スワロウテイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スワロウテイル
監督 岩井俊二
脚本 岩井俊二
製作 河井真也
出演者 CHARA
伊藤歩
江口洋介
三上博史
渡部篤郎
音楽 小林武史
主題歌 YEN TOWN BAND
Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜
撮影 篠田昇
編集 岩井俊二
製作会社 烏龍舎
ポニーキャニオン
日本ヘラルド映画
エースピクチャーズ
フジテレビジョン
配給 日本ヘラルド映画
エースピクチャーズ
公開 日本の旗 1996年9月14日
上映時間 149分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
中国語
英語
テンプレートを表示

スワロウテイル』は、1996年9月14日に公開された岩井俊二監督の日本映画

主演は三上博史CHARA伊藤歩。架空の歴史をたどった日本にある街を舞台に移民達を描いた作品で、登場人物達が日本語英語中国語(そして、それらを混ぜた言語)を話す無国籍風な世界観となっている。また、種田陽平による美術もその世界観に視覚的な説得力を与えており、実際のロケ地も海外・日本などめまぐるしく変わったと言われている。作中で小学生が偽札を行使するシーンが問題となり、映倫R指定となった。映画と前後して、岩井俊二による同名の小説が発表されたほか、作中のバンドYEN TOWN BAND名義のサウンドトラック『MONTAGE』が発売された。

あらすじ[編集]

"円"が世界で一番強かった時代。一攫千金を求めて日本にやってきた外国人達は、街を"円都(イェン・タウン)"と呼び、日本人達は住み着いた違法労働者達を"円盗(イェン・タウン)"と呼んで卑しんだ。そんな円都に住む、円盗たちの物語である。

少女・アゲハ(伊藤歩)は、円都の娼婦であり唯一の肉親である母が死んでしまい、行き場がなくなってしまう。母の同僚の無責任な大人達にたらい回しにされる中、娼婦グリコ(CHARA)の元に引き取られる。胸に蝶のタトゥーをつけ美しい歌を歌うグリコは、それまで名前がなかった彼女に"アゲハ"の名前を与える。グリコもまた、"円"を夢見て上海から日本にやってきた円盗だった。彼女の周りにいるのも、彼女と同じように円を求めて日本にやってきた円盗達だ。アゲハが彼らと共に過ごして数日経ったある日、アゲハを強姦しようとしたヤクザを誤って死なせてしまう。彼の体内には一万円札の磁気データが記録されたカセットテープが入っていた。

ひょんなことから一攫千金のチャンスを得た彼ら。データを元に作った偽札で儲け、グリコは歌手としての道を歩むが……。

キャスト・登場人物[編集]

円盗(イェンタウン)[編集]

グリコ - CHARA
上海出身の円盗で、娼婦をしている。本名は「小蝶」。小説版ではフィリピン出身。元々は三人兄弟の末っ子だったが、兄の一人が交通事故で命を落とし、もう一人の兄とも生き別れになってしまう。人を魅了する歌を歌い、テープ騒動の後は「YEN TOWN CLUB」で歌ったことから「YEN TOWN BAND」のボーカルという形で歌手の道を目指す。
アゲハ - 伊藤歩
娼婦の母親を持っていた円盗二世。母親がドラッグの密売に手を出したために円盗の上海流氓に殺害され、その後大人達をたらいまわしにされた挙句グリコ達の元で働くことになる。グリコとフェイホンが離れていく中、偽札を使って幸せを取り戻そうとする。
ヒオ・フェイホン(火飞鴻) - 三上博史
上海系の円盗で、グリコの恋人。テープ事件の後は「YEN TOWN CLUB」の実質上オーナーとなる。グリコに歌手になることを直接望んだ人物。グリコが「YEN TOWN BAND」のボーカルとして成功する中、自分自身は星野の策略で警察に逮捕され、徐々に転落していくことになる。小説版でのグリコの兄である「フニクラ」とキャラが統一されている。
リョウ・リャンキ(劉梁魁) - 江口洋介
グリコの生き別れの兄であり、若いながら円盗の上海系流氓を率いる円都の顔役的存在。偽造の名手であり、葛飾組の須藤に奪われた一万円札の磁気データ入りの「マイ・ウェイ」のテープを探している。敵には容赦が無いが、"イェンタウン・ホワイト"というドラッグを打って意識不明になったアゲハを介抱するなど、気のいい一面もある。
ラン(狼朗) - 渡部篤郎
なんでも屋「青空」の店主。国籍不明だが小説版では「リン」という名称で韓国人という事になっている。「青空」に二人の子供と一緒に暮らしている。クールな性格で、テープ騒動で他の円盗が浮かれている時も自分の生活を崩そうとしなかった。正体はとある諜報組織に所属する殺し屋であり、超一流のスナイパーである。普段は無愛想だが、自分のコネや技術などを仲間のために使うこともある。
小説版では彼が岩井の別作品である『FRIED DRAGON FISH』に登場する少年の殺し屋・ナツロウと同一人物であることが示されており、彼のボスであるトビヤマも、名前だけ小説中に登場する。
アーロウ - シーク・マハメッド・ベイ
元ボクサーの円盗。須藤を殴り倒し、テープ事件の原因となった人物。テープ事件の後は帰国する。
ニハット - アブラハム・レビン
肉体労働者風の円盗。テープ事件の後は帰国する。
レイコ - 大塚寧々
グリコと同じ娼婦。エキセントリックな振る舞いが目立つ。鈴木野と上海系流氓にグリコの情報を売り渡す。
ホァン - 小橋賢児
円盗二世の不良少年グループのリーダー。アゲハにケンカを売るがあっけなく返り討ちされ、彼女を「ボス」として慕う。
円都中の二世不良少年グループとの人脈を持っており、アゲハの計画に協力する。
ツェン - 顧暁東
グリコ達に建物を提供した不動産屋。半ば流氓のようなことにも首を突っ込んでいる。
マオフウ(猫浮) - アンディ・ホイ
上海系流氓。「冷血鬼」「冷面殺手」と言われる殺し屋。
ワン・シャンシェン - 翁華栄
上海系流氓。おかっぱ頭の男。
チュンオン - 楊鍵宇
上海系流氓。軍服姿の男。

YEN TOWN BAND関係者[編集]

星野 - 洞口依子
「YEN TOWN BAND」になったグリコのマネージャー。フェイホンとグリコを引き離そうとする。
デイヴ - ケント・フリック
「YEN TOWN BAND」のメンバーを調達した日本生まれ日本育ちの西洋人。自説を展開するが、理解されない。
本田 - 田口トモロヲ
音楽会社「マッシュレコード」のスカウトマン。「YEN TOWN CLUB」に出入りし、「YEN TOWN BAND」にデビューすることを持ちかける。
楠木 - 鈴木慶一
音楽会社「マッシュレコード」の重役。グリコに日本人としてデビューすることを薦める。
YEN TOWN BANDメンバー
「YEN TOWN BAND」のメンバー。全員日本語が堪能。

その他[編集]

須藤寛治 - 塩見三省
葛飾組のヤクザ。上海流氓から「マイ・ウェイ」のテープを奪った人物。アゲハに乱暴しようとしてアーロウに窓から突き落とされ、交通事故死する。
葛飾組組長 - 渡辺哲
葛飾組の組長。リャンキの「マイ・ウェイ」テープの略奪を指示した人物。
シェンメイ(春梅) - 山口智子
ランと同じ諜報組織に所属する殺し屋。ランの相棒的存在のスナイパー。小説版では彼女の代わりに「ノスリ」という男の殺し屋が登場する。
ロリータ店長 - 酒井敏也
アゲハがグリコに連れていかれた少女売春クラブのオーナー。かつて小学校の教師をやっていた。気が変わったグリコにアゲハを取り返されてしまう。
浅川 - 武発史郎
「YEN TOWN CLUB」名義貸しのオーナー。ツェンに借金返済のために命を売った。
ロック・ドク - ミッキー・カーチス
最底辺の円盗が住む「阿片街」で病院を営む医者。刺青師でもあり、グリコの刺青を彫った。
鈴木野清子 - 桃井かおり
雑誌記者。須藤寛治失踪事件を調べている。

小説[編集]

岩井俊二による小説版。角川書店より1996年7月5日に刊行された。文庫版は角川文庫(角川書店)より1999年3月25日に刊行された。

本編撮影前に岩井俊二本人が『FRIED DRAGON FISH』の続編として執筆し、プロデューサーに手渡された原案的小説[1]。テープの中身が代議士の不正の証拠であったり(テープを追うのも流氓ではなく代議士が雇った殺し屋である)、グリコの兄が流氓のボス「リャンキ」ではなく円盗の一人「フニクラ」であるなど、映画とは異なる点が多い。また、「デルタワークス」など『FRIED DRAGON FISH』との世界観の繋がりを見せる描写がある。

こうした映画との差異は、原案を書き終えた後に映画の企画が一時中断され、その間に岩井が本作の内容の一部を『PiCNiC』『ラヴレター』『ACRI』などの作品に流用してしまったため、映画の内容を原案から変更することを余儀なくされたためである[1]

  • 岩井俊二『スワロウテイル』角川書店、1996年7月5日、ISBN 4-04-872979-9
  • 岩井俊二『スワロウテイル』角川書店〈角川文庫〉、1999年3月25日、ISBN 4-04-344102-9

音楽[編集]

劇中歌を収録したCDシングル、アルバムがオリコンチャートで週間1位を獲得するなど、音楽面でも評価を残した。なおYEN TOWN BANDのアルバムとして実際に発売された『MONTAGE』は、物語の登場人物名義で発売された日本のアルバムとしては史上初となるオリコンチャート週間1位を獲得している[2]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 岩井俊二 「あとがき」『スワロウテイル』 角川書店角川文庫〉、1999年3月25日、初版、240-244頁。ISBN 4-04-344102-9
  2. ^ ““けいおん!”の放課後ティータイム、アニメキャラとして史上初の1位”. ORICON STYLE (オリコンDD). (2009年7月28日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/67988/full/ 2010年5月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]