村田忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 忍(むらた しのぶ、1950年9月3日 - )は、日本の映画監督である。鹿児島県出身

経歴[編集]

アメリカ留学後、三船プロダクションを経て、フリーランスの助監督として活動する。斉藤光正監督、長谷部安春監督に師事する。

TVドラマ『誇りの報酬』の一編にてデビューするも、以降レギュラー監督としてローテーションに参加する機会がなく、生活のためチーフ助監督をやりながら、たまに監督を行うといった日々が続いた。そんな中、長谷部安春監督によってTVドラマ『刑事貴族』のレギュラー監督に参加することになり、ようやく完全に監督として作品が撮れるようになった。

以降、TV・Vシネマの両分野にて活躍している。「映画のプロの職人として、予算以上のクオリティは必ず出す」ことを身上としている。

主要作品[編集]

テレビ[編集]

Vシネマ[編集]

関連人物、関連条項[編集]