鈴木小波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 小波(すずき さなみ、6月14日 - )は、日本漫画家。女性。千葉県出身、東京都在住[1]まみや せいご名義でも活動していた時期がある。

略歴[編集]

2002年、小学館サンデー超にて『なりきりドキホーテン』でデビュー[2]。当初は『小学六年生』などの学年誌・少年誌やディズニー系の雑誌などで連載を持っていたが、近年は主に青年誌での活動が目立つ。

単行本帯の記述によれば、『燐寸少女』は「映像化企画進行中[3]」である。2016年1月28日にSKE48の佐藤すみれが主演、中京圏のローカルの男性ユニットBOYS AND MENのメンバー小林豊本田剛文、俳優兼声優の小野賢章出演での映画化が発表された。

主な作品[編集]

漫画[編集]

長編
短編集『出落ちガール』収録作品
  • 脱エバ!(『ヤングキングアワーズ』掲載、2012年)
  • おかんゴースト(『ヤングキングアワーズ』掲載、2012年)
  • エイリアンダイエット(『ヤングキングアワーズ』掲載、2012年)
  • お葬式フェア(『ヤングキングアワーズ』掲載、2013年)
  • クーパー伊東さん(『ヤングキングアワーズ』掲載、2013年)
  • ヒトミとゴクー(『ヤングキングアワーズ』掲載、2013年)
  • 万引きGガール(『ヤングキングアワーズ』掲載、2013年)
短編集『盛り合わせガール』収録作品
  • 君の声が聞こえない(『ヤングキングアワーズ』掲載、2013年)
  • 車夫とあさくさ(『ヤングキングアワーズ』掲載、2013年)
  • 白雪姫と70人の小人(『ヤングキングアワーズ』掲載、2014年)
  • ライターゴースト(『ヤングキングアワーズ』掲載、2014年)
  • 魔法少女ビッチビッチ(『ヤングキングアワーズ』掲載、2014年)
  • 安楽椅子の解呪探偵(『ヤングキングアワーズ』掲載、2014年)
  • 白い魔女と雪見お茶(『ヤングキングアワーズ』掲載、2014年)
  • 虹の雫 雨の町(『ヤングキングアワーズ』掲載、2015年)
単行本未収録短編

コラム[編集]

  • 漫画家・鈴木小波の日々荒波絵巻(『小学六年生』Web連載、2005年 - 2007年)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木小波”. コミックナタリー. 2015年8月30日閲覧。
  2. ^ 社主が訊く 鈴木小波『燐寸少女』”. 虚構新聞. 2016年1月21日閲覧。
  3. ^ 『燐寸少女』2巻 オビ

外部リンク[編集]