成田良悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
成田 良悟
(なりた りょうご)
誕生 1980年5月30日(35歳)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2003年 -
ジャンル ライトノベル
代表作 バッカーノ!』シリーズ
デュラララ!!』シリーズ
主な受賞歴 2002年:第9回電撃ゲーム小説大賞金賞(『バッカーノ!』)
処女作 『バッカーノ!』
公式サイト 成田良悟 公式ホームページ
『 RESISTANCE黒子SHOW 』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

成田 良悟(なりた りょうご、1980年5月30日 - )は、日本小説家東京都出身。代表作に『バッカーノ!』『デュラララ!!』シリーズがある。

略歴[編集]

1980年5月30日東京都にて生まれる。埼玉県育ち。日本大学文理学部地球システム科学科のリモートセンシング研究室(中山研)を卒業。小説家を目指していた成田は就職活動と称して20日ほどで『バッカーノ!』を書き上げ、第9回(2002年電撃ゲーム小説大賞に応募、金賞を受賞し、2003年に同作でデビューを果たす[1]

群像劇B級映画を好み、自身の作風にもそれを多く取り入れている。個性的な多数のキャラクターが入り乱れる群像劇を得意とする。影響を受けた作品はガイ・リッチーの映画である。前述の就職活動の逸話にもあるように速筆で有名で、それと同時に誤字脱字が多いことも有名。誤字脱字の多さは作者自身も認めており、誤字を元にキャラクターや設定を追加することもある。

作家間での交流の幅が広く、公式HPの日記などでおかゆまさき浅井ラボ三田誠奈須きのこ等との交流が確認されている。

年12回以上の締め切りに追われつつ、合間を縫って多くのゲームをやりこんでいる。それが原因で不健康な生活を送っており、よく体を壊していることをあとがきや日記で話の種にしている。

過去に『撲殺天使ドクロちゃん』『とある科学の超電磁砲』『悪魔城ドラキュラ』『Fate/stay night』『BLEACH』などのスピンオフ小説を担当している。「既存の(他人や自分が書いた)設定を元に新しい話を作り上げること」および「破綻した設定に対し、違和感の無い後付け設定でフォローすること」に長けており、電撃文庫などのリレー小説企画では主にラストのまとめ役として抜擢される機会も多い。

作品リスト[編集]

長編[編集]

連動長編の時系列[編集]

同一世界設定がされている四作品の時間軸は解る限り以下となる。

現在判明している限り、年代が細かく区切られている『バッカーノ!』を基点にすると、残りは1990年以降の話になる。『デュラララ!!』は携帯電話の普及などから見て、2000年以降であると推測が可能。『越佐大橋シリーズ』は2020年代。

『ヴぁんぷ!』については何時の時代の話であるかというのは本編内では発表されていないが、雑誌に掲載されたおまけ小話に『ヴぁんぷ!』に登場する人物が『デュラララ!!』に登場する人物とチャットでやりとりをしていた描写がある為、同作と同時期である事が示唆されている。

短編[編集]

  • 電撃コラボレーション
    • 蟻塚と500人の海賊(「電撃hp Vol.30」掲載)
  • Who wrote it?
    • DR.ナヴェルの小説講座(「電撃hp Vol.32」掲載)
  • 電撃コラボレーション MW学園
    • 卆形式〜マヨイガハレルヒ〜(「電撃hp SPECIAL 2005 SPRING」掲載)
  • まい・いまじね〜しょん
    • クランクはいつもアップアップ(「電撃hp Vol.38」掲載)
  • 電撃文庫編集長からの挑戦状:追伸
    • 挑戦状のメリークリスマス(「電撃hp Vol.45」掲載)
  • とある家族の謹賀新年
    • まんぷく神社のメリーメリーニューイヤー(「電撃文庫MAGAZINE プロローグ1」掲載)
  • 悪魔城ドラキュラ 神淵の追想曲(電撃文庫magazine11月号増刊「とらドラVS禁書目録」掲載)
  • 電撃文庫キャラクターTRPGリプレイ 御茶ノ水だよ!全員集合!(電撃hPa特別付録、成田良悟は解説役)
  • バッカーノ! 1931? 回送編 The Grand Punk Railroad(ドラマCD「バッカーノ! 1931〜」附属小冊子収録)
  • デュラララ!!(「電撃h」掲載)
  • ヴぁんぷ!!!(「電撃p」掲載)
  • 迷迷(め〜め〜)!(「電撃hPa」掲載)
  • 集え!おかゆの仲間たち!ドクロちゃん短編ノベルその3(DVDアニメ撲殺天使ドクロちゃん」3巻封入特典)
  • 成田良悟の場合(電撃文庫「撲殺天使ドクロちゃんです」掲載)
  • とある自販機の存在証明(ファンファーレ)(DVDアニメ「とある科学の超電磁砲5巻特装版」の付属品「偽典・超電磁砲」掲載)
  • ダンガンロンパIF 希望の脱出装置と絶望の残念無双(「スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園」おまけモード)

漫画原作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『このライトノベル作家がすごい!』 宝島社、2005年ISBN 4-7966-4557-8

外部リンク[編集]