近藤るるる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近藤 るるる(こんどう るるる)は、日本漫画家高知県生まれ、徳島県宮崎県育ち[1]。男性。主に『週刊ファミ通』等のゲーム雑誌にて、ゲームネタを絡めた漫画を描いている。

略歴[編集]

第一回ファミ通マンガ大賞入選作「愛の砂嵐」にてデビュー(『ファミコン通信』1990年第26号掲載)。

可愛らしい筆名、作風、一言コメントの為か、昔は「近藤るるるは女である」という説が流布していた。また本人も女を装って、『コミックビーム』1996年3月号の付録「バレンタイン特典・女性作家のキスマークシール」に、自身のキスマークを公開した事がある[1]

一方で、桜玉吉の漫画『しあわせのかたち』では、男性であることが明言されていたが、元々ネタ要素の強い作品のため、却って男性であることを信じなくなった者も少なくなかった。『コミックビーム』の前身である『月刊アスキーコミック』で『ハイパーあんな』を連載していた時期、同じく連載をしていた島本和彦が、近藤のペンネームをもじって「島本ららら和彦」というペンネームを使用していたこともあった。

うえやまとちアシスタントをしていた。また和六里ハル等をアシスタントとして抱えていた。

カラー原稿を描くのが大の苦手だという。

1995年から2011年まで『週刊ファミ通』で、作品は変わりながらも長年連載を続けていた。

漫画の特徴[編集]

『ファミ通』に連載されている一連の作品群は、意図的に何かしらの共通した世界観を持つように描かれている。例えば、『あんな』の主人公たちが通う学校へ『タカマル』の主人公一行が足を運んだり、『タカマル』のキャラクターである蓮沼が『テラオ』の主要人物として登場する、など。こうした演出により、各々は独立した作品でありながら、ある種のスター・システム、もしくはシェアードワールド的な世界を構築することに成功している。

作品一覧[編集]

連載中[編集]

過去の連載作品[編集]

ファンブック[編集]

画集[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オフィシャルウェブサイト、プロフィールより
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]