三木一馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三木 一馬(みき かずま、1977年9月12日 - )は、日本ライトノベル編集者。ストレートエッジ代表取締役社長[1]EGG FIRM社外取締役。徳島県出身[2]上智大学理工学部物理学科卒業。

概要[編集]

上智大学卒業後、2000年にメディアワークス(現在のKADOKAWA アスキー・メディアワークス事業局(AMW)の前身)に入社、翌2001年に『電撃文庫』編集部に配属[1]

彼が編集を担当した作品はアニメ化されたものも多く、担当編集がメディアミックスの渉外も受け持つ電撃の慣例により、そのような作品ではKADOKAWAからのプロデューサーとしてアニメにクレジットされている。

2015年12月には、自身が手掛けた歴代作品にまつわるエピソードや仕事に対する姿勢・思想を述べるビジネス書(的側面もあるエッセイ風書籍)『面白ければなんでもあり 発行累計6000万部--とある編集の仕事目録(ライフワーク)』(ISBN 4-04-865715-1)を上梓した。書籍表紙を含めたイメージイラストは代表作『ソードアート・オンライン』シリーズのイラストを担当するabecによる描きおろし。

電撃文庫および電撃文庫MAGAZINE編集部各編集長を担当した後、2016年3月31日付でKADOKAWAを退社、翌4月1日に株式会社ストレートエッジを設立、代表取締役に就任。なお、この新会社にはAMW時代の上司であった鈴木一智統括部長[3]が取締役として名を連ねている。三木自身は新会社設立後も外部担当編集者として古巣の電撃文庫に関わり続ける[1]

三木が独立を決意した後、2人の先輩実業家からコンテンツビジネスのノウハウを学び、当時の上司であった鈴木にその決意を直訴。鈴木は三木から話を出された時は一喝したものの、最終的に三木自身の決意を尊重してエールを送ったという[3]

人物[編集]

電撃文庫のヒット作品『とある魔術の禁書目録』、『ソードアート・オンライン』等を担当する編集者として、業界内での逸話も多い。メディアミックス手法を得意とし、多数のヒット作品の担当編集を務めてきた。

いわゆるネット文化への造詣も深く、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の作中に出てくるインターネットに関するネタ等の提案も行っていた[4]。担当作品や自分に対する感想をインターネット上の電子掲示板である2ちゃんねる等で見る事もあり、2ちゃんねるにて同作のヒロインである高坂桐乃の事を「オワコン」と書かれた際には、心残りだったと語っている[5]

しかし、全ての創り手に対して、批判的な意見よりも「静かなるBUYサイン」を信じて『作品』を届け続ければいいと語っている[6]

担当作家・担当作[編集]

担当作品への関わり[編集]

「メディアミックス展開によって出版社だけではカバー出来ない市場へアピールし、原作を売る」というポリシーを持っている。そのため彼の数々の担当作品はアニメ化やコミカライズなどを果たしている。

『灼眼のシャナ』のシャナは、初期稿では20歳代で現在のマージョリーに似たイメージだったが、三木の提案で現在の設定となった。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の、おたく文化を題材にした日常コメディという作品コンセプトは、伏見つかさの作風を踏まえた上で三木が企画したものである[7][8]。同作のヒロインである高坂桐乃のキャラクター造形も、「藤沢とおる先生が描く漫画に出てくるようなギャル」という三木の提案が反映されている[9]

徳島出身の縁で、徳島市のイベント「マチアソビ」に担当作家の伏見、共に伏見を担当する編集の小原一哲と共にしばしば出演している。

2013年4月頃まではTwitterでも情報発信していた。新会社設立後に再びアカウントを復活。

その他の活動[編集]

アニメへの参加[編集]

アニメ化された担当作のプロデューサーの他

  • 「頂のヘカテーたん」脚本(書籍『アニメ灼眼のシャナノ全テ』初回限定版付属DVDに収録)
  • 『乃木坂春香の秘密』第4話 DVDオーディオコメンタリー
  • 革命機ヴァルヴレイヴ』副シリーズ構成

ゲームへの参加[編集]

ラジオ出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 三木一馬:電撃文庫のカリスマ編集者が退職 新会社「ストレートエッジ」設立”. まんたんウェブ. 毎日新聞社 (2016年4月7日). 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ 手がけたライトノベルが続々アニメ化「キャラの“目力”と“ちょいダサ”タイトルでヒット狙う」 三木一馬氏”. ORICON BiZ online. オリコン (2011年3月10日). 2011年3月10日閲覧。
  3. ^ a b まつもとあつし (2016年4月8日). “名物ラノベ編集者・三木一馬氏はなぜ独立したか”. マガジン航. 株式会社ボイジャー. 2016年4月8日閲覧。
  4. ^ 伏見つかさ; 小原一哲; 三木一馬 (2008年12月5日). 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2) 発売記念インタビュー -前編-. インタビュアー:かーず. アキバBlog.. http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50769260.html 2010年7月31日閲覧。 
  5. ^ 伏見つかさ; 三木一馬 (2011年5月6日). 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8巻発売記念 伏見つかさ先生インタビュー 前編. インタビュアー:かーず. アキバBlog.. http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51256498.html 2010年7月31日閲覧。 
  6. ^ 面白ければなんでもあり 【第八章 全ての創り手は、『静かなるBUYサイン』を信じて進め 〜心構え術〜】 試し読み
  7. ^ 伏見つかさ; 小原一哲; 三木一馬 (2008年10月23日). 2008年下半期ライトノベル界の話題作 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 伏見つかさ先生インタビュー(後編). インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. http://closeup-nettube.livedoor.biz/archives/581591.html 2010年7月31日閲覧。 
  8. ^ 伏見つかさ; 小原一哲; 三木一馬 (2008年12月10日). 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2) 発売記念インタビュー -後編-. インタビュアー:かーず. アキバBlog.. http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50776597.html 2010年7月31日閲覧。 
  9. ^ 伏見つかさ; 小原一哲; 三木一馬 (2008年10月17日). 2008年下半期ライトノベル界の話題作 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 伏見つかさ先生インタビュー(前編). インタビュアー:かーず. CloseUp NetTube.. http://closeup-nettube.livedoor.biz/archives/581598.html 2010年7月31日閲覧。 
  10. ^ 【週刊 俺の妹P】麻奈実ルートは正統派の直球ド真ん中!? 『俺の妹』座談会後編”. 電撃オンライン 週刊 俺の妹P. アスキー・メディアワークス (2011年1月14日). 2011年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]