磐梯高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
磐梯高原
UrabandaiTagged.jpg
磐梯高原空撮画像、2007年8月26日撮影
標高 800 m
所在地 福島県耶麻郡北塩原村
位置 北緯37度37分47.03秒
東経139度58分42.54秒
種類 高原
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

磐梯高原(ばんだいこうげん)は、裏磐梯または裏磐梯高原とも呼ばれ、福島県北部にある磐梯山安達太良山吾妻山に囲まれた標高800メートル程度の高原状の地域をいう。磐梯朝日国立公園に属する。

概要[編集]

裏磐梯より望む早春の磐梯山

磐梯・吾妻・安達太良などの火山群は、非常に地形の変化に富んでおり、対して桧原湖五色沼に代表される湖沼群はその総数200~300ともいわれ、その水質沈殿物、あるいは生育する植物の違いにより色を変え、ひっそりと森の中にたたずんでいる様は、会津地方はもちろん福島県を代表するリゾート地として充分な魅力である。また有料道路遊歩道も整備され、新緑紅葉の季節はもちろん避暑地として、スキー場、桧原湖のワカサギ釣りなど四季を問わず楽しめ、ホテルペンション民宿など宿泊施設も整っている。

歴史[編集]

猪苗代湖がある磐梯山南側の表磐梯に対して、北側にあたる旧・檜原(ひばら)村(現・北塩原村)一帯は裏磐梯とよばれていた。1888年明治21年)7月15日の磐梯山噴火時に発生した小磐梯の山体崩壊により、裏磐梯側に12~15億立方メートルともいわれる岩屑(がんせつ)なだれが起き、長瀬とその支流中津川・小野川・檜原川などを埋めて誕生したものである。同時にそれは秋元、細野、雄子沢(おしざわ)の3集落を呑み込み、さらに同年末には米沢街道の区間だった旧・檜原本村も水没し、死者・行方不明者数は477人にのぼるなど甚大な被害を残した。その後しばらく数十年は荒涼とした原野のままであったが、遠藤現夢(遠藤十次郎)・宮森太左衛門・斎藤丹之丞・中村弥六らはここに犠牲者の供養をするとともに、1340haに及ぶアカマツスギウルシなど10万本の植林をすすめ、現在の緑豊かな高原として生まれ変わったという。そして戦後、観光開発に伴い磐梯高原と呼ばれるようになり、1950年(昭和25年)に一帯は周辺の火山とともに磐梯朝日国立公園に指定された。山岳道路等はそれ以降相次いで整備されたものである。

交通[編集]

山岳道路など[編集]

磐梯高原に入るには上記の交通機関のほか、国道115号の猪苗代口、福島市土湯温泉口あるいは国道459号耶麻郡北塩原口(喜多方口)があるが、山岳道路も非常に充実している(冬期間通行止めの路線あり)。

  • 磐梯吾妻スカイライン(磐梯吾妻道路)は、福島市の高湯温泉と国道115号旧道の土湯峠を結ぶ28.8キロの福島県が管理する元有料道路(2013年無料開放)。昭和35年11月5日開通、火山群の荒々しい景色を縫うように走り、浄土平からは一切経山(いっさいきょうざん)・吾妻小富士への登山道がある。また立ち入り禁止の区域は、火山ガスが発生しているため立ち入りは厳禁であり、同様の理由で道路にも駐車できない箇所があるので、窓を閉めて進むのが望ましい。
  • 磐梯吾妻レークライン(第二磐梯吾妻道路)は、国道115線の高森地区から入り小野川湖畔に至る13.1キロの福島県が管理する元有料道路(2013年無料開放)。昭和47年10月20日開通。安達太良展望台を越え、大倉川に沿って進むと、秋元湖・中津川が見えてくるが特に紅葉の中津川渓谷は絶景、やがて荒々しい磐梯山の噴火口が一望できる。
  • 磐梯山ゴールドライン(磐梯山有料道路)は、磐梯町源橋(げんばし)から猫魔(ねこま)八方台を経由し桧原湖方面を結ぶ17.6キロ福島県が管理する元有料道路(2013年無料開放)。昭和48年4月20日開通。表磐梯側は猪苗代湖が一望でき、最高地点の猫魔八方台からは磐梯山や雄国沼への登山道がある。裏側の「こがね平駐車場」からは1888年の噴火口を間近に望むことができ、さらに下ると桧原湖が見え隠れするようになる。
  • 西吾妻スカイバレーライン(西吾妻道路)は、山形県米沢市白布温泉(しらぶおんせん)と桧原湖北東部の早稲沢を結ぶ17.8キロの道路。昭和48年7月1日開通。最上川源流の原生林を縫い、白布峠に出ると磐梯山・桧原湖の眺めがよく飯豊山も遠くに望むことができる。
  • 母成グリーンライン(高森熱海道路)は、郡山市熱海町石筵(いしむしろ)地区と猪苗代町中ノ沢温泉を結ぶ10.6キロの道路。昭和51年9月1日開通。左右に牧草地が広がり母成峠戊辰戦争の激戦地でもあり、記念碑がひっそりと立っている。(→母成峠の戦い

参考文献[編集]

会津大事典(国書刊行会)

周辺の観光ポイント[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度37分47.03秒 東経139度58分42.54秒 / 北緯37.6297306度 東経139.9784833度 / 37.6297306; 139.9784833