コンプRPG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンプRPG』(コンプアールピージー)は、かつて角川書店から発行されていたテーブルトークRPG専門の雑誌。コンプティーク増刊として1991年11月30日号より季刊誌として創刊、1994年8月30日号(vol.12)から隔月刊化。1996年10月30日号(vol.25)をもって休刊した。誌面は主に、リプレイサプリメント、テーブルトークRPG関連小説を掲載していた。当初は貞本義行が表紙イラストをかいていた。

概要[編集]

親誌であるコンプティークパソコンゲーム雑誌であったものの、1986年からリプレイ連載を開始したロードス島戦記シリーズ、およびそれの後継であるクリスタニアシリーズのヒットなどにより、1990年代初頭まではテーブルトークRPGファンにもよく読まれている雑誌でもあった。コンプティークが持つテーブルトークRPGファン層をターゲットとして1991年に創刊されたのが、このコンプRPG誌である。

創刊当時の目玉ゲームは角川書店から翻訳予定であったガープスであり、1996年の休刊まで同誌の看板でありつづけた。創刊号から1992年12月30日号(vol.5)まではガープスに加えて、クリスタニア、フォーチュンクエストRPGダブルムーン伝説などのコンプティークとその兄弟誌のテーブルトークRPG関連の記事を主に展開された。しかし、1992年の角川春樹歴彦兄弟の対立(お家騒動)により、コンプティークとその兄弟誌などを制作していた角川メディアオフィスのスタッフの大多数が、歴彦が新しく創立したメディアワークスに移籍した。その事は、1993年2月28日号(vol.6)で小説「漂流戦記クリスタニア」が諸般の都合により休載になるなどコンプRPGの誌面に多大な影響を及ぼした。その後はガープスに加え、vol.6から読者参加企画の超女王様伝説 セント★プリンセスを開始、1993年8月30日号(vol.8)からテーブルトークRPG専門誌ウォーロック社会思想社)休刊後にサポートが休止状態であったハイパートンネルズ&トロールズを復活させるなどの展開が行われた。

親誌であるコンプティークの影響もあり、創刊当時からメディアミックスを強く意識した雑誌作りになっており、雑誌で紹介されるテーブルトークRPG作品のほとんどは、小説化やコンシューマゲーム化、コミック化などが前提にされていた。

ゲームクエスト[編集]

「コンプRPG」休刊後、角川書店から「ゲームクエスト」が1996年12月30日号で創刊された隔月誌。コンプRPGで連載されていたガープスなどはこちらで連載されるようになった。その号限りの独自展開であるVガープスなどが存在している。初号の読者投稿で「どうせまたその内リニューアルだ」という毒を含むものが採用される(逆手にネタにするつもりだったと思われる)。

初心者を強く意識した誌面構成に転向するが、およそ1年後の1997年11月10日号にて休刊する。執筆者のコラムには最初から全3回、全6回と銘打っているものもあり当初から人気が出なければ短期間の刊行であったと推測されている。

特集を組んでいたテーブルトークRPG[編集]

読者参加ゲーム[編集]

コンプRPG[編集]

ゲームクエスト[編集]

コミック[編集]

小説[編集]

連載[編集]

関連項目[編集]