平岡恵子 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平岡恵子
出生名 平岡恵子
別名 桃乃未琴、名越恵子
生誕 (1973-11-29) 1973年11月29日(44歳)
出身地 日本の旗 日本広島県広島市
ジャンル J-POP
職業 歌手作詞家作曲家
担当楽器
活動期間 1997年 - 現在
レーベル ビクターエンタテインメント(1997年 - 2003年)
公式サイト Keiko Hiraoka - Wix.com

平岡 恵子(ひらおか けいこ、1973年11月29日 - )は、日本シンガーソングライター[1][2]広島県広島市出身。旧芸名は「桃乃 未琴」(ももの みこと)[2]。作家活動では結婚後の本名「名越 恵子」(なごし けいこ)を使用している。

人物[編集]

幼少期よりピアノを始め、6歳上でバンド活動をしていた兄(愼一)の影響から高校生時代にバンドを結成し、音楽活動を開始する。自身がボーカルを務めていたバンドがアマチュアバンドコンテストの全国大会に出場したことをきっかけに、ビクターエンタテインメントから「桃乃未琴」の名前でメジャーデビュー。

メジャーデビュー後も渋谷の路上などでライブを行ったり、オールナイトニッポンRのパーソナリティを務めるなど、多岐に渡り活動[2]

2003年より本名の「平岡恵子」名義で再出発し、ソロ歌手や元CANNABIS加藤哉子との音楽ユニット「トリマトリシカ」として活動する。また自身の音楽活動と並行して楽曲提供やCM音楽製作、堂本剛ソロツアーへのコーラス参加なども行っている[1][2][3]

既婚であり、夫はギタリスト名越由貴夫[注 1][1][2]

桃乃未琴の名は『ものの見事』という言葉のもじりと言われる。

来歴[編集]

  • 1995年、ボーカルを務めていたバンド「サワーミルク・シー」がNHK主催の『BSヤングバトル』全国大会に中国地方代表として出場。
  • 1997年、ビクターエンタテインメントより「桃乃未琴」の名前でシングル「あなたは海の底」をリリースし、メジャーデビュー。
  • 2003年、ビクターを離れ、本名の「平岡恵子」で活動を開始。同年春、加藤哉子と「トリマトリシカ」を結成し、ソロ活動のかたわら、2006年まで活動。
  • 2009年、「平岡恵子」名義で初のアルバム『25』をリリース[3]
  • 2017年、デビュー20周年を記念したワンマン・ライブ「平岡恵子 芸歴20周年祭〜11.29は桃乃未琴に会いに行こう〜」を開催[1][2]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

『桃乃未琴』時代[注 2]

  • あなたは海の底 (1997年7月24日、C/W『Mother of Bacteria』)
  • 幸あれ乙女 (1997年11月6日、C/W『生きてる身体』)
  • はじめてのうた (1998年2月21日、C/W『感謝。』)
  • サボテン (1998年6月24日、C/W『POWER TO THE PEOPLE』)
  • 花 (1999年2月24日、C/W『雨雲』)
  • この夜が明けないのならば (1999年6月23日、C/W『鏡・ハダカの手』)
  • 空 (1999年10月21日、C/W『くちびるだけ・空(Mind Of Wings)』)
  • 青いトゲ (2000年5月24日、C/W『女の子、人間』)
  • 大切なコト (2000年12月16日、C/W『言葉にはもう、できないのよ。』)
  • Fortune's smile (2001年11月21日、C/W『Sora at G.F.studios』)
    全てビクターエンタテインメントより発売。

アルバム[編集]

タイトルの下は収録曲
『桃乃未琴』時代

  • Sour Milk Sea (ミニアルバム、1997年)
    あなたは海の底/ちょうどいい温度/「好き」って言って/DISGUST/夕焼けの月
  • 愛したい (1998年)
    丸裸/サボテン/出口/予知できぬこと/指紋/コーヒー猿/嫌な空気/パウダー/時に思う/愛したい/はじめてのうた
  • 処方箋 (2000年)
    空/宇宙ベッド/めくるめく愛へのハイウェイ/Cry&Joy/この夜が明けないのならば/ファンキーなの大好き/Silver&Gold/太陽とアタシの心/羽根/花/雨上がりのそこに、僕の心ひとつ。/Rainbow/あなたは海の底 2000-DROP(studio live version)
  • 地気遊戯 (2001年)
    白く、白く。/大切なコト/ハダシのメガネ/つないだ手をつないで/熱/青いトゲ/雨声/キオクマデ/魔法の翼/また、明日
    (以上はビクターエンタテインメントから発売)

『トリマトリシカ』時代

  • torimtorishuk (2004年5月、6曲収録)
  • melody (2004年12月)

『平岡恵子』時代

  • 252009年10月、10曲収録)
    Intro/Feeling/三十路/Gentle,gentle/Melody in a case/25/A jelly sky is blue/9/Devil/望郷

楽曲提供[編集]

出演番組[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ トリマトリシカではサポートを務めていた。
  2. ^ 『Fortune's smile』のみ片仮名表記の『モモノミコト』名義。

出典[編集]

外部リンク[編集]