サムライエース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サムライエース
Samurai Ace
愛称・略称 SA
ジャンル 男性漫画雑誌
刊行頻度 隔月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 630円
出版社 株式会社KADOKAWA
編集 - 角川書店
編集部名 サムライエース編集部
発行人 山下直久
編集人 渡辺啓之
編集長 石脇剛
刊行期間 2012年6月26日 - 2013年12月26日
発行部数 非公表部()
ウェブサイト www.kadokawa.co.jp/samuraia/

サムライエース』は、株式会社KADOKAWA2012年より2013年まで発行していた隔月刊漫画雑誌。編集は角川書店ブランドカンパニー。『ヤングエース』の増刊。発売日は偶数月26日だった。

概要[編集]

創刊号の巻頭言によれば、雑誌名の「サムライ」は武士の意味ではなく日本人という意味で使っており、熱く元気な日本人を主人公とした、『歴史』+『和』のエンターテイメントコミック誌として充実させていくとのことであった。

読者対象は30代から40代の男性をメインターゲットとしており、[1]他紙と異なりコミックにもルビが振られていない。創刊号のキャッチフレーズ「立てよ日本人!(サムライ)」は、富野由悠季作品の『機動戦士ガンダム』の中から拝借しアレンジしたもの。第1号刊行に合わせ、小説家の福井晴敏が寄稿している。

総ページは450ページ程度で平綴であり、表紙・装丁は『ヤングエース』増刊ではあるが『ガンダムエース』に似たデザインとなっており、創刊編集長は月刊誌『ガンダムエース』と月刊誌『ニュータイプエース(ガンダムエース増刊誌)』の編集長を務めた石脇剛が務めた。

創刊ラインナップは、安彦良和の『ヤマトタケル』がメイン連載に据えられ、それに合わせ同じ安彦の古代史作品である『ナムジ』を掲載しているほかは、原作が角川文庫角川書店刊行の『小説 野性時代』連載中の作品などのコミカライズ作品が中心であった。2008年に廃刊した『時代劇漫画 刃-JIN-』(小池書院)において連載されていた『夢源氏剣祭文』が移籍しラインナップに加わっている。

2013年4月以前は角川書店発行、角川グループパブリッシング発売、2013年7月からは角川書店発行、KADOKAWA発売となっていたが、2013年10月1日に株式会社角川書店が角川グループの再編により株式会社KADOKAWAに吸収合併され、角川書店はブランドカンパニー(事業部制社内カンパニー制)となったため、株式会社KADOKAWA発行、編集角川書店と表記されている。

2013年12月26日発売のVol.10をもって休刊を発表した。連載作品は別媒体での継続などの形を取る一方、休刊と同時に終了とした作品もある。

休刊後の連載作品の動向[編集]

『サムライエース』Vol.10の535頁にて、休刊における編集部のあいさつともに今後の動向が発表された。

  • Nemuki+(朝日新聞出版)へ移籍
    • 漆黒の仁
  • 再開予定・移籍掲載媒体未定
    • ヤマトタケル ※コミックウォーカーに移籍
    • 光圀伝 ※コミックウォーカーに移籍
    • 沙門空海 唐の国にて鬼と宴す ※映画化プロジェクトと連動で再開予定
  • 時期未定、移籍先検討
    • 元寇合戦記 アンゴルモア(第一部完) ※コミックウォーカーに移籍
    • 弦月に哭く-伊達政宗於慶長出羽合戦-
    • 夢源氏剣祭文
  • Vol.10にて連載終了(りゃんこきっちんのみVol.8で終了)
    • ホクサイと飯 ※続編(正確には前日譚)の『ホクサイと飯さえあれば』が『ヤングマガジンサード』にて連載
    • シャウト~新選組
    • りゃんこきっちん
    • 芙蓉千里
    • 死舞能
    • 子どもと十字架-天正遣欧少年使節-
    • 妻はくノ一(第一部完、以降未定)
  • 単行本にて完結
    • 人類資金

発行人[編集]

  • 初代(2012年Vol.1 - 2013年Vol.8)- 井上伸一郎
  • 第2代(2013年Vol.9 - Vol.10) - 山下直久

編集人[編集]

  • 初代(2012年Vol.1 - 2013年Vol.8) - 古林英明
  • 第2代(2013年Vol.9 - Vol.10) - 渡辺啓之

連載漫画[編集]

  • 作品名の順番に関しては連載開始順に従い、その次に連載開始号の掲載順に従う。
  • 読み切り作品、集中連載は除く。
作品名 作者(作画) 原作者など 開始 終了 注記
1 みつくにてん
光圀伝
みやけらんしよう
三宅乱丈
冲方丁(原作) 2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで
2 やまとたける
ヤマトタケル
やすひこよしかす
安彦良和
2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで
3 しやもんくうかいとうのくににておにとうたけす
沙門空海唐の国にて鬼と宴す
おおにしみおこ
大西美生子
夢枕獏(原作) 2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで
4 しやうとしんせんくみ
シャウト~新選組
しももとともえ
下元智絵
デビッド宮原(原作) 2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで
5 ほくさいとめし
ホクサイと飯
すすきさなみ
鈴木小波
2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで 2015年より『ヤングマガジンサード』にて前日譚となる『ホクサイと飯さえあれば』を連載中。
6 ふようせんり
芙蓉千里
かしわらにき
梶原にき
須賀しのぶ(原作) 2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで
7 おんねことうしんとりものひかえ
御猫同心捕物控
よしかわけいと
吉川景都
2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで
8 ゆめけんしちるきのさいもん
夢源氏剣祭文
すめらきなつき
皇なつき
小池一夫(原作) 2012年Vol.1号
2012年6月26日
休刊まで 時代劇漫画 刃-JIN-』より移籍
仕切り直して第1話から開始
9 こともとしゆうしかてんしようけんおうしようねんしせつ
子どもと十字架 -天正遣欧少年使節-
よしかわけいと
吉川景都
2012年Vol.2号
2012年8月25日
休刊まで
10 けんつきになくたてまさむね
弦月に哭く -伊達政宗-於慶長出羽合戦
つつみよしさた
堤義貞
2012年Vol.3号
2012年10月26日
休刊まで
11 しゆこくのしん
朱黒の仁
まきえひし
槇えびし
2012年Vol.3号
2012年10月26日
休刊まで コミック怪』より移籍
12 つまはくのいち
妻は、くノ一
くろゆりひめ
黒百合姫
風野真知雄(原作) 2012年Vol.3号
2012年10月26日
休刊まで 本格連載はVol.4号から
13 りんりんとさくやえのさくら
凜々と咲く八重の桜
ひさきゆづる
久木ゆづる
山本むつみ(原案) 2013年Vol.4号
2012年12月26日
2013年Vol.9号
2013年10月26日
14 あんこるもあけんこうかつせんき
アンゴルモア〜元寇合戦記〜
たかぎななひこ
たかぎ七彦
2013年Vol.5号
2013年2月26日
休刊まで
15 しにたかりのししやまかわおおくらはくまついふん
死にたがりの獅子―山川大蔵 幕末異聞―
きさらきひろかた
如月弘鷹
2013年Vol.5号
2013年2月26日
2013年Vol.8号
2013年8月26日
16 みみふしえとしようちゆうおんみつたん
耳伏-江戸城中隠密譚-
こくはやて
琥狗ハヤテ
2013年Vol.5号
2013年2月26日
休刊まで 本格連載はVol.6号より
17 りやんこきつちん
りゃんこきっちん
しももとちえ
下元智絵
2013年Vol.6号
2013年4月26日
休刊まで 電撃コミック ジャパン』より移籍
18 しんるいしきん
人類資金
ふよしひと
武善仁
福井晴敏(原作) 2013年Vol.6号
2013年4月26日
休刊まで 本格連載はVol.7号より

読み切り[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『サムライエース』Vol.1、2頁、巻頭言より

外部リンク[編集]