大須賀昭人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおすが あきと
大須賀 昭人
本名 大須賀 昭人
生年月日 (1961-07-13) 1961年7月13日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都足立区北千住
身長 172 cm[1]
血液型 B型
職業 俳優
事務所 オフィスウィズ( - 1994年
主な作品
テレビドラマ
超電子バイオマン
テンプレートを表示

大須賀 昭人(おおすが あきと、1961年7月13日[1][2] - )は、日本の元俳優。本名同じ[1][2]

東京都[1][2]足立区北千住出身[3]。東洋カイロプラクティック専門学院卒業。オフィスウィズに所属していた[1]

来歴・人物[編集]

大学浪人中に見た本がきっかけで、ジャパンアクションクラブ(JAC)のメンバー募集に応募し合格[4]1981年5月、JACに第12期生として入団する[4]。主な活動はアクションセッティングで、最初に現場に出たのは『大戦隊ゴーグルファイブ』(テレビ朝日)だった[4]

1983年、映画『伊賀野カバ丸』(東映)で役者デビュー。『宇宙刑事シャリバン』(テレビ朝日)で戦闘員ファイトローやエキストラを演じた後、1984年に『超電子バイオマン』(同)に南原竜太(ブルースリー)役でレギュラー出演を果たす[4]。『バイオマン』のオーディションでは、翌年の『兄弟拳バイクロッサー』で水野銀次郎(バイクロッサー・ギン)役を演じたJACの同期メンバーの土家歩と役を争い、その結果、大須賀が役を射止めた[4]。本格的な芝居は初めてだったため、特に郷史朗(レッドワン)役の阪本良介には演技の基本から教わり感謝の弁を述べている[4]

趣味は、音楽鑑賞[2]。特技は、ラグビー[1][2]剣道[1]。ラグビーは高校時代にやっており、その他のスポーツも並以上に出来ていたと体育教師のお墨付きを貰っていたという[4]

26歳でJACを退団後も俳優として活動していたが、30代に入り芸能界を引退[3]。その後、結婚を機に整体師を志し、地元の東京・北千住に東洋カイロプラクティック・大須賀センターを開業し院長を務める[3]。また、2000年代に入ってからは特撮関連のトークショーにも参加している[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'94』VIPタイムズ社、1994年、62頁。
  2. ^ a b c d e JACのメンバー全員集合」『総登場! クンフースター大百科』勁文社、1983年、192頁。
  3. ^ a b c 東映スーパー戦隊大全<2> 2004, p. 243, 大須賀昭人 スペシャルインタビュー
  4. ^ a b c d e f g 東映スーパー戦隊大全<2> 2004, p. 241, 大須賀昭人 スペシャルインタビュー
  5. ^ 飲み納め♪♪(ショッカーO野の戦闘報告)

参考文献[編集]

  • 『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全―東映スーパー戦隊大全<2>』安藤幹夫(編)、双葉社、2004年。ISBN 978-4575296884

外部リンク[編集]