太田忠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太田 忠司
おおた ただし
誕生 (1959-02-24) 1959年2月24日(58歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市
職業 小説家推理作家
最終学歴 名古屋工業大学工学部電気工学科卒業
活動期間 1990年 -
ジャンル 推理小説ジュブナイル
代表作 新宿少年探偵団シリーズ
主な受賞歴 第6回酒飲み書店員大賞(『月読』)
デビュー作 『僕の殺人』
公式サイト New Kids On The Tightrope
テンプレートを表示

太田 忠司(おおた ただし、1959年2月24日 - )は日本の推理作家愛知県名古屋市出身[1]。名古屋市立菊住小学校、名古屋市立桜田中学校、名古屋市立緑高等学校名古屋工業大学工学部電気工学科卒業[1]

1981年、大学在学中に「星新一ショートショート・コンテスト」優秀作を受賞[1]。その後サラリーマンの傍らショートショートを執筆する。1990年初の長編ミステリ『僕の殺人』の出版をきっかけに専業作家となる[1]。映画化もされた『新宿少年探偵団』をはじめ、ジュブナイルミステリを多く執筆。霞田志郎(作中の人物の名前)名義での執筆もある。

現在は名古屋市在住[1]。同じく名古屋在住の森博嗣らと交流がある。

作品リスト[編集]

殺人三部作[編集]

  • 僕の殺人(1990年4月 講談社 / 1993年10月 講談社文庫)
  • 美奈の殺人(1990年11月 講談社 / 1994年1月 講談社文庫)
  • 昨日の殺人(1991年4月 講談社 / 1996年1月 講談社文庫)

狩野俊介シリーズ[編集]

  • 月光亭事件(1991年6月 徳間書店 / 1996年10月 徳間文庫 / 2009年6月 創元推理文庫
  • 幻竜苑事件(1992年1月 徳間書店 / 1997年6月 徳間文庫 / 2009年8月 創元推理文庫)
  • 夜叉沼事件(1992年12月 徳間書店 / 1997年11月 徳間文庫 / 2009年10月 創元推理文庫)
  • 狩野俊介の冒険(1993年7月 徳間書店 / 2000年10月 徳間文庫)
  • 玄武塔事件(1994年2月 徳間書店 / 2001年4月 徳間デュアル文庫 / 2009年12月 創元推理文庫)
  • 狩野俊介の事件簿(1994年5月 徳間書店 / 2001年9月 徳間デュアル文庫)
  • 天霧家事件(1995年6月 徳間書店 / 2003年2月 徳間文庫 / 2010年2月 創元推理文庫)
  • 降魔弓事件(1996年4月 徳間書店 / 2003年2月 徳間文庫)
  • 狩野俊介の肖像(1996年12月 徳間書店 / 2004年10月 徳間文庫)
  • 白亜館事件(1997年10月 徳間書店 / 2006年6月 徳間文庫)
  • 銀扇座事件(1999年5月 徳間書店 上下巻)
  • 久遠堂事件(2000年12月 徳間書店)
  • 狩野俊介の記念日(2004年9月 徳間書店)
  • 百舌姫事件(2008年3月 徳間書店)
  • 翔騎号事件(2010年4月 徳間書店)

霞田兄妹シリーズ[編集]

  • 上海香炉の謎(1991年11月 祥伝社 / 1997年9月 祥伝社文庫
  • 倫敦時計の謎(1992年11月 祥伝社 / 1998年4月 祥伝社文庫)
  • 伯林水晶の謎(1994年1月 祥伝社 / 1998年12月 祥伝社文庫)
  • 維納音匣の謎(1994年10月 祥伝社 / 2001年9月 祥伝社文庫)
  • 巴里人形の謎(1996年2月 祥伝社)
  • 東京『失楽園(エンジェル)』の謎(1997年4月 祥伝社)
  • 紫の悲劇(1999年11月 祥伝社)
  • ベネチアングラスの謎(2000年11月 祥伝社)
  • 紅の悲劇(2002年6月 祥伝社)
  • 藍の悲劇(2004年10月 祥伝社)
  • 男爵最後の事件(2009年2月 祥伝社)

探偵藤森涼子の事件簿シリーズ[編集]

  • ペットからのメッセージ(1991年12月 ベストセラーズ
  • 歪んだ素描(1994年8月 角川書店 / 1999年12月 ハルキ文庫
  • 暗闇への祈り(1995年1月 角川書店 / 2000年2月 ハルキ文庫)
  • 遊戯(ゲーム)の終わり(2000年12月 実業之日本社
  • 追憶の猫(2003年7月 実業之日本社)
  • カッサンドラの嘲笑(2007年11月 実業之日本社)
  • 探偵藤森涼子の事件簿(2012年6月 実業之日本社文庫)※既刊からのセレクション
  • 金木犀の徴(2012年8月 実業之日本社)
    • 【改題】 偽花(2015年1月 実業之日本社文庫)

阿南シリーズ[編集]

  • 刑事失格(1992年11月 講談社 / 1996年1月 講談社文庫 / 2011年4月 創元推理文庫)
  • Jの少女たち(1993年10月 講談社 / 1996年12月 講談社文庫 / 2011年5月 創元推理文庫)
  • 天国の破片(1998年9月 勁文社 / 2011年6月 創元推理文庫)
  • 無伴奏(2011年7月 東京創元社 / 2015年4月 創元推理文庫)

新宿少年探偵団シリーズ(完結)[編集]

  • 新宿少年探偵団(1995年4月 講談社 / 1998年5月 講談社文庫)
  • 怪人大鴉博士(1995年12月 講談社 / 1999年10月 講談社文庫)
  • 摩天楼の悪夢(1996年9月 講談社 / 2001年1月 講談社文庫)
  • 紅天蛾(1997年8月 講談社 / 2002年8月 講談社文庫)
  • 鴇色の仮面(1998年5月 講談社 / 2004年8月 講談社文庫)
  • まぼろし曲馬団(2000年8月 講談社 / 2005年5月 講談社文庫)
  • まぼろし曲馬団の逆襲(2003年3月 講談社)
  • 大怪樹(2004年1月 講談社)
  • 宙(そら)(2004年8月 講談社)

京堂夫妻シリーズ[編集]

  • ミステリなふたり(2001年4月 幻冬舎 / 2005年3月 幻冬舎文庫
  • 誰が疑問符を付けたか? (2008年7月 幻冬舎)
    • 【改題】もっとミステリなふたり 誰が疑問符を付けたか? (2011年10月 幻冬舎文庫)
  • ミステリなふたり à la carte (2013年8月 東京創元社

レンテンローズシリーズ[編集]

  • レンテンローズ(2002年5月 富士見ミステリー文庫
  • 笑う月(2002年12月 富士見ミステリー文庫 / 2011年2月、幻冬舎 幻狼ファンタジアノベルス
  • 囁く百合(2003年12月 富士見ミステリー文庫)
  • 裁く十字架(2010年11月 幻冬舎 幻狼ファンタジアノベルス)
  • 眠る竪琴(2011年5月 幻冬舎 幻狼ファンタジアノベルス)

月読シリーズ[編集]

  • 月読(つくよみ)(2005年1月 文藝春秋 / 2008年1月 文春文庫
  • 落下する花―月読―(2007年3月 文藝春秋 / 2011年3月 文春文庫)

予告探偵シリーズ[編集]

  • 予告探偵 西郷家の謎(2005年12月 中央公論新社 / 2010年10月 中公文庫
  • 予告探偵 木塚家の謎(2008年8月 中央公論新社 / 2011年5月 中公文庫)

オルゴール修復師・雪永綱シリーズ[編集]

  • レストア オルゴール修復師・雪永鋼の事件簿(2006年3月 光文社 / 2013年10月 光文社文庫)
  • 夜想曲(2015年7月 光文社)

高校生探偵甘栗晃シリーズ[編集]

  • 甘栗と金貨とエルム(2006年9月 角川書店 / 2010年2月 角川文庫
  • 甘栗と戦車とシロノワール(2010年2月 角川書店 / 2012年2月 角川文庫)

セクメトシリーズ[編集]

  • セクメト(2013年1月 中央公論新社 / 2014年12月 中公文庫)
  • クマリの祝福 セクメトII(2015年8月 中公文庫)
  • ゾディアック計画 セクメトIII(2016年6月 中公文庫)

目白台シリーズ[編集]

  • 目白台サイドキック 女神の手は白い(2013年5月 角川文庫)
  • 目白台サイドキック 魔女の吐息は紅い(2013年9月 角川文庫)
  • 目白台サイドキック 五色の事件簿(2015年3月 角川文庫)

その他の小説[編集]

  • 異説 夢見館(1995年4月 アスペクト)※霞田志郎名義
  • 3LDK要塞 山崎家(1997年4月 幻冬舎 / 1999年11月 幻冬舎文庫)
  • さよならの殺人1980(1998年1月 祥伝社 / 2005年1月 祥伝社文庫)
  • 帰郷(1998年5月 幻冬舎)
  • Trigger 凶星の歌(1999年3月 小学館)※霞田志郎名義
  • 建売秘密基地 中島家(2001年10月 幻冬舎文庫)
  • 黄昏という名の劇場(2002年2月 講談社 / 2007年2月 講談社文庫)
  • 黄金蝶ひとり(2004年1月 講談社ミステリーランド
  • 忌品(2006年8月 徳間書店)
  • 奇談蒐集家(2008年1月 東京創元社 / 2011年11月 創元推理文庫)
  • まいなす(2008年11月 理論社 / 2012年9月 PHP文芸文庫
  • 星町の物語(2010年3月 理論社)※ショートショート集
    • 【改題】星町の物語 奇妙で不思議な40の風景(2013年9月 PHP文芸文庫
  • 琥珀のマズルカ(2011年1月 講談社ノベルス
  • ルナティック・ガーデン(2011年3月 祥伝社)
  • 虹とノストラダムス(2012年10月 PHP研究所) 
    • 【改題】明日、世界が終わるとしても(2016年5月 PHP文芸文庫
  • 星空博物館 謎と驚きに満ちた33の物語(2014年3月 PHP文芸文庫)※ショートショート集
  • 死の天使はドミノを倒す(2014年6月 文藝春秋)
  • 幻影のマイコ(2015年2月 祥伝社
  • 伏木商店街の不思議(2015年7月 河出書房新社

アンソロジー(編纂)[編集]

「」内が太田忠司の作品

  • 悪夢が嗤う瞬間(とき)(1997年11月 ケイブンシャ文庫)「硝子の家」「シンボル・ツリー」「プライベート・ビデオ」

アンソロジー(収録)[編集]

「」内が太田忠司の作品

  • 異形コレクション(井上雅彦監修)
    • 変身(1998年3月 廣済堂文庫)「痩身術」  
    • チャイルド(1998年11月 廣済堂文庫)「子供という病」  
    • 世紀末サーカス(1999年12月 廣済堂文庫)「黒い天幕」  
    • 帰還(2000年9月 光文社文庫)「リカ」  
    • 玩具館(2001年9月 光文社文庫)「タケオ」
    • 教室(2003年9月 光文社文庫)「最後の夜」
    • ひとにぎりの異形(2007年12月 光文社文庫)「ATM」
    • 幻想探偵(2009年2月 光文社文庫)「琥珀の瞳」
  • その他
    • 架空幻想都市(上)(1994年3月 アスペクトログアウト冒険文庫)「欅荘の怪事件」
    • ホシ計画(1998年12月 廣済堂文庫)「みんな、ここに来る」「いつか見た子」  
    • 十二宮12幻想 (2000年1月 エニックス / 2002年5月 講談社文庫)「万華」
    • 密室殺人大百科(上)魔を呼ぶ密室(2000年7月 原書房)「罪なき人々VSウルトラマン」
    • 名探偵は、ここにいる ミステリ・アンソロジ-1(2001年11月 角川スニーカー文庫)「神影荘奇談」
    • 血文字パズル ミステリー・アンソロジー5(2003年3月 角川スニーカー文庫)「八神翁の遺産」
    • 手塚治虫COVER・エロス篇(2003年5月 徳間デュアル文庫)「W3 モナド」
    • 黄昏ホテル (2004年11月 小学館)「名前を変える方法」
    • 紅い悪夢の夏 (2004年12月 講談社文庫)「四角い悪夢」
    • 赤に捧げる殺意(2005年4月 角川書店 / 2013年2月 角川文庫)「神影荘奇談」
    • C★N25 C★NOVELS創刊25周年アンソロジー(2007年11月 中央公論新社)「予告探偵 カタコンベの謎」
    • 近藤史恵リクエスト! ペットのアンソロジー(2013年1月 光文社 / 2014年7月 光文社文庫)「小犬のワルツ」
    • たんときれいに召し上がれ 美食文学精選(2015年1月 芸術新聞社)「冬薔薇の館」
    • 怪獣文藝の逆襲(2015年3月 KADOKAWA)「黒い虹」

映像化作品[編集]

映画[編集]

バラエティー[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ミステリなふたり 原作紹介”. 名古屋テレビ. 2015年4月19日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]