シルフ (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルフ
SYLPH
ジャンル 少女・女性向けコミック誌
刊行頻度 季刊 → 隔月刊 → 月刊(毎月22日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 KADOKAWA アスキー・メディアワークス
刊行期間 2006年12月09日 -
発行部数 70,000部(2008年10月1日 - 2009年9月30日日本雑誌協会調べ)
レーベル シルフコミックス
ウェブサイト http://sylph.dengeki.com/

シルフ』(SYLPH)は、KADOKAWA アスキー・メディアワークス少女漫画雑誌。毎月22日発売。

概要[編集]

2006年12月9日、メディアワークス(当時)より『comic SYLPH』(コミックシルフ)の表題で季刊誌として発刊(『月刊電撃コミックガオ!』増刊)。 2008年5月22日発売号より隔月刊化すると共に、現在の誌名へ変更。 2010年5月22日発売号より月刊化された。 同社としては初の少女漫画誌となる。

創刊当初は「目指せ! かわカッコイイ系!」をキャッチコピーに挙げ、目玉に電撃文庫の人気作品を漫画化した「リリアとトレイズ」を据え同文庫の読者を主なターゲットとしていたが、隔月刊化に前後して「キュン萌え☆トキメキ乙女コミック」にキャッチコピーを変更。現在はいわゆる腐女子声優ファンをターゲットにしている。

通常の連載陣のほかに乙女ゲーム小説ラジオ番組などのコミカライズを扱っている他、「BROTHERS CONFLICT」等のようにイラストとテキストを併せ持ったビジュアルストーリーも連載されている。

KADOKAWA アスキー・メディアワークスから発売されるアンソロジーの試し読みも掲載されることもある。

人気のあった作品の付録がつくと品薄になる。その際、増刷はされることはない[1]

主な掲載作品[編集]

  • お待ちしてます 下町和菓子 栗丸堂(夏目、原作:似鳥航一、キャラクターデザイン:わみず)
  • カミツキ(前田とも
  • 片恋未亡人(鮎村幸樹)
  • 地獄のエンラ(島田ちえ)
  • 白アリッッ(ぺぷ)
  • 赤飯ちゃんとすもも君(椿カヲリ)
  • フォルティッシモ(イラスト:ウダジョ、シナリオ:ハラダサヤカ・藤谷燈子、企画・原案:叶瀬あつこ)
  • ふつつかな父娘ではありますが(長神)
  • あやなしの君(イラスト:漣一弥、シナリオ:水野隆志、企画・原案:叶瀬あつこ)
  • 平安恋絵巻 あやなしの君(漣ミサ、原案:水野隆志)
  • Home,Honey Home(イラスト:雲屋ゆきお、シナリオ:潮文音)
  • 星くず学園Cコース(なま子)
  • レア充なカノジョ(あさひな栞
  • 若旦那図鑑(村崎翠)

過去の主な掲載作品[編集]

連載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

  • 大和彼氏(作画:純愛鏡、原案・監修:アニメロ Dear Girl)
  • ユイ、316歳(星野リリィ

ら行[編集]

備考[編集]

comic SYLPH Vol.6に「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」ファンブック、「トリコン!!! triple complex」お試しCD、「咎狗の血」下敷き、と3種の付録がついた事で、普段本誌を買わない付録目的の声優ファン等が大量に購入したため、継続して本誌を購入していた読者が入手困難な状況となった。その後増刷されなかった為、現在もVol.6は入手困難なままである[1]

シルフコミックス[編集]

2009年に刊行開始している。デザインは背表紙の上部に頭文字のSとアスキーのロゴをクロスさせたもので、カラーはピンク。 下部には、カタカナでシルフコミックスと表記しており、長年渡って、刊行が長い他社のコミックスとも区別が付きやすくなっている。

出典[編集]

  1. ^ a b 第51話~第55話 - DGS fansite ~谺(こだま)~ - 第53話 ふつすと(2012年8月24日閲覧)

外部リンク[編集]