岩本良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いわもと よしこ
岩本 良子
出生地 日本の旗
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ

岩本 良子(いわもと よしこ)は、日本女優

来歴[編集]

1969年、第13期東映ニューフェイスとして東映へ入社。同期には成瀬正孝がいる。東映俳優センターに所属[1]

1971年、『仮面ライダー』で、初の女性怪人として登場した蜂女を演じた[1]

『仮面ライダー』で共演した主演の藤岡弘、真樹千恵子は、『仮面ライダー』関連書籍の中で、岩本について「結構大柄で、身長170cm近くあった」(藤岡)、「綺麗な人だった」(真樹)と回顧している[2]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 新宿の与太者(1970年)由紀
  • ごろつき無宿(1971年)バレー選手
  • ポルノの帝王(1971年)研究所のモデル
  • 銀蝶渡り鳥(1972年)マリ
  • 夜のならず者(1972年)かおり
  • 喜劇セックス攻防戦(1972年)マンションの女

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スタントは瀬島達佳が担当。
  2. ^ 声は沼波輝枝が担当。
  3. ^ 声は市川治が担当。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 仮面ライダー怪人大全集 1986, p. 14, 「ショッカー(第8話-第10話)」
  2. ^ 藤岡弘、『仮面ライダー=本郷猛』堤哲哉&BAD TASTE 編、扶桑社、2008年6月20日、55頁。ISBN 978-4-594-05661-2

参考文献[編集]

  • 『創刊15周年記念 テレビマガジン特別編集 仮面ライダー怪人大全集』講談社、1986年10月10日。ISBN 4-06-178402-1