帰郷 (2011年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドラマ特別企画2011・帰郷(ドラマとくべつきかくにせんじゅういち・ききょう)は、TBS系列で、2011年12月23日の21:00 - 23:19(JST)に放送されたテレビドラマ特別番組である。

概要[編集]

実の兄弟であり、役柄の上でも兄弟役として主演する渡哲也渡瀬恒彦が、1971年4月5日から1972年3月27日までNHKで放送された『あまくちからくち』以来、40年振りの共演作となった[1]

ドラマ放送同日の15:20 - 15:50には、『ドラマ特別企画2011「帰郷」ナビ』も放送され、撮影の模様をはじめ、渡と渡瀬のインタビューも放送された(インタビュアーは、TBSアナウンサー水野真裕美)。

あらすじ[編集]

千葉県行徳で、実家の神尾医院を継いだ兄・龍太郎は、寛治ら地元の患者を診察する日々を送っていた。そんな中、年の瀬も押し迫った12月のある日、弟・真次郎が羽田空港へと降り立った。真次郎は、大分県国東半島で地域医療に携わっており、自分の年齢のことも考え、自分の後継者を探すのが目的であった。

龍太郎と真次郎には、21年前に起きた真次郎の愛娘・真理の病死のいきさつを巡って対立が続いていた最中での真次郎の帰郷であった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]