岡野正広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡野 正広(おかの まさひろ、1966年 - )は、主にVFXに関わる映像の演出家プロデューサークリエイター大阪府出身。

経歴[編集]

1986年、20歳の時に渡米し、当時ハリウッド在住だったスクリーミング・マッド・ジョージに師事。そこで特殊メイクを学び、ジェームズ・キャメロン監督の『アビス』などに参加する。

2年後に帰国し、『帝都大戦』や『ゴジラvsビオランテ』などに参加。

その後CGにも目を向け、数多くのCM、ドラマ、映画、アミューズメント、PVなどに、主にVFXスーパーバイザーをメインとして様々な役職で参加している。

2003年には、オムニバスホラー作品『オモヒノタマ〜念珠』で総監督を務める。この作品は衛星劇場で放送された後、2004年に劇場公開されている。

また、1991年よりロックバンド米米CLUBの衣装を継続して担当している[1]

主な参加作品[編集]

※役職名は公式ペーシに従っており、作品のスタッフクレジットとは一致していないものもある。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信ドラマ[編集]

その他[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]