞者である真早。『電撃文庫MAGAZINE』Vol.22に掲載された。
ゲームセラピーver.3.0.99
電撃イラスト大賞受賞者と電撃文庫作家のコラボレーション企画『illust×story』第22回として発表された短編作品。イラストは第20回金賞受賞者であるkeepout。『電撃文庫MAGAZINE』Vol.41に掲載された。
とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)
電脳戦機バーチャロン』シリーズとのコラボレーション作品。2016年3月10日に企画中である事が発表され[38]、2016年5月10日に刊行。イラスト担当はカトキハジメ。キャラクターデザインははいむらきよたかカトキハジメ
学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!!
鎌池和馬OFFICIAL WEBSITEにてWeb掲載された書き下ろし作品。とある魔術の禁書目録ヘヴィーオブジェクト最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点のコラボ企画。同サイトに全章公開中[39][40][41][42][43][44]
上条さんも馬鹿二人も陣内忍も灰色の豚も『フリーダム』のアワード903も、はい注目! ……寝たらみんな死ぬぞ、ただし寒さ以外で☆
最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」第3巻の購入者特典。様々な作品のキャラクターが大集結するクロスオーバー小説。
合コンやってみました。ただしオールスターで世界の危機ではあるけども。
鎌池和馬OFFICIAL WEBSITEにてWeb掲載された書き下ろし作品。
出口はこちらになります
電撃イラスト大賞受賞者と電撃文庫作家のコラボレーション企画『illust×story』第35回として発表された短編作品。イラストは第23回銀賞受賞者である羽々斬。『電撃文庫MAGAZINE』Vol.55に掲載された。

未発表[編集]

シュレディンガーの街
第9回電撃ゲーム小説大賞投稿作品。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 竹宮ゆゆこが「会う前から絶対男の人だと確信していた」と語っているほか、他のインタビューや対談などでも鎌池を指して「男」と表記する場面が多数ある。
  2. ^ 試作のプロットや原稿を書いては没にされる、といった過程をひたすら繰り返したという。三木曰く「殴り合いのようなガチの打ち合わせ」。
  3. ^ 三木と竹宮によれば、『キン肉マン』や『聖闘士星矢』の話題が通じない世代であるという。
  4. ^ マチ★アソビ vol.3で行われた三木一馬講演会「編集者というプロデューサー」より[出典無効]
  5. ^ 第1巻の発売前よりシリーズ化の話があったことから、構想済みだったという。
  6. ^ 『とある魔術の禁書目録』(第1巻:ISBN 4-8402-2658-X)のあとがきによれば、刊行(2004年4月)より3か月以上前の2003年12月26日時点には、すでにあとがきを書き終えている。
  7. ^ 新約1巻からは、はいむらきよたか名義。
  8. ^ 文庫化の際に改題されている。

出典[編集]

  1. ^ 『オトナアニメ Vol.19』 「鎌池和馬の作家力と作品力」。
  2. ^ a b c 『とある魔術の禁書目録ノ全テ』 124ページ。
  3. ^ a b c d e f g 『とらドラ!VS禁書目録』 「原作者特別対談! 竹宮ゆゆこ×鎌池和馬」。
  4. ^ 『とらドラ!VS禁書目録』 「TVアニメ化記念特別対談 原作者 鎌池和馬×監督 錦織博」。
  5. ^ 『とある魔術の禁書目録ノ全テ』 126ページ。
  6. ^ a b c d 『キャラ☆メル Febri Vol.04』 「鎌池和馬 15000字インタビュー」。
  7. ^ 第53回 灰村キヨタカさん”. 電撃文庫エッセイ. アスキー・メディアワークス. 2009年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年11月13日閲覧。
  8. ^ 『オトナアニメ Vol.19』 「作家から見た鎌池和馬と『禁書目録』 成田良悟」。
  9. ^ a b 『オトナアニメ Vol.19』 「作家から見た鎌池和馬と『禁書目録』 伏見つかさ」。
  10. ^ 『オトナアニメ Vol.20』「鎌池和馬が第2期と『新約』について語る!」。
  11. ^ 『オトナアニメ Vol.16』 「鎌池和馬10,000字INTERVIEW 「とある」シリーズを生み出した頭脳を探る!」。
  12. ^ 『キャラ☆メル Febri Vol.04』 「最も影響を受けた3本の映画」。
  13. ^ 『とある魔術の禁書目録ノ全テ』 133ページ。
  14. ^ a b 『とある魔術の禁書目録ノ全テ』 142ページ。
  15. ^ a b 『学園都市白書(クロニクル)』 「巻頭インタビュー 鎌池和馬」。
  16. ^ 『とある魔術の禁書目録ノ全テ』 132ページ。
  17. ^ 『このライトノベル作家がすごい!』。
  18. ^ 『とある魔術の禁書目録ノ全テ』 148ページ。
  19. ^ 『ヘヴィーオブジェクト ファースト・コンタクトブック』 「〜原作者・鎌池和馬氏インタビュー〜」。
  20. ^ a b 『オトナアニメ Vol.16』 「三木一馬INTERVIEW」。
  21. ^ 三木一馬 (2011年4月29日). “打ち上げ終了。一等景品を錦織監督が射貫き、阿部さん ...”. Twitter. 2013年8月29日閲覧。
  22. ^ 三木一馬 (2011年5月5日). “俺は今、恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……。今日鎌 ...”. Twitter. 2013年8月29日閲覧。
  23. ^ 三木一馬 (2011年6月1日). “本日は鎌池さんとうち合わせでした! 一言言いたい! ...”. Twitter. 2013年8月29日閲覧。
  24. ^ 三木一馬 (2011年9月13日). “な、なぜ鎌池さんは「雑誌企画用のオリジナルショートス...”. Twitter. 2013年8月29日閲覧。
  25. ^ 『電撃文庫MAGAZINE Vol.11』 「電撃作家スペシャルトーク 鎌池和馬×成田良悟」。
  26. ^ a b 「スクウェア・エニックス スマホゲーム特集 拡散性ミリオンアーサー」、『ファミ通』No.1216、2012年4月5日(3月22日発売)、 85-87頁。
  27. ^ 新刊/既刊情報 > ヘヴィーオブジェクト”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA. 2013年8月29日閲覧。
  28. ^ 新刊/既刊情報 > インテリビレッジの座敷童”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA. 2013年8月29日閲覧。
  29. ^ 新刊/既刊情報 > ヴァルトラウテさんの婚活事情”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA. 2013年8月29日閲覧。
  30. ^ アスキー・メディアワークス、『電撃文庫MAGAZINE』Vol.26、2012年7月号、2012年6月10日、159項。
  31. ^ 新刊/既刊一覧>とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA. 2015年4月16日閲覧。
  32. ^ 新刊/既刊情報 > 最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」”. 電撃文庫公式サイト. KADOKAWA. 2016年1月10日閲覧。
  33. ^ 電撃App 『乖離性ミリオンアーサー』鎌池和馬先生×開発者対談! 物語&キャラ作りのポイントは?
  34. ^ オトナアニメVol.16。
  35. ^ 2015年12月4日のツイート - nobuhiro nakayama
  36. ^ 2016年3月17日のツイート - 鈴木 絵理(@Erietty_55)
  37. ^ 『アニメ『ヘヴィーオブジェクト』のクライマックスは“らしい”展開が。これまでに出てきたキャラも再登場』”. 電撃オンライン. KADOKAWA. 2016年3月13日閲覧。
  38. ^ 発動!とある魔術の電脳戦機 - 2016年3月10日 電脳戦機バーチャロン One-Man Rescue公式サイト
  39. ^ 学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!! 1page
  40. ^ 学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!! 2page
  41. ^ 学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!! 3page
  42. ^ 学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!! 4page
  43. ^ 学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!! 5page
  44. ^ 学園都市、第三七機動整備大隊、グランズニールの! 全部載せ『ワールド』ツアー!! 6page

参考文献[編集]

書籍
  • 『このライトノベル作家がすごい!』 『このミステリーがすごい!』編集部編、宝島社(原著2005年3月29日)、初版。ISBN 978-4-8402-4042-0
  • とある魔術の禁書目録インデックスノ全テ』 電撃文庫編集部編(鎌池和馬 原作・監修・寄稿)、アスキー・メディアワークス(原著2007年10月10日)、初版。ISBN 978-4-8402-4042-0
    • 対談「小説『とある魔術の禁書目録インデックス』を語る」鎌池和馬×灰原キヨタカ(124 - 135ページ)
    • 対談「漫画『とある魔術の禁書目録インデックス』を語る」鎌池和馬×近木野中哉(138 - 143ページ)
    • 対談「漫画『とある科学の超電磁砲レールガン』を語る」鎌池和馬×冬川基(146 - 155ページ)
  • オトナアニメ Vol.16』 洋泉社(原著2010年5月10日)。ISBN 978-4-86248-555-7
    • 鎌池和馬10,000字INTERVIEW 「とある」シリーズを生み出した頭脳を探る!(24 - 31ページ)
    • 電撃文庫編集部 三木一馬INTERVIEW(60 - 63ページ)
  • オトナアニメ Vol.19』 洋泉社(原著2011年2月8日)。ISBN 978-4-86248-679-0
    • 鎌池和馬の作家力と作品力(27ページ)
    • 作家から見た鎌池和馬と『禁書目録』 成田良悟(39ページ)
    • 作家から見た鎌池和馬と『禁書目録』 伏見つかさ(45ページ)
雑誌記事

外部リンク[編集]